通じる聞き取れるフランス語のキモ、わかりやすいリエゾンまとめ。

リエゾン
通じる聞き取れるフランス語のキモ、わかりやすいリエゾンまとめ。

胡桃
Bonjour! 胡桃です。リエゾン、難しく感じますか?

 

知っている単語の並びなのに、なぜだか聞き取れないことはありませんか?

 

バレエを習っているリラ子さん
あるわよ〜簡単なことがリエゾンしていて聞き取れないと、すっごいショックよ

 

今日はフランス語のリエゾンの決まりをわかりやすく説明します。

 

エリジオン、アンシェーヌマンについては

 

 

リエゾンの目印は、グリーンのマーカーです。

突然ですが、あなたがフランス人に

「写るのです」

「写るんです」

の違いを説明するとしたら、どんな風に教えますか?

 

バレエを習っているリラ子さん
写るんです、の方が発音がスムーズよね

 

そう、この感じがリエゾンなんです。

 

私が日本語を教えているときに、主に書き言葉の「る」が、話し言葉では「ん」にな
ることが多いと説明したら、

「ああ、それはリエゾンだね」とフランス人から教わりました(*^-^)。

 

 

フランス語のリエゾンとは?

結びつきの強い2つの単語の間では、2つ目の単語が母音で始まってい
るとき、最初の単語の語末の子音字の音が発音される決まりがあります。

 

 

例えば

 

Lilako  est  très  élégante.

 

というときに、普段は très は、トレ と発音しますね?

 

ですが、élégant(e) は母音で始まる綴りのため、いつもは発音しない 

très の s を発音する決まりがあります。

 

そこで、 très  élégant(e)

     トレレガント(ゥ)

 

と発音されます。

 

つまり、元々はない音が現れるのです。

 

このように

単語と母音字で始まる単語が手をつなぐ規則をリエゾンといいます

リエゾン liaison には、関係、関連といった意味があります。

 

普段のフランス語学習で敵視すべき?カタカナですが、リエゾン、には、カタカナに
助けてもらいながらモリモリ慣れていきましょう(*^-^)

リエゾンは3種類、手をつながない決まりもある

リエゾンはいつでも単語と単語を続けるのではなく、次の3種類があります。

 

手をつながなくてはいけないリエゾン

 

手をつないではいけないリエゾン

 

つなぐかつながないかはお任せのリエゾン

 

 

最初に、 h で始まる単語←重要! について確認しておきましょう!

 

 

それでは、3つのリエゾンを詳しく見ていきましょう!

そのリエゾンは必ずだよ

次の単語の後に母音字が続いたら、必ずリエゾンする

 

un,  des,  les,  ces, 

 

mon,  ton,  son, 

 

mes,  tes,  ses, 

 

nos,  vos,  leurs, 

 

aux,  aucun,  tout, 

 

quels,  quelles,  quelques, 

 

全ての数字

 

 

用例:

 

・un  examen

  アングザマン

     「ある試験」

 

・des  enfants

   デンファン

 「何人かの子どもたち」

 

聞き取りやすい単語はいいけれど、こんなの↓は?

 

・des oeufs

   デズー 

    「いくつかの卵」

 

無音の h は母音と同じ扱いになります。

 

・des  heures

   デズー

 「何時間か」

 

 

・des  htres

      デズュイットル

  「いくつかの牡蠣」

 

 

・mes  amis

   メ

 「友人たち」

 

 

   ・dix  euros

    ディ

    「10ユーロ」 など。

 

形容詞+名詞

 

・un  petit  enfant

   アン プティンファン

 「一人の小さい子ども」

 

 

・des  petits  enfants

   デ プティンファン

 「何人かの小さい子ども」

    

 

 

on,  nous,  vous,  ils,  elles に母音字が続く場合

ついでに前出のリエゾンも登場してるよ♪

 

・On  est  d’accord.

  オ ダコー

 「意見が一致」

 

 

・Nous  avons  un  enfant.

  ヌヴォン アンンファン

 「私たちは子どもが一人います」

 

 

・Vous  avez  deux  euros?

  ヴヴェ ドゥロ?

 「2ユーロお持ちですか?」

 

 

・Elles  ont  des  oiseaux. 

  エルン デワゾ

 「彼女は鳥を何羽か飼っている」

 

 

être の est に母音字が続く場合

・C’est  un  château.

  セン シャトー

 「それはお城です」

 

 

・Il  est  entré  dans  la  maison.

    イレントレ ダン ラ メゾン

 「彼は家の中に入った」

 

 

avoir の ont に母音字が続く場合

・Elles  ont  une  valise.

     エルトュンヌ ヴァリーズ    

 「彼女たちはスーツケースを1個持っている」

 

 

・Il  est  entré  dans  la  maison.

     イレントレ ダン ラ メゾン

  「彼は家に帰った」

 

 

 

quand と comment に母音字が続く場合

・Quand  on  arrivé  à  la  gare,

      コンリヴェ ア ラ ギャール

    「私たちが駅についたとき」

 

 

・Quand  il est sorti,

      カンティル イレ ソルティ

 「彼が出かけたとき、」

 

 

・Bonjour,  comment allez-vous?

     ボンジュール、コマンレヴ?

 「ボンジュール、お元気ですか?」

 

 

短い副詞 に母音字が続く場合

・ Elle  est  très  élégante.

     エ    レ   トレレガントゥ 

     「 彼女はとてもエレガントです」

 

 

・C’est  très  important.

      セ トレンポルタン

 「それはとても重要です」

 

 

・ Il  est  plus  occupé  que  Marie.

       イレ プリュキュペ ク マリー

  「彼はマリーより忙しい」

 

 

 

dans, chez, sans, en に母音字が続く場合

・dans  une  voiture

   ダンズュヌ ヴォワチュール

  「車の中」

 

・chez  eux

   シェ

  「彼らの家」

 

・sans  explication

   サンクスプリカスィオン

  「説明なし」

 

 

決まった表現のリエゾン

・avant-hier

   アヴォンティエール

 「おととい」

 

 

・c’est-à-dire

   セディール

  「つまり」

 

 

・de  temps en temps

   ドゥ タンンタン

 (発音はどちらかというと、トンゾントンが近い)

  「時々」

 

 

・mot à mot

     モタモ

 「言葉から言葉へ(逐語的に(な))」

 

 

・plus  ou moins

   プリュズモワン

 「多かれ少なかれ」

 

 

・un sous-entendu

   アン スーンタンドュ

  「控えめな」

 

 

・tout  à  fait

     トゥフェ

    「全く」

 

 

・tout  à coup

   トゥクー

  「突然」

 

 

・à  tout  à  l’here

   ア トゥタルール

  「後ほど」

 

 

・les  États-Unis

     レジュ

 「アメリカ合衆国」

 

 

リエゾンしてはいけないパターン

 

 

リエゾンしない部分は / をつけています。

有音のh

有音の h はリエゾンしません。

こちらの記事でくわしく書いています。

 

 

名詞の単数形+形容詞

・étudiant / intelligent

 

     ◎ エテュディアン ンテリジョン

   ✖️ エテュディアンザンテリジョン

    「優秀な学生」

 

 

過去分詞の後

・ Ils  sont  allés  à  l’école.

 

      ◎ イル ソンタレ / レコール

   ✖️ ル ソンタレザレコール

     「彼らは学校へ行った」

 

 

 

主語名詞+動詞

・Les  enfants  /entrent  au  restaurant.

 

     ◎ レザンファン ントル オ レストラン

  ✖️ レザンファンザントル オ レストラン

 「子どもたちはレストランに入った」

 

 

 

動詞の後

・Il  écrit  /une  histoire.

 

   ◎ イル エクリ ニストワール

  ✖️ イル エクリテュニストワール

 「彼は物語を書く」

 

 

 

副詞+形容詞

・livre  extrêmement / intéressant

 

     ◎ リーヴル エクストレムマン ンテレサン

  ✖️ リーヴル エクストレムマンザンテレサン

 「非常に興味深い本」

 

 

 

 

疑問形の副詞、quand,  comment の後

・Quand  /est-il  parti?

 

   ◎ カン ティル パルティ?

   ✖️ カンテティル パルティ?

 「彼はいつ出発しますか?」

  

・Comment  /est-elle?

 

   ◎ コマン テエル?

   ✖️ コマンテテエル?

    「彼女はどう?」

    

 

 

et の後

・Elle  a  un  garçon  et  /une  fille.

 

     ◎ エラ アン ギャルソン エ ンヌ フィーユ

  ✖️ エラ アン ギャルソン エテュンヌ フィーユ

 「彼女は男の子が一人、女の子が一人います」

    

  

リエゾンするかしないかはお任せのパターン

リエゾンしてもしなくても、両方の発音が可能です。

  

名詞の複数形+形容詞との間

・des  livres  intéressants

 

   デ リーブル アンテレサン

   デ リーブルンテレサン

   「何冊かの興味深い本」

 

 

・des  femmes  élégantes

 

   デ ファマ エレガントゥ

   デ ファマレガントゥ

 「何人かのエレガントな女性たち」

    

 

 

 

être, aller, avoir, devoir, falloir, pouvoir, vouloir に続く母音字との間

・Je  suis  en  retard.

 

  ジュ スイ アン ルタール

     ジュ スイン ルタール

    「私、遅れてるわ〜💦」

 

 

Nous  sommes  allés  à  Paris.

 

  ヌ ソム アレ ア パリ

    ヌ ソムレ ア パリ

   「私たちはパリに行った」

 

 

・Je  vais  écrire   une  lettre.

 

   ジュ ヴェ エクリール ユンヌ レットル

      ジュ ヴェクリール ユンヌ レットル

 「私は手紙を書きます」

 

    

 

このパターンは、任意ではあるものの、

バレエを習っているリラ子さん
いつもリエゾンしてたわ

 

と思われたかもしれません。

 

任意のリエゾンはディクテをするほどに、頭に単語の綴りやテロップ!が流れるよう
になるので、逆に、リエゾンしないと気持ち悪い(*’д’*) 感じになるかもしれません
ね。

 

 

バレエを習っているリラ子さん
お任せのリエゾンは実際にどうすればいいの?

 

リエゾンする方に慣れてしまえば=あなたがリエゾンしていれば、しない発音を聞い
たときに、「ああ、この人はリエゾンしないんだな」とわかります。

 

あなたがリエゾンしない方に慣れていると、リエゾンしている発音が別物フランス
語?に感じたりするかもしれません。

 

つまるところ、

胡桃
どっちのクセが好きかって?

 

どちらも本当に慣れで、任意のリエゾンはしてもしなくても問題ではなくなってきます。

 

好きな方、または、周りの人に合わせようかな?と自由です。

 

私は、今の先生にならって任意のリエゾンをするようにしています。

また、お任せといっても、リエゾンした方がフランス語の発音としてやはりきれいなんだそうですよ。

 

聞いていて、発音して、滑らかに耳に心地よい方を取り入れればいいと思います

(*^-^)

 

まとめ

 

・無音の h と 有音の h に気をつける

・リエゾンしてはいけない方を覚えるのも一案

 

リエゾンを身につけていくには

・日頃からブツブツ発音しながら勉強する

スクリプト付きのニュースや音声CD付きの学習本、フランス語の本を読む

 

こんな意識のコツコツで慣れてきますよ。

 

特に、決まっているフレーズや、数字のリエゾンは慣れておくと旅行にも役立ちます
ね。(←お金をぼったくられないためにも!!)

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

 

Merci  et  à  bientôt!

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA