フランス語で最上級の依頼表現をマスター、動詞vouloirの正しい使い方

フランス語で最上級の依頼表現をマスター、動詞vouloirの正しい使い方

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です。フランス語のvouloirを使いこなして以来表現をマスターしてしまいましょう!したことを言うときもお願いするときも、完璧に丁寧に言えますよ

 

今日、私の先生といつものようにフランス語/日本語を教え合うレッスンをしていたとき、ちょっと面白い発見がありました。

 

どんなことかと言うと、フランス語の「vouloir 」と日本語の「〜したい」に思いがけない共通点があったのです。

 

したいことをやんわりと表現することを、フランス語では条件法を使う、という認識で知られていますが、日本語だって何のなんの、

 

胡桃
フランス語初心者でも日本語と合わせて理解できる接点を発見!

 

発見と言っては大げさですが、今日はフランス語の動詞 vouloir で最高に礼儀正しい依頼の仕方を見て行きましょう!

 

記事を読んだらフランス語で自信を持って頼み事を言いたい放題!になれますよ(*^-^)!

それでは簡単な例文で見て行きましょう。

「コーヒーをいただきたいのですが」

“Je  voudrais  un  café, s’il  vous  plaît.”

 

ここで コーヒーお願い!を、Je  veux ではなくて、vouloir の条件法 voudrais を使うと丁寧な表現になる、と日本語の学習本でよく見かけます。

 

実際には、丁寧になるから条件法、というのはちょっと意味が違っていて、直接法の Je veux を使うと、相手に対して「攻撃的」ともいえるとても強いニュアンスを含んでしまうのです。

 

こちらの記事の終わりの方で詳しく説明しています。

 

つまり、フランス語では人に対して自分の欲求をダイレクトに言うのは眉を潜められるわけです。

さすが日本!人の欲求を上手に汲み取るのはお手のもの

フランス語を勉強中の私たち、フランス語では何だかよくないらしいと気づいているvouloir ですが、次のフレーズをどんな日本語にしますか?

 

“(Est-ce que) vous  voulez  un  café ?”

 

バレエを習っているリラ子さん
コーヒーは、またはコーヒーでもいかがですか?になるわね

 

胡桃
そう、ここで注目したいのが、「コーヒー飲みたいですか?」とストレートに言わないところですね

 

私の今日の日仏語レッスンで、”vous  voulez ムニュムニュ” の日本語、どうやって訳すんだね? 何でこんな言い回しになるんだ?と詰め寄られました。

 

と、そこに一瞬、言葉の天使が舞い降りた。

 

胡桃
日本語では、相手の欲求を汲み取ろうとするのが条件法のごとく和らいだ表現になるのかも!

 

この気づきを直ぐに伝えると、日仏語を通して私たちは同時に独りごち、←ヘンな日本語でごめんね、日本語を学ぶ先生は一瞬にして日本語のvouloirのカラクリが腑に落ち、日本語との両思いに近づいたかのようでした。

 

相手が言いにくそうにしていることをはっきり言わずにおもんばかる感じですね。

 

バレエを習っているリラ子さん
パリで、日本語を話せる仏人から、リラ子は結婚欲しいですか?って言われたことがあるわ(笑)

 

 

私たちも “Je  veux” を使ったら、フランス語で「何がなんでも結婚欲しいのよっ!!」って言っていることになりそうですね。(* ゚ω゚ *)

いつでもフランスで暮らせるよ。依頼表現の最上級フレーズの作り方

では、頼み事を伝える最高に礼儀正しいフランス語の表現の作り方です。

 

フレーズを書いて壁に貼って、とにかく覚えてしまいましょう。いつでもフランスに行けます。暮らせます。

vouloir の条件法+相手の人称+頼みたいことの動詞の不定詞+s’il vous plaît

 

“Voudriez-vous  venir,  s’il  vous  plaît ?” 

 ヴドリエ ヴ  ヴニール 

 

 

“Voudrais-tu  venir,  s’il  vous  plaît ?” 

 ヴドレ テュ  ヴニール 

 

「こちらに来ていただけないかしら?」

 

「ちょっとこっちに来ててくれない?」の礼儀正しい表現ですね。家族の間で使う家庭もあります。

 

Je voudrais と Voudriez-vous の使い分け

  • Je  voudrais は「〜をいただきたいのですが」という自分が欲することを伝える表現
  • Voudriez-vousは「〜をしていただけますでしょうか?」という頼み事の表現

命令形でお願い事をしていないか?いつも気をつけよう

 

気をつけなければいけないのは、丁寧かどうか?よりも、知らずに命令形で頼んでいないか?につきます。

 

同様に、Peux-tu…とか、Pouvez-vous….も、意外に口調が強いフランス語の表現です。

ですが、人によってはこれで十分、というケースもあります。慇懃無礼は世界共通です(笑)

親しくなったり頻繁に会う人には、外国人として「丁寧さ加減」をはっきり聞いてしまうのも個人的にオススメです。あとがラクですよ。

 

 

命令形との区別についてはこちらの記事で詳しく書いています。

 

 

口調のランク(((; ゚ー゚))) についてはこちらの記事で詳しく。

フランス語で Je veux を使うシチュエーション

何かをすすめられたときに「ぜひいただきます」というフランス語

Je  veux  bien.

 

こちらの記事もご参考に。

 

フランス語の最高に礼儀正しい依頼表現まとめ。

要望や依頼をするときに言葉に心を砕くのは日本語ならではのワザですが、フランス語では条件法の文法によって決まります。

 

条件法の文法を勉強していなくても、早めに覚えておきたい文型です。

 

要望 頼み事 の使い分け

  • Je  voudrais は、自分がしたい「要望」を伝える表現
  • Voudriez-vous は、相手にして欲しいことを「頼む=依頼すること」の表現

 

 

礼儀正しい依頼表現のポイント

  • 自分がしたいことに Je veux を使わないこと
  • 命令形を使っていないか気をつける
  • 学習本に書いてある「くだけた表現」には注意が必要

 

 

それではまた!

Merci  et  à  bientôt !

 

フランス語書籍&参考書など

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA