フランス語の名詞、マダム&ムッシューで覚えるのも悪くない

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です

フランス語を始めたばかりの頃は、名詞の性別を覚えなくては、と勇みます。

ですが、果たしてフランスの「モノ」に性別はあるのでしょうか?

先々のために、私がフランス人の友人から教わったアドバイスを紹介したいと思います。

 

モノに性別があるのではなく、言葉が性によって分けられている

 

「フランス語の性数一致」という文法の決まりがありますから
名詞の性 には違いありません。

ですが、他の言語では女性名詞なのが
フランス語では男性名詞 ということがよくあります。 

例えば、太陽 は、ドイツ語では女性名詞ですが、フランス語では男性名詞です。

もし、モノに性別があるなら、他の言語でも性別が同じはずですよね。

日本語ではフランス語の名詞を覚えやすくするために、
名詞に性別があるかのような表現が適しているのかもしれませんが

フランス語では
〈女性形と男性形というカテゴリー分け〉 
というような認識なのだそうです。

だからなんなんだ?

 

Il Elle

目の前にあるモノを指すのにも使われていますが
先に立つ名詞を受けて、それが結果として 

IlまたはElle で指し示すことになるのだそうで

Il と Elle が直接に
モノを指していたり、モノの代わりになるのではない
ということだそうです。

日本語とフランス語の言語システムの違いかもしれませんが
知っておくとフランス語の理解に
繋がるかもしないと思い、ご紹介した次第です。


それでは、フランス語の名詞の覚え方、胡桃の場合をお話したいと思います。

ヨーロッパの言語で名詞を覚えるときは、必ず冠詞か不定冠詞をつけて
セットで覚えなさい、と言われます。

例えば、湖 は、lac で、男性名詞なので、un  lac か、le  lac と覚えますね。

が、点数を稼ぐのが苦手な私の場合、それができれば苦労しないがな。。。

定冠詞、不定冠詞をセットにしたところで、やっぱり機械的に暗記しなければならないの?

 

そこで、名詞を記憶につなげる戦略。

戦略というほど大それたことではないけれど(笑)

自分の中に揺るがない覚え方の決まりを作り


それを続けていたら、気づいた頃には大きな効果が。

フランス語の名詞の暗記 戦略その1

記憶につながる手がかりを出来るだけ探して、名詞を日本語に照らし合わせて覚えない。

 例えば、lac と聞いたら、湖という漢字ではなく

白鳥の湖の第4幕を lac としてイメージしたりしますww

 

または旅行で訪れた、これから行ってみたい湖

スイスのレマン湖などを思い浮かべてもいいでしょう。 

 

ですが、この段階ではまだ、男性形、と認識する要素が足りませんね。

それで、バレエを愛するあなたなら

湖のほとりで王子と悪魔が戦うから男性形


というイメージで暗記はフィニッシュでしょう(〃э_э)

 

レマン湖だったら、傍に素敵な男性がいるイメージを浮かべて
男性に結び付けてしまいますo(*^▽^*)o

レマン湖=le  lac で苦労せずにいけちゃう人は、羨ましい!どんどん進んでください^^

 

問題は、どうにもイメージがつかない言葉に遭遇した時や

結びつけるイメージが浮かんで来ない時です。

そこで

私のようにもう一押し必要なあなたに

フランス語の名詞の暗記 戦略その2

 とことん色に頼る。

な〜んだ、そんなこと?と侮るなかれ、

この単純作業、フランス語を勉強する長い間にはどれほど記憶の定着に有効か❗️

私は最初から色分けを続け、やめなかったので
覚えている名詞はほとんど書いたの記憶で


単語を見ると男性名詞か女性名詞かを判別することができています。

勉強し始めた頃は、やっぱり単語カードとかでがむしゃらに覚えていかないとダメかな。。と


単純すぎるライフハック(というほどもないが)も心細かったものですが、
ある時期を境に、急に効果を感じられるようになったんです。


具体的にどうしたかというと、

 女性名詞は ピンク

 男性名詞は ブルー

(形容詞はオレンジ、副詞は紫系ブルーを使っています。)

たったこれだけをひたすら続けています。

私は万年筆が大好きなので、フランス語の勉強は3種類の万年筆+色分けに4色の万年筆、の計7本をフル稼働。

フランス語の単語を色分けして覚える万年筆とインク

愛用しているパイロットのインクの色がとても美しいので、毎日書く度に、

なんて綺麗な色だろう♡


と感動があります。

 

それで、感動しながら名詞を色分けしていると
その心の動きもバッチリ残るわけです。

普段、書いて覚えるときも、練習問題も、万年筆で色分けして回答を書いています。

色で書いている間に

脳が勝手に男性形と女性形を区別しているような手応えがあり、とても愉快です(*’-‘*)

そうすると、どんなことが起こるかって?

 

単語を思い出せなくても、その単語が男性名詞だったか、女性名詞だったかは覚えてるんです。(´・∀・`)  

こうなったら名詞をマダムムッシューと呼ばせていただくわ

色分け暗記は書くときと復習するときに有効で、口で覚えるときに以外と役立つのが、

 「Madame バナナ」「Monsieur パイナップル」

マダムバナナ ムッシューパイナップル

フランス人だって、こんな風に考えるものなんです (゜o゜)

私たちも大いに勉強を楽しみましょう!

自分に合った覚え方を見つけたら
しばらく続けてみることをおすすめします。

 

大人ならではの楽しい勉強法を見つけてフランス語独学が楽しく続きますように!

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら
大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA