DELFB1合格に役立った問題集2選

http://nemurerumorifrancego.com/workbook-delfb1-recommention/

眠れる森のフランス語 DELFB1合格に役立った問題集2選

胡桃
Bonjour! 胡桃です

 

フランス語のDELF B1試験、私は決して褒められた点数ではなかったですが、私が使
ってとても有意義だった練習問題集をご紹介しておきたいと思います。

 

何度でも受けられるDELFですが、試験勉強はとても充実していました。特に、私は試験のための集中講座を受けていませんので、テキスト攻略に悪戦苦闘しながらも、
フランスのことを知っていく感動の日々でした。

 

胡桃
試験が終わったらフランス語の勉強しよう

なんて、試験の前なのに、勉強法を考え直したりしていました(笑)

 

私が使った問題集はこの2冊です。

左の画像の、ブルーの方です。2010年版ですが、フランスの社会の基本的なこと
を知りながらDELFの勉強ができるようになっています。

DELF B1では、自分とフランスの社会背景や社会問題などがテーマの中心になってく
るので、それら知らないと試験に臨めないわけです。

 

単語も知らない単語と類語のオンパレード。

 

私も最初はとても難しく感じました。それもそのはず、フランス人ならわかる=フラ
ンス人しか知らないような表現も出てくるので、想像も調べもつかないようなことが
ありました。

 

内容も、私の先生も「これ、ホントにB1?」と言いながら表紙を確かめたりしたこと
もあるくらい、難しい内容も出てきます。

 

読解テストの、‘表の問題` では、友達に勧めるのに最適な本を選んだり、工芸専門学
校の情報を掴んだり、一問読むのにに2日かかることもありました。

 

胡桃
それでも、フランスのことを知っていくのは楽しかったです

 

このテキストから実際に出題されている?

日本では5月と10月に試験がありますが、各試験会場で問題が違うようですね。そ
れで、どんな問題だったか?を知る機会もありますが、「ああ、このテキストのあそ
こが出たのね」という部分が無きにしも非ずです。

 

一方で、このテキストでよくできてるな、と思ったのは、DELFは文章作成と口頭表
現テストもありますので、聞き取りや読解に出てきた内容を、文章作成や口頭表現の
ネタに応用できるわけです。

 

え?がっかりするようなフランス語も使われている?

 

使われているテキストの内容は、決して優れた文章ではないようです。

私の先生は「何このフランス語・・・」とうなだれ、「なんでDELFを受験したい
の?」と聞いたくらい、俗っぽい表現も多いようです。

まあ、日常のフランス語となると、仕方ない部分もありますかね。

 

この問題集に立ち向かうにはかなり気力も体力もいるかも?という感じもしました。

私の力不足かもしれませんが、このブルーのシリーズのA1とA2が使いやすいのに比
べると、ちょっときつかったです。

 

勉強しながら、捨てられるとことろはないか?と探しておりました

(・ω・ ;)(; ・ω・)

 

単語と類語を調べながら犀(サイ)になった気分でのっしのっしと進めて行く感じ

( ̄^ ̄ 😉

時代にマッチ&ゆっくり学べる問題集 CD-mp3付き

上の画像の、右のテキストです。

なるべく多くの練習問題をこなそうと思ったのと、最近の話題、最近の過去問が載っ
ていると聞いて使ってみました。

 

一昔前だったら、試験問題でも携帯電話の存在の是非が問われていたようですが、今
となっては、スマホを見ながら歩くことの問題が取り上げられています。

 

音声は上記のブルーのと同じ人が喋っていますし、私の先生はテキストを見て、同じ
くうなだれていました。

少しずつ勉強して行くのに使いやすいテキスト

ブルーの問題集は、(A1, A2は問題ないと思いますが) B1は出だしからかなりのボリ
ュームがありますが、こちらのテキストでは、少しずつ問題を解いて、テストに慣れ
て行けるような構成になっています。

CDは mp3です。

 

特に感心したのが、読解テストの、‘表の問題` の解答欄。問われている5つの項目を
色分けして、回答はここにあり!とわかるようになっています(゜o゜)

見てください↓

 

胡桃
独学で受験する私たちの助っ人のようでしょう?

 

バレエを習っているリラ子さん
よほど愛情がないとできない編集だと思うわ

 

ブルーの問題集は字も小さめ、紙はてかるし、無駄な色使いが多くて夜なんて読めた
もんじゃない。でも、この問題集は、レイアウトがスッキリしていて文字も読みやす
い。

スクリプトを見るのも苦にならず、とにかく親切な構成です。

 

私は回答とスクリプトを本から切り離して使い、

勉強がすごく捗りました。

 

 

今後、私がB2を受けるときは、この問題集から始めて、次にブルーのを使おうと思っ
ています。

 

表紙に、100% réussite と書いてあって、日本語だったらさしずめ

必勝! 必ず合格!ってところでしょうか、私も頑張ればなんとかなるかな〜とヤル
気が燃えてきたものです(*^-^)

 

この問題集は、フランスの書籍の欧明社で購入できるようです。

ブルーのテキストはamazonがいちばんお得です。

 

ということで、私が使った2冊の問題集をご紹介しました。

勉強法については別の機会にお話したいと思いますが、単語と類語だけでも相当な量
を覚えることになると思いますので、単語だけでも早めに取り掛かるといいと思いま
す。

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt!

 

スポンサーリンク

 

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA