アムールの国、フランスのバレンタイデーはアツいよ

胡桃
Bonjour! 胡桃です

バレンタインデー♡ 

日本では女性は告白の日ということで、ドキドキしながらチョコレートを選び、意中の男性にプレゼントしてみる!!??日ですが(感謝チョコの話は割愛しますね)フランスのバレンタインデーは趣が違います。

 

フランスのバレンタインデーは、いやいや、さすがアムールの国❣️と感心するような日なんですよ。

 

それは

La  fête  des  Amoureux.

ラ フェットゥ デ ムルー

リエゾンをお忘れなくね(*^-^)

 

恋人たちのお祭り 

 

自分たちカップルの愛を二人でお祝いする日なのです。

フランス風にいうと、カップルが

優しさ、共謀、官能?に溢れた時間を過ごす日。

(´・∀・`) 

 

 

バレンタインデーとはそもそもなんのこと?

バレンタインデーの歴史を遡ると話が長くなってしまいますが、

元々は、269年にローマ皇帝の迫害かで殉教していた聖ウァレンティヌスに由来する記念日。

当時のローマでは2月14日は女神ユーノーの祝日だった。ユーノーは全ての神々の女王であり、家庭と結婚の神でもある  ・・・ウイキペディアより引用

 

カトリックに由来する古いお祭り、フランスのカレンダーには毎日聖人の日があり、2月14日は 聖人 Sait-Valentin の日です。

 

フランスのバレンタインデーはどのように過ごすの?

恋人同士のお祝いということで、男性が最愛の女性に赤いバラの花束を贈るのがポピュラーですが、

特に、二人でシャンデリアの下でロマンチックなディナーをとったり、互いにささやかなプレゼントやカードを送り合ったり。

古くからあるお祝いではありますが、バレンタインデーにこのように盛り上がるのは近年のこと、主流は若者のようです。

 

恋人がいない人にとってはちょっと寂しい?カップルの日です。

 

フランスのバレンタイン、男性から女性への贈り物ベスト3

真っ赤なバラの花束以外の定番の贈り物といえば

突飛なもの、いたずら心に溢れたもの、官能的なもの、美味しいもの・・・などですが、よく選ばれるのは

・香水

・ランジェリー

・アクセサリー

 

コスメを売る店では、レジに男性客の行列ができるし、ランジェリーショップやデパートの売り場にも普段に増して男性の姿が見られます。

 

香水

フランスのコスメショップは、parfumerie といい、香水店、化粧品店のことをさします。

昨今のフランスは、ひと昔前のように “香水臭い人” は少なくなったと感じますが、香りを贈る習慣はやはり、とてもロマンチックです。

自分に似合う香りを探すより、パートナーに選んでもらった香りの方が、客観的な自分のイメージだったりすることもあり、愛が深まるプレゼントですね。

 

ランジェリー

日本人からすると、セクシーな、という形容詞は勝負ナントカをさす?特別なものかもしれませんが、フランス女性はセクシーでいるのが当たり前。

バレンタインデーやノエルに限らず、フランス女性の多くはいつもセクシーなランジェリーをつけているのが普通です。

ただのスーパーの下着売り場にだって、それなりにセクシーなランジェリーが多くの人の目に止まる場所に飾られているくらい(゚Д゚;)

セクシーなランジェリーはフランス女性の日用品に過ぎないといえるかもしれません。

 

男性から女性へのランジェリーのプレゼントも特別なことではなく、売り場でカップルで買い物をしていたり、男性が店員さんと熱心に選んでいる姿も珍しくありません。

 

アクセサリー

アクセサリーの贈り物は、身につけるものとして特別な気持ちが込められて、洋の東西を問わずプレゼントの定番ですね。

女性から男性へのプレゼントもあり

バレンタイン商戦が繰り広げられるのはフランスも同じです。

フランスのバレンタインデーでは告白のためのプレゼントではなく、最愛の男性に、愛を深めるためのプレゼント。選ばれる物は様々ですが、

・ベルト、革小物など

・下着

・アクセサリー

などが好まれるようです。香水もありでしょう。

 

私が旅行者だったころ、在仏8年で同じ年の日本人女性の友人とパリで買い物をしていたとき、彼女はメンズの香水売り場に行き、あるボトルを手に取り、

「ねぇ、この香り、どう思う?」

「いい香りね」

「今度彼ができたらこの香水をつけてもらおうと思ってるの」

w(゜o゜)w 

 

彼女はこのとき、ひどい形で恋を失ったばかりだったのですが、

私はアムールの国に暮らす彼女を眩しく、感動すら覚えたものです。

フランス人のバレンタインデーの過ごし方

二人で過ごす 

家庭によって様々ですけれど、子どもがいても夫婦でディナーに出かけたりします。

タイミングが合えば、コンサートや劇場などに行ったり、イベントを週末に持ち越したらり、カップルは思い思いに過ごします。

 

レストランではバレンタインデーの特別メニューを用意するところも多く、予約でいっぱいになる店もあります。

バレンタインデーの夜のレストランは店によっては入れないこともあるので旅行中などは注意が必要です。

 

私がフランスのバレンタインデーでびっくりしたこと

大したことではないのですが、フランス語のことです。

突然耳にした

「サンヴァロンタン」というフランス語。

 

「なに?なに?なんのこと??」

 

これが例えば

le  14  février  から始まって、

le  quatorze  février,  c’est  la  Sant  Valentin.

と聞けば見当がついたかもしれないのですが、

一息で発音される

“サンヴロンタン”  と聞いたとき、何のことだかわからなくて。。。

 

知ってるつもりの和製英語、フランス語になるとダメじゃん(p_q、)の見本のようでした。

ホワイトデーには何を贈ろう?

 

日本でバレンタインデーが流行りだしたのは1058年頃からで、世に定着したのは70年代後半で、仕掛けたのはモロゾフ といわれています。・・・

その後、菓子業界では、返礼の日を設けたらどうだろう?という動きが始まった。  ・・・ウイキペディアより引用

義理堅い日本?いや、販売商戦モリモリの日本にはお返しの日があり、フランスでホワイトデーの話をすると驚かれますが、年に一度のチャンスですので意中の女性には気持ちをしっかり伝えたいものですね。

 

フランス人男性のマネはしづらい社会背景があるものの、ちゃんと選んだ甘いものと一緒に香水など添えたら、けっこう喜ばれるのではないかと思いますよ(*^-^)

・上品で美味しい苺トリュフ、私が自信を持ってオススメします♬

 

・フランスワイン好きの女性を唸らせるなら、貴腐ワインチョコレートもオススメ。2713円

 

・よく売れている人気の女性用の香水はお得な amazon

 

カップルが固ゆで卵にならないように、スパイスを振りかけて鮮度を保ちながら愛を深めていく努力? 面倒くさがればそれなり、やり甲斐のある努力かもしれませんね。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

Merci  et  à  bientôt!

 

スポンサーリンク

 

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA