覚えやすいフランス語の文法 直接目的補語の代名詞と他動詞

http://nemurerumorifrancego.com/pronoun-cpmplement-direct

眠れる森のフランス語 覚えやすいフランス語の直接目的補語代名詞と他動詞

胡桃
Bonjour! 胡桃です

今日は

 私は 〜を 〜する

を表現するフランス語の文法、直接目的補語の代名詞をみていきたいと思います。

直接目的補語って?? 漢字が並ぶとややこしい文法に感じますが
基本を押さえておけば大丈夫。

〜を、〜に、と目的語が増えてくると使うときには考え中&フリーズ💦になったり
語順がわからなくなったりする文法の一つですが


なぜこの文法を使うのか? どんな風に使うのか?を
わかりやすい例文で覚えておけば、語順も迷子になりません。

このわけを知っていれば、目的補語の代名詞の文法を
ムダに恐れることはなくなると思います。

それは

 

胡桃
フランス語は、〜を、〜に、に当たる目的語を繰り返して欲しくないんです。その方が文がスマートでしょう?

 

フランス語の文法書では

Pour  éviter  de  répéter  un  nom  complément.

ー目的語の名詞を繰り返すことを避けるため

と書かれています。なるほど(*^-^)

(´・∀・`) 

例えば

胡桃
パリ・オペラ座のロメオとジュリエットを観た?

と聞かれて

バレエを習っているリラ子さん
ええ、ロメオとジュリエットを観たわ

と答えたらくどいですよね?

 

この「くどい」部分を代わりの語で使うようにするわけです。

 

バレエを習っているリラ子さん
ええ、それを 観たわ

 

そのことを(それを) を表す語と、語順を覚えましょうというのが
フランス語の直接目的補語の代名詞の文法です。

目的補語を 置き換える といわれるのはこのためです。

 

日本語では「観たよ」と、何を?=ロメオとジュリエットの部分が抜けたままでも
何ら問題なく通じますが
フランス語ではここは大事な部分です( ̄^ ̄ 😉

 

会話でも文章でも、話の展開には欠かせない基本の文法ですので
ゆっくり確認していきましょう!

このフレーズで覚えよう!フランス語の直接目的補語の代名詞とは?

胡桃
わからなくなったら、このフレーズを思い出して!

Je  mange  le  macaron.(冷蔵庫にある、などすでに話題に出ている特定のマカロン)

または

Je  mange  des  macarons.(特に指定のないマカロン)

私はマカロンを  食べる。

主語 ・   目的語        動詞

 

私は 食べる

を  食べるの?

マカロン食べる。

 

ということで、「食べる」の目的語は「マカロン」ということになります。

 そして、manger のあとに、すぐに「マカロン」と続けることができるので、
直接目的補語(または直接目的語)と呼ばれます。

 

 

フランス語で

Le  complément  d’objet  direct (COD) といいます。

フランス語の学習サイトで勉強するときは、「pronom  COD 」で探せば見つかります。

 

私は最初、「感覚的にわかっていることを文法の言葉にするとやたら難しく感じるわ。。」

と思いましたが、やはり、Je  mange  le  macaron   はずっとついてまわります(゜o゜)

と言いますか、これが基本になるので

私はこのマカロンちゃんに、どれだけ助けらたことか!

 

知っておきたいフランス語の動詞の性質

フランス語の動詞の性質を知っておくとあとの文法の勉強がラクですww

manger は他動詞だよ

フランス語の動詞、manger   は、このように「マカロン」という
目的語を伴っているという動詞の性質を持っています。

manger を辞書で引くと 他動詞 と書いてありますよね?

他動詞とはつまり、

・マカロン 食べる

・窓 開ける

・花 摘む

という風に、「〜」と目的語が伴っている動詞ですよ、ということなのです。

なので

直接目的補語だから、どうしなければならない

間接目的補語だから、どうしなければならない

という捉え方より、

動詞が他動詞か?自動詞か?という性質を手がかりに勉強すると
覚えやすいと思いますww

 

**目的補語の代名詞を覚える目安は

・直接目的補語 「〜を」

・間接目的補語 「〜に」

ではありますが、日本語の格助詞と必ずしも合致するとは限りません。

では自動詞とは?

 

少し触れておきますと

・花が 咲く

・犬が 吠える

のように、「〜を」の目的語をとることがない動詞です。

辞書で fleurir  咲く を引くと 自動詞と書いてあります。

 

 

もしあなたがこの動詞のことは今は手が回らずパスしても、
必要になったら思い出して戻ってきてくださいねo(*⌒─⌒*)o

それでは、直接目的補語の代名詞の作り方の基本をみていきましょう。

フランス語の直接目的補語の代名詞の使い方

直接目的補語は、このような場面で使われます。

一度持ち上がった話題について、話したり、書いて説明したりするときなどに同じ目的語を繰り返さないように、代わりに使うのです。

疑問文:

“Regardez-vous  la météo  le matin?”

「あなたは毎朝  天気予報を  見ますか?」

答え方

“Oui,  je  la  regarde.”

「ええ、それを 見ますよ」

“Je  ne  la  regarde  pas.”

「いいえ、それを 見ません」

*日本語の否定文は、正しくは「それは 見ません」です。

 

このように、疑問文や会話の中で出てきた目的語=〜を について答えたりコメントするときや文章の中で、目的語となっている名詞の定冠詞をそのまま置き換えて使います。

人、動物、物 に対して用います。

フランス語の直接目的補語の人称代名詞の作り方

「私」「あなた」 人称代名詞を確認しておきましょう。

彼を、彼女を と 彼らを、彼女たちを は、物に対しても
その名詞の性を受けて使いますが、aimerconnaître については下記の   aimer と connaître をモノに使うとき をご参照ください。

私を                   me  (m’  )

君を                         te  (t’  )

彼を、それを         le  (l’  )

彼女を、それを     la  (l’  )

私たちを         nous

あなたたちを              vous

彼らを、それらを            les

彼女たちを、それらを    les

 

✅ 代名詞が置かれる位置は、原則として動詞の前

✅ 母音と無音の h が続くときは、m’ , t’l’  になります。

✅ 発音するとき、nous, vous, les  に母音字が続いたらリエゾンを忘れずに!

・Il  nous  invite

   イルヌザンヴィトゥ

・Il  vous  attend

  イルヴザタン

・Je  les  aime

  ジュレゼェム

男性名詞の例 マカロン

Je  mange  le  macaron.

Je  le  mange.

女性名詞の例 歌

Je  chante  la  chanson.

Je  la  chante.

複数形の例 鳥たち

Je  regarde  les  oiseaux.

Je  les  regarde. 

複合過去の例

Je  le  mange.

Je  l’ai  mange.

 aimer  と connaître をモノに使うとき

人に対して le, la, les と使うときは問題のない 動詞ですが
物に対しては、このように ⇩ 使うのが望ましいです。
マカロンも同様ですね。

〈疑問文〉

Aimes-tu  le  fromage ?

〈答え方〉

Oui,  j’aime  ça.  Je l’aime.

 

〈疑問文〉

Est-ce  que  vous  connaissez  le  roquefort?

ロックフォールチーズをご存知ですか?

〈答え方〉

Oui, je  connais.  Je le connais.

 

フランス語には人に使う表現、物に使う表現が区別されていることがしばしばあります。


日本語ではモノに対して人間かそれ以上!のように命を吹き込んだ表現を使ったりしますが、フランス語との違いがあることをちょっと知っておくといいですね(^_^)

直接目的補語の人称代名詞の位置、否定文、命令文

・活用している動詞の直前におきます。

“Je  t’aime.”   

「愛してる」

で覚えておけばバッチリですね(*^-^)

 

・否定文は人称代名詞の前に ne、動詞の後に pas がきます。

“Je  ne  t’aime  pas.”

「愛してないよ」

“Nous  ne  les connaissons  pas.”

「私たちは彼らを知りません」

 

・肯定命令文の語順

“Regarde-les !  “

「彼らを見て!」

まとめ

いかがでしたでしょうか?

覚えることがどっさり。。。で、ちょっと疲れたかもしれません(;゜0゜)

大事なことを2つ

胡桃
直接目的補語の代名詞は Je  mange  le/des  macaron/s.  私はマカロン食べる

 

バレエを習っているリラ子さん
マカロンマカロンと繰り返さないための代わりの  le を空席にしないように

を押さえておくといいですね。

 

お読みいただきありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

 

次の記事 フランス語の日常会話に欠かせない中性代名詞 le

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA