フランスの音楽学校再開。習い事は日常の大事なスパイス

フランスの音楽学校再開。大人の習い事は日常の大事なスパイス

  • ブログ
眠れる森のフランス語

習い事もずっとお休みだとこたえるわよね。音楽学校も再開して日常生活が戻ってくるね。

眠れる森のフランス語胡桃

Bonjour ! 胡桃です。2019年9月から始めた音楽学校の声楽コース、コロナのため休止を経て、5月19日から再開されました。この記事では大人の習い事がどれほど日常に鋭気をもたらすか、練習中のフランス語の曲などについて書きました。

どのような習い事でも、週に1回なり、決まった時間に支度をして出かけて、家とは別の場所であることに集中する、という機会は人生の中でとても素晴らしい、また、心身の健康のために大事なことと、このパンデミック茶番の間、つくづく思いました。

特に歌やダンスは、人の波動を上げるといわれていて、レッスン中の幸福感はひとしおです。レッスンに行く前はアスリートさながらに体をほぐし、腹筋を意識して、いいコンディションでレッスンを受けられるようにします。

学校が閉鎖の間、最初の頃は、毎日腹筋の筋トレをして毎日歌って・・・と思っていましたが、連日567の真相を追うだけで頭がいっぱい。習い事の長いお休みを有意義に過ごしたとは言い切れないな。

家から離れてその専門家がいる場所に出かけていく。

日常生活の彩りと思います。

フランスオペラのアリアを練習中

私はバレエは頭がおかしいくらい好きだけど、オペラの殿堂といわれる欧州の歌劇場で、意外や意外、リハーサルもそこそこに環境客向けに幕を開けてるようなオペラ公演を何度か観てしまって残念な思い出が・・・。

そうはいってもうっとりするような歌は何曲かあり、大好きな歌声で聴くことは大きな歓び、そしてこんなに大人になってから、しかもフランスでそれらの歌を習えるなんて信じられない思いです。

サン=サーンスのサムソンとデリラ

練習中のフランスオペラの1曲、サン=サーンスのサムソンとデリラ(フランス語の発音ではダリラ)の曲は 

Mon coeur s’ouvre à ta voix

ヘブライ人とペリシテ人の宗教戦争がベースの旧約聖書の物語。舞台はパレスチナの、コロナ騒動最終章のひとコマとなっているガザ。ヘブライ人であるサムソンがペリシテ人のデリラを抑圧、デリラは復讐のためサムソンを誘惑する色仕掛けの歌です。

(o・ω・o)

オペラのシナリオがどうであれ、こんなにおどろおどろしいストーリーなのに曲の美しいことといったら、サン=サーンスの品格に胸いっぱいになるばかりです。オリエンタルなムードと美しい旋律、オーケストラの表情を愉しむ作品かな。

私の先生も思わず「ああ、なんて美しいメロディかしら」と感に堪えぬ様子です。

曲は長いけど歌詞は「私の愛に応えてちょうだい」を繰り返し、サムソン陥落、となります。

今メディアがワク珍打てー、と洗脳してるのと似てますね。繰り返すことは詐欺や悪徳の古典的な洗脳法ですから笑笑

リラ子

で、胡桃さんはデリラになりきって歌うわけね?

胡桃

いや〜コンサート風に麗しく歌えたら私は満足なんだけど

しかし先生は「自分のために歌わず、聴いてる人のために歌いなさよ」

と仰り、デリラの表情豊かなお手本を見せてくださるの。

胡桃

あたしゃちょっとな〜と思いつつも、オペラのヒロインになりきれと心から言ってくださる師がいる幸せ

リラ子

色仕掛けを表現するにも技術が必要だけど、歌ってる人が恥ずかしがってたら聴いてる方が困るしね〜笑笑

日本でバレエを習っていた時も、若い先生は初心者に難しいパを教えようとしていたし、おかげで私のレパートリーも充実したものになった。

今の歌の環境も、私にとってはまるで宝石箱のようなレパートリーです。記事の下の方に曲名とリンクを貼っておきますね。

フランス語の歌をお楽しみいただけましたら幸いです。

歌を習ってフランス語の上達に役立ってるか?

歌いながらフランス語の理解が面白いように進み、私にはすごく有意義な時間です。外国人である私に先生は「私の口の形だけ見て」と言ってくださるの。

口の動き、形、舌の動きも発音も目の前で繰り広げられ、それを真似ていく幸せといったら!

それと、私が想像していたより曲の数をこなしているので、それだけ多くの単語、発音に触れていることになります。

思い切って歌い始めて本当によかった。

9月からの新学期も継続します。

一応、ありもしないコロナ対策

昨年の今頃だったか、飛沫がどれほど飛んで恐ろしいかの動画が出回りましたね。フランスは567で10万人もの人が亡くなったことになっていますが、そんな国が音楽学校を再開できるもんですかね?

567なんか存在しないってことは日本の厚生省も認めるようになりましたが。⇦厚生省に電話で問い合わせるとわかるそうですよ。

声楽の今日室はアクリル板の仕切りがあったりしますが、どこへ行っても皆変わらずに元気、健康そのものです。中には恐ろしいワク珍打ったから安心、という人もいますが、形だけの予防といったところです。

もし音楽学校が接種義務となったら、私は学校をやめる旨を伝えてあります。まあ、人類はそんな方へ向かっていないので先の心配はしていませんけどね。

眠れる森のフランス語胡桃
お読みいただき、ありがとうございました。

Merci et à bientôt !
スポンサードリンク

記事が気に入ったら
"いいね!"
Facebookで更新情報をお届けします。


無料でフランス語オンライン体験レッスン&受講相談受付中。


ベルリッツ

関連記事

  1. コロナウイルス感染しない

    皆んな忘れてない?コロナウイルスの感染を防ぐ極意

  2. 外出制限緩和後のフランス、マスクの取り扱いは科学的!

    フランスのマスクの取り説は意外と科学的。じゃぽんは負けてる?

  3. 手に汗握るパリのデモ。あなたなら何を叫ぶ?

    手に汗握るパリのデモ。あなたなら何を叫ぶ?

  4. 黄色いベスト運動とフランスのどん深闇

    黄色いベスト運動の真実とフランスの深〜い闇

  5. 凄まじい。。パリジャンが田舎のスーパーで買い占め

  6. フランスの手強い蚊よけ。線香?アロマ?夜の蚊対策にランプベルジュはおすすめ!

    フランスの手強い蚊よけ。線香?アロマ?夜の蚊対策にランプベルジュはおす…

  7. フランスのマルシェのかぼちゃ

  8. マルシェで100万円の品物も売られている

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


トピック

  1. わかる!基礎

    さらっと覚えるフランス語 ir 型規則動詞と COCOS 動詞

新着記事

  1. わかる!基礎

    フランス語で「問題がある」そうは言わないフランス語9
    フランス語で「問題がある」そうは言わないフランス…
  2. アムールの国

    フランス暮らしのカボチャのスープレシピ
    フランス暮らしのカボチャのスープレシピ
  3. アムールの国

    フランスのマルシェのかぼちゃ
  4. アムールの国

    小春日和をフランス語で
  5. アムールの国

    フランス人は自転車族に優しい。親のように優しい
    フランス人は自転車族に優しい。親のように優しい。…
  6. アムールの国

    フランス人は自転車族に優しい
    フランス人は自転車族に優しい。親のように優しい。…
  7. アムールの国

    フランス人絶賛の食パンレシピ
    疲れない挫折しない、仏人絶賛の食パンレシピ-2 …
  8. アムールの国

    フランス人絶賛の食パンレシピ- 道具
    疲れない挫折しない、仏人絶賛の食パンレシピ-1 …
人気記事 注目記事
  1. お変わりありませんか?メールや手紙のフランス語
  2. 辞書に惑わされるな。décéder と mourir、何が違う?そうは言わないフランス語8
  3. 星になった・・フランス語で家族が亡くなったことを知らせる
  4. àとfalloirが同じ意味に。覚えておくべき使い方
  5. 黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
  6. DELF受験はムダじゃない。 B1を受けてよかった
  7. プレゼント、どうしよう・・悩む悩むフランス語
  1. フランス語で「問題がある」そうは言わないフランス語9
  2. フランス暮らしのカボチャのスープレシピ
  3. フランス人は自転車族に優しい。親のように優しい
  4. フランス人は自転車族に優しい
  5. フランス人絶賛の食パンレシピ
  6. フランス人絶賛の食パンレシピ- 道具
  7. 食パンのレシピ
スポンサードリンク

最新記事をメールでお届けします

ニュースレターで記事をお届けします。メールアドレスは公開されません。

アーカイブページ