秋の気配を感じる。フランス語で季節の移り変わりを表現するポイント

    | 更新日:2018/11/14

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です。日本独特の四季の移ろいを、日本語をフランス語に直してもなかなか通じないものです。日本語とフランス語の表現の違いに注目しながら、季節の移り変わりの表現を見ていきましょう

 

・季節:saison セゾン  女性名詞

・四季:quatre  saisons

    キャトル セゾン 女性名詞複数形

・季節の(形容詞):

 saisonnier,  saisonnière

  セゾン、    セゾ二エール

*DELF B1で travail  saisonnier 季節労働 という言葉が出てきます。

▽形容詞の女性形、男性形についてはこちらの記事で詳しく書いています。

四季の単語は全て男性名詞

1段目は冠詞なし、2段目は定冠詞つきです。

春: printemps   プランタン

       le  printemps  ル  プランタン

春に:au  printemps

   オ プランタン 

夏:  été エテ

     l’été レテ

夏に:en  été オンネテ

秋:  automne ロトンヌ

        l’automne ロトンヌ

秋に:en  automne  オンロトンヌ

冬:  hiver イヴェール

        l’hiver リヴェール

冬に:en  hiver オンニヴェール

フランスの季節の移り変わりをりんごで表現

日本で桜が咲くように、フランスの春を告げる代表的な花の一つがりんごの花。りんごを例に、小学3、4年生くらいのテキストをご紹介します。

動詞の単純未来を学ぶディクテのためのテキストですが、日本語とフランス語の表現の違いを知る上でなかなか興味深いです。

書かれている時期は、もうすぐ春。3月頃でしょうか。

Bientôt  le  printemps

L’abeille  déposera  le  pollen  dans  les   fleurs  du  pommier.

Quand  les  fleurs  faneront,  des   petits   fruits  verts  les  remplaceront.

Tout  l’été  ces  pommes  grossiront,   puis  mûriront.

En  septembre,  vous  les  cueillerez, vous  les  mangerez  en  compote.   

出典:Bescherelle Dictées 

日本語の意味

 

もうすぐ春。

ミツバチは花粉をりんごの花に運ぶ。

りんごの花が咲き終わると、緑色の小さな実がつき始める。

夏中かけて、りんごは大きくなり、熟す。

9月にはそれをもいで、コンポートにして食べます。

りんご、りんごの木 テキストで注目すべき単語

déposer

意味:(持っていた物を)置く、下ろす

ミツバチにも使えるなんて、フラ語ショック(* ゚ω゚ *)な感じです。

 

pommier

意味:りんごの木

フランスでは桜のような存在、日本からイメージすると果樹園の風景を想像するかもしれませんが、フランスでは庭にりんごの木があるのも普通です。

いつも通る道のお庭のりんごの木が、花が終わってから実をつけ始めて大きく育って(だいたい日本の紅玉くらいの大きさですが)いく様子は、日々、季節の移り変わりを感じさせてくれます。

〈星の王子さま)でも、りんごの木の下にキツネがいましたね。

une  pomme ユヌ  ポム と un  pommier  アン  ポミエール はフランス語学習にも欠かせない単語ですので、発音共々覚えておきましょう。

 

名詞の性を覚えるなら⇩

・Madame  pomme
  マダム ポム

・Monsieur  pommier 
  ムッシュウ ポミエール

 

▽名詞の性の覚え方のひとつ

faner 

このテキストでは自動詞の意味で、(草花)がしおれる→日本語で言う「花が咲き終わった」というような表現に当たります。代名動詞 se  faner と同じ意味です。

*他動詞の意味は、(草花)をしおれさせる。ハーブを摘み取って乾燥させる、というような状況で使い、sécher, dessécher と同じ意味です。

mourir に、「枯れる」という意味がありますが、私たちは花瓶などに生けた切り花が「咲き終わる」ことと、「枯れた」と「しおれた」を区別して使いますね。

バレエを習っているリラ子さん
日本の日常では花が咲き終わったら「この花はもう終わり、咲き終えた」なんて言うわね。「枯れた、しおれた」っていうとちょっと悲しい感じもするわ

なので、花の移り変わりは日本語の意味と一致しなくてスッキリしないかもしれませんが、faner を使うと通じるフランス語になります。(類語:défraîchir,  décolorer,  flétir,  ternir

日本語を学ぶネイティブがしばしば日本語で「花が 死んだ」と言うのを聞くと、有難く納得しますね(*^-^) 

 

remplacer 

意味:代わる、取り替える

花から果実になる という意味で使われています。

バレエを習っているリラ子さん
なるほど!「移り変わる」感じが表せるわね

花が咲き終わって実をつける をフランス語で書きなさいと言われたら、remplacer で表すことが出来るわけです。何かにつけよく使われる動詞ですので、ちょっとマークしておくといいと思います。

 

compote de pommes

りんごのコンポート。

compote コンポォトゥという単語はりんごのファミリーとして知っておくといいです

りんごに限らず、洋梨、杏、バナナなど、ヨーロッパでは様々なフルーツのコンポートが出回っています。

フランスのホテルの朝食で、ヨーグルトとも違う、プラスチック容器に入った何だろう?を見かけたかもしれません。私の住むノルマンディ地方は特にりんごの産地、コンポートは毎日食べるもの、朝食のルームサービスにももれなくついてくるくらいです。

それで、「日本でもコンポートを食べる?」なんて聞かれることもあります。私たちは「たまに作って食べることもあるけど・・・」程度ですよね。

因みにフランスのコンポートの形状は一般的に、生ジュース以上ジャム未満程度に果物の正体がありませんが、メーカーによってはmorceaux =果肉の形が残るものもあります。

フランス語で「秋の気配を感じます」

・On  sent  l’automne.

  オン ソン ロトンヌ

よりきれいな表現⇩

・On  sent  venir  l’automne.

  オン ソン ヴニール ロトンヌ

もっときれいな表現⇩

・On  sent  l’approche  de  l’automne.

  オン ソン ラプロッシュ ドゥ ロトンヌ

 

秋の を表すのに覚えておきたい形容詞

automnal, automnale

オトナル 発音は男女同じ

 

色づいた木々

des  arbres  automnaux  

デ ザーブル オトノ

紅葉は葉っぱが色づくことですが、まとめて!このように表すことも出来ます。

 

フランス語で「春が来た」「秋になった」

「春が来た」

・Le  printemps  est  arrivé.

  ル プランタン エ アリヴェ

 

「秋になった」

・L’automne  est  arrivé.

  ロトンヌ エ アリヴェ

 

フランスと日本の花や気候の違い

日本の春は、そこはかとなく春がやって来る感じですが、ヨーロッパの春は、まるで壁紙を張り替えたかのように春に変わる感じがします。

花々はミモザ、大手毬、リラ、マグノリア、りんごの花、クチナシ、芍薬、菊など、

咲く時期が決まっている花は日本同様にいくつもありますが、フランスの初夏から秋までの長い間、日本でいう春の草花が咲き続け、街はお花畑のようになります。

日本ではとっくに終わっている花がいつまでも咲き続けていて、日照時間と気候の違いですね。

夏の終わりまでタンポポやコスモス、シロツメクサ、アカツメクサなどが咲き続け、クレマチスや立ち葵も10月始めくらいまで見られます。

切り花では、日本の冬の花の代表、フリージアは夏の花です。

また、日本人が暑くもなく寒くもなくちょうどいい、気持ちいいと感じる気温は22度くらいだと思われます。

個人差もありますが、内陸部や北部のフランス人には太陽が出て20度を超えるとちょっと暑いようです。

日本の季節が移ろう感覚とフランス語のマッチはすんなりとはいかなくても当然ですね。

 

桜は、cerisier より、さくらと言おう

日本の象徴でもある「桜」は、フランスでももはや sakura として定着していますので、cerisier と言わなくていい、と教わったのはもう10年以上前のことです。

日本に興味のない人にはこの限りではなく、「さくらは cerisier と言うんだよ」というフランス人もいます。

相手によって使い分けという感じですが、基本的に sakura  でいきましょう。

 

おわりに りんごはやっぱり Japonの “ふじ” が好き

フランスのりんごの中には日本の「ふじ」があります。売っているところは限られているようですが、甘みと酸味のバランス、香り、身がしまった歯ごたえは数あるフランスのりんごの中でも私にとってはやはり格別、というか、美味しい!幸せになるりんごの味です。

 

フランスのりんごは生で食べるか、お菓子にするのに加熱に向いているか、コンポートに向いているか、シードル向きか?などで選びます。

 

それではまた!

Merci  et  à  bientôt !

旅で役立つ会話とグッズ&フランス語学習本など
スポンサーリンク

 

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

2018年 フランス人気ビーチランキング第5位
ドーヴィルの海、ロマンチックな初冬の様子をアップしました。
数々のグランプリに輝いた映画「男と女」の舞台になった情緒あふれる風景をお楽しみください(^^)

関連記事

  1. フランスのソルド

    trouverを使い回せばフランス語会話がけっこう行ける!そうは言わな…

  2. pouvoir savoir 使い分け

    pouvoirとsavoir の使い分け。何で待てないの?そうは言わな…

  3. フランス語で表す新茶

    新茶をヌーボーと言わないで。そうは言わないフランス語1

  4. フランス語王女王子

    王子、王女、悪魔、妖精、・・よく見かけるフランス語7ワード

  5. フランス 太陽

    フランス語で「太陽」「太陽の光」の表現。そうは言わないフランス語6

  6. フランス語の on の意味は? nousとの使い分けのポイント

  7. 関係代名詞要らずで簡単に言い表せる”その人” …

  8. 遠いばかりじゃない副詞 loin。très, trop, plusそう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


YouTube 胡桃のチャンネル



ブログをメールで受信

メールアドレスを記入すると更新をメールで受信できます。
アドレスは公開されませんのでご安心下さい。

最近の記事

  1. フランス 太陽
  2. フランス語カルメン
  3. パリ ポンピドー
  4. フランス語王女王子
  5. 海外旅行 紛失

トピック

  1. フランス語講座

最近の記事 注目記事
  1. フランス 太陽
  2. フランス語カルメン
  3. パリ ポンピドー
  4. フランス語王女王子
  5. 海外旅行 紛失
  1. 語学モチベーション上がらない

アーカイブ

スポンサーリンク