エイズはコロナの始まりだった?男性バレエダンサーの不可解な死、実は?

エイズはコロナの始まりだった?男性バレエダンサーの不可解な死、実は?

  • ブログ
眠れる森のフランス語

567騒動が始まって、最近ふと、そういえばエイズも突如現れた、感染したら為す術もない恐ろしい病気、触れるだけで移る?とか言われてやたら怖かったことを思い出すのよ。男性バレエダンサーが何人も亡くなったわ。

眠れる森のフランス語胡桃

Bonjour ! 胡桃です。熱烈なバレエ愛好家の私、ジョルジュ・ドンとルドルフ・ヌレエフの死は30年経った今でも何か「おかしい」と思い続けていることです。 それが最近、何と、567騒動を通じてその黒幕が姿を現したようなのです。 この記事では567騒動はエイズから始まっていたと思われる情報をご紹介します。

20世紀バレエ団のジョルジュ・ドンが1992年に45歳で、パリ・オペラ座バレエ芸術監督だったルドルフ・ヌレエフが翌年1993年に54歳で亡くなりました。

死因は二人ともエイズ(エイズによる合併症とも)と言われています。
1983年頃、567騒動でお馴染みのCDC(アメリカ疾病管理予防センター)は、輸血に注意、また男女ともにセックスを通して感染するという警告を出し、いつの頃からか、ゲイの男性が感染しやすい、というような情報が聞かれるようになりました。
HIVウイルスが人から人へ感染して免疫不全になる、つまり病原菌と戦えない体になってしまう、というような情報が大きく報道されるや、バレエファンならずとも世界を魅了してきた著名なダンサーが立て続けにその病に倒れ、言いようのない悲しみと、「なぜ?」という不信感が残ったのではないでしょうか。

その後も、サンフランシスコバレエ団で被害が多いと聞いたり、そのうちにゲイだけではなく、男女の別なく、誰がそのウイルスを持っているかわからない、というようなエイズの常識がまかり通る世の中になったようでした。

リラ子

567騒動が始まった頃の人人感染の恐怖と似てるわね

空気感染するかもしれない恐怖を植え付けられた伝染病エイズ。。

昔、映画でラブシーンを演じる俳優さんたちが互いに検査をしたとか、それほどにやたらと「恐怖」を煽っていたように、今の世と重なってくる感じです。

エイズをプロパガンダしたのも567を仕組んだのも、実は出所は同じ。

 

エイズは実は、無害、問題ないウイルスに過ぎなかった

エイズは空気感染すると言って世界中の恐怖を煽ったのもアンソニー・ファウチ(父はファザーテレサといわれている)で、その後、エイズの一連の恐怖扇動はウソであったことが発覚。しかし現在も伝染病であると言い張っています。もしエイズがなかったことになると、彼は医療界の大君臨から失脚することになるからでしょう。
実際のHIVウイルスの危険につては、ウイルス自体は無害で非常にマイルドなものと判明しています。

ジョルジュ・ドンもルドルフ・ヌレエフも、エイズ治療薬の犠牲に?

しかし、ファウチはエイズの治療薬という名の下に、劇薬を作ったそうだ。それはAZTという薬で、あまりにも危険なため、作った製薬会社もさすがに認可が下りないだろうと思っていたところ、ファウチが強引に認可させてしまった。

本当は無害であるのに、エイズウイルスがあるよと診断された人々はこの劇薬を沢山飲むようになったという。
そして、健康であった何十万人という人が、薬で死に至らしめらることになった。

リラ子

うわ〜!今の予防接種と言われてるヤツと同じじゃない?

というように、現在の567騒動を通じてエイズという伝染病のウソも明るみに出ようとしているわけです。

ジョルジュ・ドンもヌレエフも、最初は風邪をこじらせたか何かの、誰にでもあるような不調で医者にかかったのかもしれません。

リラ子

そうね、ダンサーだもの、体調万全にしておかなきゃって、医者に行った・・・

胡桃

そして今のワと同じく、医師がエイズの劇薬を処方すると莫大な報酬があったのかもしれないね

結論。不世出のダンサーが医療の闇組織に、いとも簡単に人生を閉ざされてしまった。

エイズは567騒動の始まりだった?

こうして見てみると、エイズは今世界で起きていることと全く同じ。エイズは567のリハーサルのようなものだったかもしれない。

ありもしない病原菌で

メディアを使って健康恐怖を煽り

人は無害なはずの人を疑い

不安になり医者にかかった人は薬で病気にされる。

季節性インフルエンザの人がコロナであると決められた。

打った直後に亡くなる人もおられ、何で?と思います。💉にはHIVウイルスが仕込まれているロットがあるらしいと情報がありますが、エイズウイルスが無害であるとすると、いったい何が入っているのか? 

ヌレエフ版ラ・バヤデール

エイズはコロナの始まりだった?男性バレエダンサーの不可解な死、実は?
文化出版局フォンティーンとヌレエフより

ルドルフ・ヌレエフは1980年にパリ・オペラ座バレエ芸術監督に就任。

同じ頃に世界でキラ星のようなダンサーが才覚を現し、世界は奇跡のようなバレエの黄金時代を迎えます。
ヌレエフはのちに黄金時代の担い手となったマニュエル・ルグリ、エリザベット・プラテル、ローラン・イレール、イザベル・ゲラン、そしてシルヴィ・ギエムたちを見出しました。

しかし芸術監督就任後間もなくエイズと診断された。パリ・オペラ座とエイズ・・・何があったのでしょう。

1992年、パリ・オペラ座では秋のシーズン開幕公演として、ヌレエフ版「ラ・バヤデール」初演に向かいます。この年、衰弱してゆくヌレエフは悲願の全幕(ヌレエフ版は寺院崩壊の場面なし)上演を実現し、翌1993年、影の王国から帰らぬ人となります。
ラ・バヤデールのリハーサル中も、ヌレエフは日毎に衰弱してゆき、命の炎を燃やし続けているようだった(当時の芸術監督ブリジット・ルフェーブル)と伝えられています。
DVD「ダンサーズドリーム」のラ・バヤデールにその様子を見て取れますが、初演のカーテンコール時に衰弱したヌレエフが体を支えられながら舞台に現れ、まさしく彼の壮絶な芸術人生に幕を降ろすかのような姿でした。ヌレエフの生涯のあらまし

リラ子

567騒動で二人の死の謎が解けたなんて・・・命の火が消えようとするヌレエフはバヤデールの影の王国を、どんな気持ちで振り付けたことでしょう・・・

胡桃

バレエを愛する者として二人の当時の状況を知りたいし、真相が世に知らされる日が遠くないことを信じたいです

重要:フルロナだって?567最近の関連資料

ファウチの正体とエイズの真相についてはこちらの動画をご覧ください。聞きやすくわかりやすいです。

眠れる森のフランス語胡桃
お読みいただき、ありがとうございました。

Merci et à bientôt !
スポンサードリンク

記事が気に入ったら
"いいね!"
Facebookで更新情報をお届けします。


無料でフランス語オンライン体験レッスン&受講相談受付中。


ベルリッツ

関連記事

  1. テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!

    テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!

  2. パリジャンから学ぶ、フランス人のおしゃれなヴァカンス姿

    パリジャンから学ぶ、フランス人のおしゃれなヴァカンス姿

  3. フランスの手強い蚊よけ。線香?アロマ?夜の蚊対策にランプベルジュはおすすめ!

    フランスの手強い蚊よけ。線香?アロマ?夜の蚊対策にランプベルジュはおす…

  4. フランスの森の材料でナチュラルなクリスマス・アレンジとリース

    フランスの森の材料でナチュラルなクリスマス・アレンジとリース

  5. コロナウイルス自粛

    コロナウイルスの自粛って、何のこと?何をすればいいの?

  6. フランス語 ひまわり

    ひまわりはなぜ太陽を追いかける?ヨーロッパの夏の旅の花

  7. 恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフランス語

    恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフラ…

  8. フランス国際小包SAL便復活

    朗報!フランス行き国際小包SAL便復活

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


トピック

  1. 勉強の仕方

    言えるのに何気に聞けない?フランス語の “d” の綴りの単語に注意

新着記事

  1. わかる!基礎

    お悔やみを申し上げます。心を込めてすぐ送るフランス語
    お悔やみを申し上げます。心を込めてすぐ送るフラン…
  2. アムールの国

    エイズはコロナの始まりだった?男性バレエダンサーの不可解な死、実は?
    エイズはコロナの始まりだった?男性バレエダンサー…
  3. アムールの国

    全豪オープンテニス2022にジョコビッチが出場拒否の理由
    全豪オープンテニス2022にジョコビッチが出場拒…
  4. アムールの国

    騙されるな。フランス政府3回目必死のコメディを見抜け!
    騙されるな。 3回目へ必死のフランス政府茶番劇を…
  5. アムールの国

    手に汗握るパリのデモ。あなたなら何を叫ぶ?
    手に汗握るパリのデモ。あなたなら何を叫ぶ?
  6. アムールの国

    どもの強制接種、あなたならどうする?
    学校で子どもに強制接種するフランス、あなたはどう…
  7. アムールの国

    フランスの音楽学校再開。習い事は日常の大事なスパイス
    フランスの音楽学校再開。大人の習い事は日常の大事…
  8. アムールの国

    こんなはずではなかった?フランスの自転車アフターコロナ
    こんなはずではなかった?フランスの自転車アフター…
人気記事 注目記事
  1. 黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
  2. DELF受験はムダじゃない。 B1を受けてよかった
  3. プレゼント、どうしよう・・悩む悩むフランス語
  4. 私の大好きを強調するならmaisと強勢形でフランス語っぽく
  5. 連絡しなくてごめんね。
  6. 目的語がないフランス語に危険が潜んでる
  7. フランス語の数字を覚えるならレシピ動画を見なさい。
  1. お悔やみを申し上げます。心を込めてすぐ送るフランス語
  2. こんなはずではなかった?フランスの自転車アフターコロナ
  3. 2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習
  4. パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること
  5. 恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフランス語
  6. フランスの小麦粉、美味しく使い分け
  7. 届けばラッキー。泣ける!フランスのAmazon
  8. DELFのディプロムはフランスでどれほどモノをいう?
スポンサードリンク

最新記事をメールでお届けします

ニュースレターで記事をお届けします。メールアドレスは公開されません。

アーカイブページ