フランス語力が必ずアップする、フランス小中学生のディクテ勉強法

http://nemurerumorifrancego.com/study-dictation-progress-french/

眠れる森のフランス語 フランス語力が必ずアップする、フランス小中学生のディクテ勉強法

胡桃
Bonjour! 胡桃です

 

ディクテの効用と基本的な進め方についてはこちらの記事で触れましたが、

今日はあらためて、ディクテで力をつける勉強の仕方をご紹介したいと思います。

 

本気でモリモリ取り組む、フランス語のステップアップの勉強法です。

 

ディクテは総合的な勉強といえますが、ディクテをすることで、知らなかった単語や文法を知ったり、あやふやなことを思い知ってうなだれたり(*-д-)、

今までのフランス語学習の棚卸しをしながら新しいこともどんどん入ってくる、それはエキサイティング!(*^-^)な勉強です。

 

私は今年に入ってから、フランスの小学生のディクテを再開して、現在は中学生のテキストをやっていますが、やればやるほど、確実に上達する実感があります。

 

フランス語だけのテキストなので、ときにはわからないことも、あります。私も最初は日本で、手探りで闇雲に頑張りましたが、今は、ディクテでの勉強の仕方も、先生に教わりながらすっかり身につきました。

 

日本語がないと、辞書を引いてもわからないことはよくあります。でも、一度疑問に思ったことは、遠からず、答えが降りてくるものです。

 

それでは、ディクテのサイトの使い方や勉強のポイントをみていきましょう。

 

フランスの教育機関は学齢期の少年少女に 1日1回ディクテすることを推奨しています。

 

1日1回のディクテができれば、それに越したことはありませんが、フランスの生徒と、母国語が違う私たちの1日1回は、同じ重みではないと思います。

 

毎日続けるとしたら、私たちの1日1回は〈時間〉として、15分なり30分なり、時間で区切り、テキストを数行ずつでもこなしていく勉強法がいいです。

 

 

難しい理由は後ほどお話ししますが、ディクテは本当に総合的なトレーニングですので、フランス語力をパワーアップさせたいときや、上達しているのかどうかわからないときに試してみると面白いと思います。

 

ですので、時間をかけるべきところは、数日粘ってみることもおすすめします。

 

フランスのサイト、テキストで勉強するメリット

実用的な語彙や表現を学べることと、当たり前ですが、フランス語らしい表現を学べることは大きなメリットでしょう。

 

日本語のテキストとフランス語のテキストでは、登場する語彙はやはり、違います。社会背景や文化が違うので、必要な言葉が違ってきます。

 

 

フランスの学齢を気にしちゃダメ!

 

それでは、フランスのディクテのサイトを使う前に、フランスの学校の年齢とレベルを記しておきますね。

 

バレエを習っているリラ子さん
ちびっこのディクテができなかったらショックだわ

 

胡桃
私もそう思いましたけど、外国人の私たちはレベルは気にする必要はありません

 

なぜかといいますと、

ちびっこのフランス語のレベルはもちろん難しいものではありませんが、フランスの子ども体験なしの日本人の大人にとっては、フランスの子ども時代とは未知の世界だと思いませんか?

 

だから、

胡桃
ニュースサイトを何とか読めるのに、8歳のディクテがわかんない。

 

なんてことがあります( ̄^ ̄ 😉

 

バレエを習っているリラ子さん
やっぱりショックだわっ

 

フランスの子どもはフランス人として育つための一般常識や、日常生活に必要なことを表現するフランス語を学ばなければならないんですね。

 

この感じは、実際に子どものディクテをやってみるとよ〜くわかります。

フランスの学校のレベルと年齢

小学校:l’école élémentaire

CM2 10−11ans
CM1    9−10ans
CE2    8− 9ans
CE1    7− 8ans

 

中学校:college

3éme 14−15ans
4éme 13−14ans
5éme 12−13ans
6éme  11−12ans

 

フランスのディクテサイトの使い方

https://bescherelle.com

動詞の活用本を出している、Bescherelle のサイト、無料で使えます。

サイトを開くと

  • PCではこのような↓画面になります。
  • スマホでは、このブルーの絵、ディクテが最初に出てきます。

*サイトが表示されると、ニュースレター受け取りの画面が出てきます。必要なければ、✖︎ をクリックして閉じます。

 

 

このブルーの絵をクリックすると、

  • PCでは、e, -er, -ez の語彙のディクテをする画面に変わりますので、下の、Toutes  les  dictées をクリックすると、レベルを選ぶ画面に変わります。
  • スマホでは、 ブルーの画像なしで、レベルを選ぶ、赤いバーだけが表示されます。

 

 

レベルを適当に選ぶと、文法の項目が出てきます。

  • PCではブルーの画像の下に
  • スマホでは画像なしで書かれています。

 

やってみたい文法を選ぶと、音声の画面に変わります。

 

  • PCの場合は、2をスタートさせると最後まで続きます。
  • スマホの場合は、1フレーズがひとつのバーになっています。

このテキストは15フレーズなのでバーが15、その下にスクリプトがあります。

 

テキストのスクリプトがありますので、最初に目を通したい場合や答え合わせのときにクリックすると、

このようにスクリプトが出てきますので、このテキストのように、固有名詞が多い物語の場合などは、先に見ておくといいと思います。

拡大コピーをとってノートに貼るといいですよ。

 

画面がちょっとごちゃごちゃした感じがありますが、サイトを開くとレベルのメニューがあります。

 

レベルを選ぶと、このような画面になります。

 

 

10項目も出てきてびっくりしますが、単語の準備からガッツリ学べるようになっています。

ディクテの音声は、赤枠をクリックします。

すると、このように4項目でてきます。

ディクテは赤い矢印、音声が2つあり、違う人が読んでいます。

クリックするとこのような画面になり、音声をスタートさせます。

 

答え合わせはこの下の画面

音声の聞きやすさは、最初のBescherelle の方が聞きやすいですが、私はこのサイトを先に取り組んだので、慣れてしまうとけっこうやれるものだと思いました。

 

ディクテでフランス語力をアップさせる、勉強のポイント

レベルの選び方

実際に各レベルをのぞいたり、必要な文法を選んでみるといいでしょう。

 

大人の私たちには、CM2はすごく難しくても、中学生の5ème6émeの方が、すでに知っていることが多くて取り組み易かったりすることがありますので、レベルは気にせず、テキストを選んでみるといいと思います。

ただ、学齢が上がるほどに、語彙数が増えます。長いな〜と思ったら、数日かければ大丈夫(*^-^)

 

もちろん、初歩であるCE1から、フランスの子ども経験に順々に取り掛かるのもいいですね。

 

気をつけたいのは、物語や歴史関連のテキストは固有名詞も多く、聞いてわからなくて投げ出したくなることもあるので、初見聴音よりも、スクリプトをみたり、あらかじめ単語をチェックしてから始めるといいです。

あまり難しすぎても、労多いわりには勉強にならないものです。

 

効果的なディクテの進め方

ディクテには主に、次のような2つの進め方があるかと思います。

 

  • 全部のフレーズを何度も聞いて、大まかな内容を掴んだらディクテ開始
  • 一度通して聞いたら、ディクテ開始

 

どちらにするかは好みですが、全部のフレーズを何度か聞いて、内容がわかならなくても、単語がわかったら嬉しいもの、そこからディクテ開始というのはとてもおすすめです。

 

最初は1秒聞いて、止めて、また1秒聞いて、書いて・・・

という地道な作業を繰り返しますが、わかったときはすごく嬉しいので、この嬉しさ=小さな成功を積み重ねて行きましょう!

 

何回で聞き取れるか?は問題にしません。

 

わからなかった箇所が、お風呂の中で「あ( ゚д゚ )!」と気がつくこともありますよね(*^-^)

 

闇雲に取り掛からずに、次のような意識で始めると効果的です。

  1. 主語と動詞
  2. 名詞と形容詞の性数
  3. 人称代名詞
  4. リエゾン、エリジオン
  5. 時制
  6. 動詞の活用
  7. 単語のスペル
  8. 答え合わせの後は、音声に合わせてひたすら音読

わからなくて空白があっても、ひと通り書けたら、さらに1〜5までをよ〜くチェックして、じゃあ、動詞の活用は?単語のスペルは? という風にフレーズを分析して行きます。

 

 

そして再び、書いた文章を見ながら音声を聞いてみます。

 

バレエを習っているリラ子さん
ディクテは自分のフランス語の鏡のようだわ

 

胡桃
特にリエゾンやエリジオンは、ディクテで数に出会ってひとつずつ慣れて行くのがいちばんです

 

 

単に聞き取りだけできても、このステップを踏まないと、内容の理解に至らないのです。

 

余談ですが、

昔、小学生の息子が通っていた塾の父母会で、講師から

「塾にはスーパーおばあちゃんがいる」というお話があり、内容は

「子どもは時速の計算で、おばあちゃんの歩く速度が新幹線よりも早い(* ゚ω゚ *)数字が出ても、疑わずに計算したまま答えを書いてしまう」

ということで、そこを疑い、確認するくせをつけるようにお家でも指導してください、ということでした(笑)

 

私も聞き取れたと思って書いたディクテにも、似たようなことをしていることがありました。文法上あり得ない文字列を平然と書いたり(^◇^;)

 

単語や活用は間違えていたりあやふやだったらその都度確認すればいいですが、内容を理解していくことで、聞き取れないと思っていた単語が「もしや、これかも?」とアンテナが立ったりするものです。

 

フランス社会のことを知らないと、フランス語独特の表現を知らないと、ディクテにならない場合もありますが、9歳ムリ、お手上げ、と思ったら、とっとと答えを見て、答えから理解していけばいいです。

 

それでも、答え合わせをして、その後復習で同じテキストを繰り返したり、音読を繰り返すことで、音と文字だけだったテキストに、物語の輪郭や色がついてくるようになります。

つまり、ストーリーの中にフランス語で理解している自分がいて、フランス語のリズムが体に入ってきたな、とほくそ笑むときです✌️

 

本気のディクテは時間がかかります。気力体力も入ります。

でも、フランスのディクテほど実用的な教材はないと思いますし、必ず自分に返ってくる、しがいのある苦労といえます。

 

 

この記事は、約3ヶ月前、CM1,2 のディクテを先生の音声で始めた頃に書いたものですが、

そのときから先生の音声で、20以上のテキストをこなしました。

 

プライベートレッスンを受けていれば、ときには教師に読み上げてもらうのも一案だと思います。

 

使っているテキストはフランスのamazonで。

CD等はありませんので、テキストはネイティヴに読んでもらう必要があります。

それぞれの画像をクリックすると、詳しく見ることができます。

 

 

ディクテで初めて出会った表現を、実際の会話で聞き取れたときの嬉しさといったら❣️ 

 

胡桃
我ながらすごい成長ぶりだと思います。

 

忙しい毎日だけどディクテが楽しいのは、人の声でストーリーがあるからかな。

 

物語の中で出会った単語は、そうそう抜けていかないなと思います。

 

 

ディクテのノートの作り方をこちらで詳しく

 

 

Merci  et  à  bientôt!

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA