在仏日本大使館からの注意喚起

このページでは、在仏日本大使館から、たびレジに登録した人に配信される注意喚起を掲載しております。2019年7月現在では、黄色いベスト運動の予定を毎週金曜日夜に配信しております。

たびレジとは

3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

2019年10月3日更新

パリ警視庁内でのナイフによる攻撃

 
 
●報道によれば,10月3日,13時頃,パリ警視庁内でナイフを所持した男が攻撃を行い,警察官複数名が死傷する事件が発生しました。

●犯人は既に無力化された模様ですが,付近一帯は通行止めとなっており,地下鉄4号線シテ駅も封鎖されています。当分の間,事件現場付近へは近寄らないようにしてください。

1.報道によれば,10月3日(木)13時頃,パリのシテ島に所在するパリ警視庁(Prefecture de police)内で男が警察官に対してナイフによる攻撃をおこない,現時点で警察官4名が死亡する事件が発生しました。

2.犯人は既に無力化されていますが,付近一帯は通行止めとなり,メトロ4号線のシテ駅も封鎖されています。当分の間,事件現場付近へは近寄らないようにしてください。

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在フランス日本国大使館領事部
電話:01-4888-6200(海外からは +33-1-4888-6200)
メール:consul@ps.mofa.go.jp

2019年9月20日更新

パリ全域でノーカーデ− 9月22日 の実施について
 
9月22日(日)はパリ市全域でノーカーデーが実施されますので,公共交通機関のご利用をお勧めします。
 
1.9月22日(日)はパリ市全域でノーカーデーが実施されます。同日11時~18時はパリ市内の一部で車両進入禁止区域が敷かれ,一般車両(自動二輪車,電気自動車含む)の走行が禁止になります。
 
2.当日は,バスやトラム等の公共交通機関,緊急車両,タクシー等,パリ市及びパリ警視庁に事前に認可された車両のみがパリ市内を走行可能です。移動の際は,公共交通機関のご利用をお勧めします。
 
詳細については,以下のパリ市HPをご参照ください。
https://www.paris.fr/pages/la-journee-sans-voiture-revient-pour-la-cinquieme-edition-6727
 
【問い合わせ先】
在フランス日本国大使館領事部
電話:01-4888-6200(海外からは +33-1-4888-6200)
メール:consul@ps.mofa.go.jp

2019年8月23日更新

在仏日本大使館より

G7ビアリッツサミットにおけるデモに関する注意喚起

●8月24日(土)~26日(月)の日程で,フランス南西部のビアリッツ(Biarritz)市でG7サミットが開催されます。
●同サミット開催に伴い,グローバリズム反対を訴える団体がSNS等を通じて8月24日にデモを行うよう呼びかけていますので,十分注意してください。

1.8月24日(土)~26日(月)の日程で,フランス南西部のビアリッツ(Biarritz)市で先進7カ国(G7:日・米・英・仏・独・伊・カナダ)首脳会議(サミット)が開催されます。

2.同サミット開催に伴い,グローバリズム反対を訴える団体がSNS等を通じて8月24日にデモを行うよう呼びかけています。現時点で具体的な時間や場所は決まっていませんが,一部報道では,フランスとスペイン国境のアンダイエ(Hendaye:ビアリッツ南30km)市,スペイン側のイルン(Irun)市で行うよう,また黄色いベスト運動デモもビアリッツ市で行うようネット上で呼びかけられている旨報じられています。

3.同サミット期間中,ビアリッツ市等で混乱や衝突等が発生した場所に遭遇した際には,すぐにその場を離れるなど,自身の安全対策に万全を期すようお願いいたします。
デモ情報についは,下記のサイトをご参照願います。
https://paris.demosphere.net/

2019年9月12日更新

9月13日(金),RATP(パリ交通公団)組合による大規模なストライキが行われる予定です

メトロ,バス,RER等の利用を予定している方は十分注意してください。

1.報道によれば,9月13日(金),RATP(パリ交通公団)組合が,年金改革に抗議する大規模なストライキを実施予定です。パリ市内のメトロ,バス,RERのA線とB線,トラムウェイ(路面電車)はストライキの影響により,大幅な遅延と混雑が予想されます。一部の地下鉄路線については完全に停止するとRATPが発表していますので,当日にRATPの路線を利用することを予定している方は運行情報を注視することをお勧めします。

2.報道によれば,RERのC線,D線,E線,トラムウェイの4号線及び9~11号線,トランジリアン(Transilien),TGV,TERについてはSNCF(フランス国鉄)が運営しているため,今回のストライキの影響は受けないとされています。

3.現時点でRATPが発表している9月13日における運行情報は以下の通りですが,今後,変更される可能性もありますので,下記関連サイトを参考にしつつ,予定を変更するか十分時間に余裕を持って行動してください。

(1)メトロ
1号線:通常通り運行
2号線:全線運行停止
3号線,3bis号線:全線運行停止
4号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
5号線:全線運行停止
6号線:全線運行停止
7号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
7bis号線:全線運行停止
8号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行(但し,Creteil Pointe du Lac駅からReuilly-Diderot駅の間のみ)
9号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ4本に1本の運行(但し,Pont de Sevres駅からFranklin-Roosevelt駅及びNation駅からMairie de Montreuil駅の間のみ)
10号線:全線運行停止
11号線:全線運行停止
12号線:全線運行停止
13号線:全線運行停止
14号線:通常通り運行

(2)RER
A号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
B号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ5本に1本の運行

(3)トラムウェイ
1号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
2号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
3a号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
3b号線:通常通り運行
5号線:通常通り運行
6号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
7号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
8号線:ピーク時(6:30-9:30,17:00-20:00)のみ3本に1本の運行
(4)バス
全線において3本に1本の運行

パリ交通公団(RATP):https://www.ratp.fr/ 
同サイト内交通規則情報:https://www.ratp.fr/travaux-manifestations/manifestations 
同サイト内9月13日における案内情報:https://www.ratp.fr/…/mouvement-social-le-vendredi-13-septe…

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在フランス日本国大使館領事部
電話:01-4888-6200(海外からは +33-1-4888-6200)
メール:consul@ps.mofa.go.jp

2019年8月23日更新

在仏日本大使館より

G7ビアリッツサミットにおけるデモに関する注意喚起

●8月24日(土)~26日(月)の日程で,フランス南西部のビアリッツ(Biarritz)市でG7サミットが開催されます。
●同サミット開催に伴い,グローバリズム反対を訴える団体がSNS等を通じて8月24日にデモを行うよう呼びかけていますので,十分注意してください。

1.8月24日(土)~26日(月)の日程で,フランス南西部のビアリッツ(Biarritz)市で先進7カ国(G7:日・米・英・仏・独・伊・カナダ)首脳会議(サミット)が開催されます。

2.同サミット開催に伴い,グローバリズム反対を訴える団体がSNS等を通じて8月24日にデモを行うよう呼びかけています。現時点で具体的な時間や場所は決まっていませんが,一部報道では,フランスとスペイン国境のアンダイエ(Hendaye:ビアリッツ南30km)市,スペイン側のイルン(Irun)市で行うよう,また黄色いベスト運動デモもビアリッツ市で行うようネット上で呼びかけられている旨報じられています。

3.同サミット期間中,ビアリッツ市等で混乱や衝突等が発生した場所に遭遇した際には,すぐにその場を離れるなど,自身の安全対策に万全を期すようお願いいたします。
デモ情報についは,下記のサイトをご参照願います。
https://paris.demosphere.net/

2019年8月7日更新

外務省海外安全ホームページ 最新情報
【広域情報】犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起

●8月11 日(日)から8月14日(水)頃までは,イスラム教の犠牲祭に当たります。
●大規模行事はテロ等の標的となり易いことに留意し,最新情報の入手に努めてください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2019C093.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/