許可を求める美しいフランス語表現はどこへ?

http://nemurerumorifrancego.com/permission-french-expression

眠れる森のフランス語 許可を求める美しいフランス語表現はどこへ?

胡桃
Bonjour! 胡桃です

時代の変化とともに社会で使われる言葉が変わって行く流れは、フランスにおいても顕著であると言われています。
フランス語を学ぶ日本人として「フランス語の丁寧な表現」を使いこなせるようになりたいと思うものですね。

ですが。

私たちの気持ちとは裏腹に、本国フランスでは、これまでは考えられなかったフランス語の表現が社会生活に浸透しています。

例えば「・・・しても よろしいですか?」と、相手に許可を求める表現、
これをフランス語で最も丁寧に言うなら、pouvoir を倒置して使う表現

“Puis je + 不定詞+・・・  

あなたも本で見たり習ったりして、覚えなければ!と思ったフレーズの一つではないでしょうか。

ところが。

“Puis je + 不定詞+・・・ で尋ねる表現は、もはや覚えなくてもいい表現の一つと成り果ててしまったそうです (゚Д゚; 

衝撃の証言 その1 私のC先生の話

C先生は1年前から日本語を「書く」ことに本格的に取り組み、「とめ、はね、はらい」と書き順の習得に励んでいました。
慣れない筋肉を使って手を痛めてサポーターを巻いていらしたこともあり、日本語を書く「ペン」選びが切実な問題になってきて、先生はパリで手にあった万年筆を見つけました。

問題は、この時のお買い物フレーズ。
素敵なペンを見つけたC先生は、お店の人に

C先生
“Puis-j’essayer d’écrire avec ce stylo ?” 

 ピュイジェセイエ デクリール アヴェック ス スティロ?

「このペンで試し書きをさせていただいてもよろしいでしょうか?」

パリにバレエを観に行くリラ子さん
もちろんです、さあ、どうぞ、と白い紙が差し出されることでしょうね

ところが。

店員Aさん
はあ?

ここで3秒フリーズ。

C先生
なんてコッタ、本当にフランス語が通じないのだ 

と理解し、全部で5秒フリーズ後

C先生
Est-ce que je peux essayer d’écrire avec ce stylo ? 

エスク ジュ プゼセイエ デクリール アヴェック ス スティロ?

と尋ね直して、試し書き&お買い物終了。

 

衝撃のフランス語 その2 四つ星ホテルで働く友人の話

C先生の話に驚いた私は、フランス全土から訪れる宿泊客と日々対応している友人に質問しました。

胡桃
“Puis-je ・・・” は、フランス語として通用しなくなったって、本当??

ホテルのSさん
そうだね、大抵、 Je peux, Je peux, だね、Est-ce que がつけば、いい方かも

と残念そうな表情(´・ω・`)

 

胡桃
じゃあ、フランス語を勉強している日本人はどーすればいい訳?

C先生
Puis-je・・・は、très beau français =美しいフランス語です。でも覚えなくていいです。もう、フランスで通用しない表現だから

と、ため息混じりに。

私たちがフランス語で許可を求める言い方とは?

私たちがフランスで「・・・してもいいですか?」を尋ねる時のフレーズは
 ⇩ 丁寧さや簡略さを気にせずに、これだけで大丈夫。

“Est-ce que je peux +したいことの不定詞 ・・・

“Est-ce que je peux regarder  ici ?”

エスク ジュ プ ルギャルデ イスィ?

「店内を見て回っていいですか?」

“Est-ce  que je peux le toucher ?”

エスク ジュ プ ル トゥシェ?

「手にとってみてもいいですか?」

 

もちろん、今現在だって “Puis-je ・・・ を使う人は少なからずいるでしょう。

今30代くらいの人は言葉は知っているものの、35歳以上でないと使っていなかったと思われ、日常生活の中で使われることが激減した言い回しだそうです。
両方覚えて使い分ければいちばんいいでしょうけれど、

これは日本語で言うところの「死語」のようなもの?と思ってSさんに尋ねると、

ホテルのSさん
une expression disparue =何処かへ行ってしまった表現

ですって(´・ω・`)

私たちが日本語の接遇の言い回しのように、フランス語に対応させて考える必要はなくなったようです。

 

ついでに形容詞を一つ覚えておきましょうか、

disparu, disparue

ディスパリュ

意味は、 見えなくなった、姿を消した 

 

使い方は
soleil  disparu  ソレイユ ディスパリュ

沈んだ太陽 とか、行方不明 など 


このようにフランス語が変わってしまった最たる原因は、スマホの浸透でしょう。
フランス語の長い綴りを記号のように短くして、簡単な文でやりとりする日常となり、10年、12年、と、星が一回りをする年月が過ぎて、
そんな時代に育った人がジャーナリストやマスコミとして表に立つようになり、社会へ影響を及ぼす人も言葉も変わってしまったのですね (´;ω;`)


お読みいただきありがとうございました。2016年頃からの、私が知る限りのフランス語の「今」について記しました。
フランス語を学ぶあなたに少しでもお役に立つことがありましたら大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

許可を求める美しいフランス語表現はどこへ?” に対して1件のコメントがあります。

  1. MIOさん より:

    今日 初めて拝見し 夢中で読みました。
    フランス語を3年習ったとき、子育て(受験期)と社交ダンス(半仕事?)と仕事とでおうげN
    今こうして手が離れると なんて時間が無かったことかと、また、先生には苦々しい残念な生徒に映ったかもしれません。

    お便りしたのは「丁寧な表現!」現地の的確な方からの美しいLady のための表現を教えて頂きたく思います。。

    若き頃(結婚前)、半年ほど優雅に一人旅をしました。un-limited のカード2枚持って
    カプリ島で夏を4つ星ホテルで過ごしていた時、すっかりホテルに馴染みました。
    冬はロンドン、夏はカプリかサルデーニアのコンセルジュをするジュセッペが
    わたくしの英語を正してくれました。
    4つ星に滞在する女性の中で最もエレガントだと思われるフレーズへ。
    あれから30年 2年に一度は 30日から60日海外へ行きました。
    ホテルやレストランで 大切にされるのは 流暢な英語ではなく 場にあった雰囲気(物腰)、スピード、フレーズだと思います。そう上手くなくても とても大切にされました。

    ジュセッペの他にもう一人、ロンドンの美術商のマダムは イスラム系でしたので 殊更にスノッブでした。馴染んだ4つ星にイエローの私を連れていくのは 少々嫌だったのではないかと。。。思います。
    歩き方だけは ダンサーはきれいで そのときの「ミス サイゴン」の出演者に違いないと、毎日通った美術館の職員に言われた時は、、、複雑でした。。。ベトナム人???

    もしフランス語でそのような「LADY のためのフランス語」あればご紹介ください
    ブログ 楽しみにしてます

    1. 胡桃 より:

      MIOさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。MIOさんは女優さんのごとくお美しい方でいらっしゃるのですね。社交ダンスは私も習い事の域ですが打ち込んだことがあります。パリのカフェで「ヘーゼル・ニューベリーに似てるね」と言われてけっこうその気になり笑笑 
      “ホテルやレストランで 大切にされるのは 流暢な英語ではなく 場にあった雰囲気(物腰)、スピード、フレーズだと思います。そう上手くなくても とても大切にされました” 私も同じように思います。本当に言葉以前のことですよね。大切にされると、言葉も頑張ろう、と良い循環になりますね。
      フランス語の丁寧な表現については、小ブログのポリシーでもあり、通じればいい表現ではなく、私がこちらで習ったあるべきフランス語を、依頼表現、疑問文、vouloirの使い方などでご紹介しております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたしますo(*⌒─⌒*)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA