スパークリングワインがシャンパンより美味しいことも。その違いとは

スパークリングワインがシャンパンより美味しいことも。その違いとは

眠れる森のフランス語

シュパシュパ発泡するお酒が大好き。シャンパンがもう少し安かったらなぁと思うわ。でもシャンパンにそっくりのボトルでお値段半分以下のスパークリングワインでも十分に幸せよ。シャンパンとの違いを教えて。

眠れる森のフランス語胡桃

Bonjour ! 胡桃です。シャンパンはそりゃあ華やかな飲み物ですが、私の日頃の1杯はもっぱらフランスのスパークリングワインです。この記事ではシャンパンとスパークリングワインの違いを、1杯いただくように( ^ ^ )ささっとお話ししようと思います。

シャンパンとは

フランスのシャンパーニュ地方でメトッド シャンペノワーズ(シャンパーニュ方式)で製造されたスパークリング(発泡)ワイン。

そしてフランスのワイン法(AOC法)で最上級の格付け(品質保証のようなもの)がなされたものをシャンパンと呼ぶ。

フランスのスパークリングワインとは

シャンパーニュ地方以外の産地で製造されたスパークリング(発泡)ワイン。

基本の製造法はシャンパンと同じメトッド シャンペノワーズ。

ボトル内で二次発酵(自然発酵)され、泡が細かくスキッとした辛口ワインとなる。

リラ子
じゃあ、スパークリングはお酒として2番手?

胡桃
全然そんなことはなくて、スパークリングの方が美味しいということもよくあるよ

では、フランスのスパークリングワインについてお話ししましょう。

フランスのスパークリングワインをフランス語で

フランス語でスパークリングワインをcrémant (発音はクレマンとクレモンの間の感じ)といいます。

ロワールのcrémant が世界で人気

ワインの産地からそれぞれクレマンが製造されていますが、世界的に出荷出荷量を伸ばしているのがロワール地方の

crémant  de  Loire  クレマン・ドゥ・ロワール

シャンパンに次ぐ第2のシャンパンの名称として各国で大変な人気です。

主な輸出先

  • アメリカ 
  • 日本
  • オーストラリア
  • 英国
  • ドイツ

アメリカではビールよりスパークリングという風潮もあって好まれるそうです。

クレマン・ドゥ・ロワールは乾杯にぴったり

クレマン・ドゥ・ロワールの味わいは

・軽やか

・フレッシュ

・スッキリ

日本でも大人気のクレマン・ドゥ・ロワール、特にモンムソーは2003年国際クレマンコンクール金賞受賞の経歴もあり、ANAのビジネスクラス、ファーストクラスで使われたり、日本でもよく知られて人気がありますね。

第二のシャンパンと呼ばれるくらいですので、その風味からも食前酒(アペリティフ)にとてもおすすめです。

お食事なら魚介類、そしてデザートにもよく合います。

フランスのスパークリングは10ユーロ以下から

胡桃

世界で人気の1番の理由は手頃なお値段でしょう!

フランスのスーパーではロワールのクレマンは5〜6ユーロくらいから。ロゼでもさほど変わりません。

日本でも千円台から、モンソーでも2千円くらいのようですね。

リラ子

レストランのグラスシャンパン1杯とボトル1本が同じくらいじゃない? なんでなの?

胡桃

ブランドとしてのシャンパンではない、というだけなんです

日本食にも合う、アルザスのクレマン

スパークリングワインがシャンパンより美味しいことも。その違いとは

ロワールの人気が沸騰する前は、クレマンといえばアルザスが首位でした。これは特に、ロワールの方が優れているということではなく、シャンパンの風味に近いことや、商業上の力の入れ方が理由でしょう。

フランス国内ではクレマンの半分以上がアルザス産です。

ロワール、またはブルゴーニュのクレマンはシャンパンの代わりとしての役割が大きいですが、アルザスは隠れた宝石といえるくらい、乾杯によし、葡萄の種類にもよりますが食事によく合うんです。個人的には日本食にもよく合うと感じています。

胡桃

私はリピート止まらず、フランス暮らしの大変さも「まあいいか」と泡と消せる夕暮れが愉しくて

アルザスのクレマンは日本人が好きになると思う理由

スパークリングワインがシャンパンより美味しいことも。その違いとは

アルザス地方とは、フランスの地図に向かって右上の方。ライン川に沿ってドイツ国境に近いストラスブールからミュールーズへ南下する地域です。

アルザスのクレマンの特徴

ロゼはピノ・ノワールだけで作られ、オーガンジーのドレスのように繊細で口当たりが優しく、パワフルなシャンパンとは対極の感動があります。

白はクレマンにより以下の葡萄がブレンドされています

  • ピノ・ブランは繊細な爽やかさを
  • リース二ングはエレガントでフレッシュなフルーティーな香り
  • ピノ・ノアールは芳醇さを
  • シャルドネは繊細で軽やかな香りをもたらします。

リース二ングは特に、ワインの中でも食事に合うワインとして人気があります。濃厚なチーズ料理もリース二ングがあれば何とか消化できる?ような爽やかさです。日本ではリース二ングワインは人気がありますね。

アルザスのクレマンの白は、リース二ングの美味しさを味わえます。

いただく料理にもよりますが、日本食の食事にもよく合います。

リラ子

ブランドと値段から解放されると美味しい選択肢が増えるわね

日本のAmazonでロワールとアルザスのクレマンのセットを見つけました。辛口5本とやや甘め1本の6本セット。

眠れる森のフランス語胡桃
お読みいただき、ありがとうございました。

Merci et à bientôt !
スポンサードリンク

記事が気に入ったら
"いいね!"
Facebookで更新情報をお届けします。


無料でフランス語オンライン体験レッスン&受講相談受付中。


ベルリッツ

関連記事

  1. フランス語でアイスクリームを食べる!エレガントな注文フレーズ

    フランス語でアイスクリームを食べる!エレガントな注文フレーズ

  2. ボジョレ・ヌーボーによく合う!とろける牛肉の赤ワイン煮込みを作ろう

    ボジョレ・ヌーボーによく合う!とろける牛肉の赤ワイン煮込みを作ろう

  3. フランスのエピファニー、ガレット・デ・ロワに大奥かんむりが?

    ガレット・デ・ロワに大奥のかんむり?出現

  4. ブラックベリーフランス語

    ブラックベリーは夏のおわりの宝石

  5. 白アスパラガスを絶品に!簡単な茹で方と下ごしらえのコツ

    白アスパラガスを家で絶品に!ゆで方と下ごしらえのコツ

  6. 絶品ラタトュイユのレシピをフランスから

    ワイン通をうならせる!絶品ラタトュイユのレシピをフランスからお届け!

  7. チョコレート依存症はそんなにいけないか?フランス人のチョコ大好き事情

    チョコレート依存症はそんなにいけないか?フランス人のチョコ大好き事情

  8. フランスの小麦粉、美味しく使い分け

    フランスのシュークリームの皮はなぜゴワゴワ?フランスの小麦粉、美味しく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


トピック

  1. わかる!基礎

    遠いばかりじゃない副詞 loin。très, trop, plusそうは言わないフランス語3

新着記事

  1. アムールの国

    フランスの音楽学校再開。習い事は日常の大事なスパイス
    フランスの音楽学校再開。大人の習い事は日常の大事…
  2. アムールの国

    こんなはずではなかった?フランスの自転車アフターコロナ
    こんなはずではなかった?フランスの自転車アフター…
  3. 美味しい食のフランス

    スパークリングワインがシャンパンより美味しいことも。その違いとは
    スパークリングワインがシャンパンより美味しいこと…
  4. わかる!基礎

    àとfalloirが同じ意味に。覚えておくべき使い方
    àとfalloirが同じ意味に。覚えておきたい使…
  5. アムールの国

    テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!
    テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人…
  6. 勉強の仕方

    2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習
    2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習…
  7. アムールの国

    パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること
    パリ、フランスにもヘリコプター。外出制限は何のた…
  8. アムールの国

    黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
    黄色いベスト運動の真実とフランスの深〜い闇
人気記事 注目記事
  1. 黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
  2. DELF受験はムダじゃない。 B1を受けてよかった
  3. プレゼント、どうしよう・・悩む悩むフランス語
  4. 私の大好きを強調するならmaisと強勢形でフランス語っぽく
  5. 連絡しなくてごめんね。
  6. 目的語がないフランス語に危険が潜んでる
  7. フランス語の数字を覚えるならレシピ動画を見なさい。
  1. こんなはずではなかった?フランスの自転車アフターコロナ
  2. 2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習
  3. パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること
  4. 恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフランス語
  5. フランスの小麦粉、美味しく使い分け
  6. 届けばラッキー。泣ける!フランスのAmazon
  7. DELFのディプロムはフランスでどれほどモノをいう?
スポンサードリンク

最新記事をメールでお届けします

ニュースレターで記事をお届けします。メールアドレスは公開されません。

アーカイブページ