覚えやすいフランス語の間接目的補語の代名詞と場所を示すY

http://nemurerumorifrancego.com/indirect-object-french

胡桃
Bonjour! 胡桃です

覚えやすいフランス語の文法 直接目的補語の代名詞と他動詞

に続いて、フランス語の直接目的補語の代名詞の文法をみていきましょう。

 

胡桃
私、オーロラ姫にバラをプレゼントするの

バレエを習っているリラ子さん
いつオーロラ姫にバラをプレゼントするの?

フレーズの中の「誰に?」に当たる目的語は「オーロラ姫に」です。

目的語である「オーロラ姫に」を、フランス語では繰り返すのを避けるために、「オーロラ姫に」を「彼女に」に、と言い換えましょう、というのがフランス語の間接目的補語の文法です。

 

直接目的補語の代名詞が「何を」「誰を」に相当するのに対して

間接目的補語の代名詞は「何に」「誰に」に当たります。

 

日本語では会話の中で目的語を省略して使ったりするのが常ですが、フランス語では目的語なしの文章は成り立たちません ( *´Д⊂ 

フランス語のフレーズで目的語が空白にならないように基本を押さえておきましょう。難しいことはないので大丈夫!

フランス語の間接目的補語の代名詞の使い方

パリ・オペラ座バレエ ロメオとジュリエットのリハーサル

 

直接目的補語を使う例文です。

 

疑問文:

Est-ce  que  tu  téléphones  à  Roméo  et  Juliette ?

エスク テュ テレフォヌ ア ロメオ エ ジュリエットゥ?

「ロメオさんとジュリエットさんに電話するの?」

 

Oui,  je  leur  téléphone  ce  soir.

ウイ、ジュ ルール テレフォヌ ス ソワル

「ええ、彼らに電話するわ」

 

Non,  je  ne  leur  téléphone  pas.

ノン、ジュ ヌ ルール テレフォヌ パ

「ううん、彼らに電話しないわよ」

 

このように、一度持ち上がった話題について、話したり、書いて説明したりするときなどに、目的語となっている人称を繰り返さないために、下記のように代名詞に置き換えてます。

もし置き換えないと?「ロメオさんとジュリエットさん」をしつこく繰り返すことになってしまいますね。

で、代名詞をうっかり忘れると?

誰に電話をすると言っているのか、相手に通じなくなります(;´д`) もちろん、日本語のように想像してもらえないではないですが、フランス語のフレーズとしては完璧ではないですね。

パズルを組み合わせるように慣れていきたいものですね。

フランス語の間接目的補語の人称代名詞の作り方

「私」「あなた」 人称代名詞を確認しておきましょう。

といっても、直接目的語の人称代名詞と違うのは、

三人称の 

il, elle → lui

 ils, elles leur

 だけです。

 

直接目的語

私を                   me  (m’  )

君を                         te  (t’  )

彼を、それを         le  (l’  )

彼女を、それを     la  (l’  )

間接目的語

私に             me  (m’  )

君に                te  (t’  )

彼に           lui

彼女に       lui

直接目的語

私たちを         nous

あなたを/あなたたちを   vous

彼らを、それらを            les

彼女たちを、それらを    les

 

間接目的語

私たちに           nous

あなたに/あなたたちに   vous

彼らに             leur

彼女たちに     leur

 

✅ 語順は、原則的に動詞の前です。

✅ lui は強勢形と同じ?leur は所有形容詞と同じ?

目的語の代名詞は動詞の前ですので使い分けに心配はいりません。

私は ロメオ=彼  に 電話をかける

 

男性単数形

Je  téléphone  à  Roméo.

ジュ テレフォヌ ア ロメオ

私はロメオに電話をかける

Je  lui  téléphone.

ジュ リュイ テレフォヌ

私は彼に電話をかける

女性単数形

Je  téléphone  à  Juliette.

ジュ テレフォヌ アジュリエットゥ

私はジュリエットに電話をかける

Je  lui  téléphone.

ジュ リュイ テレフォヌ

私は彼女に電話をかける

複数形

Je  parle  à  Roméo  et  Juliette.

ジュ パァル ア ロメオ エ ジュリエットゥ

「私はロメオとジュリエットに話す」

  Je  leur  parle.

ジュ ルール パルル

「私は彼らに話す」

間接目的語でよくつかわれる、前置詞 à を伴う動詞

コミュニケーションの上でもよく使われる動詞です。

à 以降の人称、à vous  や  à  toi  などが、代名詞  vouste に言い換えられます。

parler  à

パァレ ア

話す

téléphoner  à

テレフォネ ア

電話する

écrire  à

エクリィル ア

書く

répondre  à

レポンドル ア

返事/返信する

demander  à

ドゥマンデェ ア

尋ねる 

emprunter  à

オンプランテェ ア

借りる

prêter  à

プレテェ ア

貸す

rendre  à

レンドル ア

戻す

dire  à

ディール ア

言う

offrir  à

オフリィル ア

贈る

sourire  à

スゥリィル ア

微笑む

souhaiter  à

スゥエテェ ア

願う

 

✅   〈 penser  à 〉 と  〈s’intéresser  à 〉 は、強勢形で用います。

・Je  pense à  toi.

 ジュ ポンス ア トワ

 私は君のことを考えている

 

・Je  m’intéresse  à  lui.

 ジュ マンテレッス ア リュイ

 私は彼に興味があるの

フランス語の間接目的補語の代名詞の否定形の作り方

✅ 代名詞の前に ne  、動詞の後に 否定形

Je  ne  te  téléphone  pas.

 ジュ ヌ テ テレフォネ パ

 「君に電話しない」

 

Je  ne  leur  parle  plus.

 ジュ ヌ ルール パルル プリュ

「もう彼らに話さない」

副詞的な代名詞 Y の使い方

場所をそっくり引き受ける、代名詞 Y の使い方

胡桃
私、モンサンミッシェルに行くわ

 

バレエを習っているリラ子さん
あら、モンサンミッシェルにどうやって行くの?

 

モンサンミッシェル、モンサンミッシェル・・とうなされたように?繰り返すのは避けたいことなので、場所についても代名詞を使います。

それが Y です。

直接目的語の en 同様に、日常生活に欠かせない代名詞です

 

代名詞  Y  を使う例

Je  vais  au  Mont  Saint  Michel.

ジュヴェ オゥ モンサンミッシェル

「モンサンミッシェルに行くわ」

⇩ 

Comment  y  vas   tu?

コモン イ ヴァ テュ?

 

J ‘y  vais  en  bus.

ジィヴェ オン ビュス

「そこへ バスで行くわ」

 

On  va は目的語のない日本語です! 

必ず on  y  va  と使ってね!

  オニィヴァ

参考記事:急ぐことや予定を表す近未来形の使い方

Je  suis  chez  moi.

ジュスイ シェ モワ

「私は家にいます」

J’ y  suis  jusqu’à  dix  heures.

ジィ スイ ジュスカ ディザ〜ル

「私は10時まで家にいるわ」

 

♬ 発音するときにリエゾンを忘れずに!

   Vous  y   habitez ?

 ヴ ジィ アビテ?

 

  Nous  y  allons ?

 ヌゥ ジィ アロン?

à +物 も引き受けるY

Je  pense  à  mes  vacances.

ジュ ポンス ア メ ヴァコンス

「ヴァカンスのことを考えてるの」

J’ y  pense.

ジィ ポンス

ヴァカンスは物質的なモノではありませんが、このように使えます。

 

✅ 先ほど上げた、前置詞 à を伴う動詞は、〈à +物〉と共に使われても y は使わず、あくまで間接目的語の代名詞 lui,  leur と共に用います。

✅ en と y を一緒に使うことは〈Il y en a.〉という表現をのぞいて、ありません。

まとめ

フランス語の直接目的語と間接目的語の代名詞の語順として、まずはこの形をリエゾンと一緒に覚えておくといいと思います。

胡桃
モンサンミッシェルなら覚えられる!

・J ‘y  vais  en  bus.

 ジィヴェ オン ビュス

「そこへ バスで行くわ」

 

・Roméo  offre  des  roses  à  Juliette.

 ロメオ オフレ デ ローズ ア ジュリエットゥ

「Roméo   は Juliette  に des roses(何本かのバラ) を プレゼントする」

この文を代名詞に置き換えると

⇩ ⇩

「①彼は ②それらを ③彼女に ④プレゼントする」

⇩ フランス語で

 ①              

Il     les     lui    offre.

イ   レ    リュイ  オフレ

 


バレエを習っているリラ子さん
オペラ座の若いダンサーたちがみんな踊りたがっている役だから、イメージを持つと覚えやすいわ

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA