テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!

テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!

  • ブログ
眠れる森のフランス語

フランス人は個人主義とよく聞くわ。何の個人主義かはナゾだけど、567のワチ◯ソのことも、それぞれがリスクを考えて政府に猛反対してそうね?

眠れる森のフランス語胡桃

Bonjour ! 胡桃です。567のワチ◯ソ、日毎に怖い情報が出てきて、もはや打つ打たないの選択肢を超えているような状況ですが、フランスの人々、意外や意外、政府が推奨するままに効能を信じている人が相当数。。その状況と、まつわるフランス語グレーズなどをお伝えします。

まず、このフレーズを見て下さい。

Les  français  sont  des  moutons.

「フランス人は羊です」

フランス語の冠詞はこんなにモノを言うものなんだ。の見本のようなフレーズですが、羊とは、個体の考えがなく、飼い主におとなしく従い、皆一緒にぞろぞろと同じ方向へ歩いていく行動を取ることを意味します。

リラ子

え?フランス人が羊って、どういうこと?個人の考え最優先の人じゃないの?

このフレーズは、567のワチ◯ソのニュースサイトのコメントにあったものです。

けっこう衝撃的なので周りの人に確認?するのも憚られましたが、聞いてくれた人は肯定していました。

ワチ◯ソは予防接種などでは全然なくて、リスクがどうのという問題をはるかに超えた、目覚めているフランスの人は「poisonの注射」と言っていました。

それなのに、すでに世界中でどんな被害が起きているかも知ろうともせず、中身は何なのかも知ろうとせず、打ったらどうなるリスクがあるのか?にも関心がなく、メディアが繰り返し報道している政府の推奨を信じ切っている人がかなりの数いるのです。

人体が動物実験のようなものなのに、567を怖いウイルスだと信じ、安全性を確認できる期間には全然及ばないのにワチ◯ソこそが唯一の道であると盲目的に信じている状態です。

リラ子

ネットでリスクを調べられない年齢の高い人だけでしょう?

胡桃

それがね、年齢層は全然関係なく、多くの人が盲信してるのよ。コメント欄見てるとよくわかる。

フランス人の個人主義とは、ただの自分優先にしか感じられません。各自が素晴らしい考え方を持っているという印象は、日本人から見たフランス幻想の一つでしょうかね。

古き良きフランスだった世代も交代していますし、皆が考えなしに同じような行動を取る人が多い、というのが現実のようです。

(´・ω・`)

567予防にはワチ◯ソしかないと思い込ませることこそが罠

567のパンデミック、1年前を思い出すと、ダイヤモンドプリンセス号、日に日に増加する感染者数、世界のあちこちの病室から患者さんの動画、などなど、それは恐怖を煽られたものでしたね。

リラ子

極めつけは症状ないのに感染してる可能性😂

567は元を辿れば2003年に当時の仏大統領シラクとソ◯スが企立て始めたという書面が残っています。

その後、2012年から各国のエリート層、すなわち王族(9日に99歳で・・?)、首脳、大企業のCEOなどが手を組んでcovid-19キャンペーンを張りました。

何のため? 彼らは私たち市民を奴隷としか思っていません。その奴隷が、今の地球の人口だと管理するのに多過ぎるとかで、管理しやすい10分の1にしようという目論見。

日本は1億2千万人を7千万人に削減する計画だったらしい。。。日本人の敵は日本政府でした。

そこで、まず始めに感染力はあるものの致死率は低いウイルスを撒き、世界中にパンデミックを偽造、メディアもSMSも一致団結して感染と死の恐怖を煽ったのがこの1年。

致死率の低いウイルスでどうやって人が減るのか?

前述のように、ウイルス感染の恐怖から逃れるにはワチ◯ソしかない、と洗脳し、ワチ◯ソという名の毒物にナノカプセルを仕込み、遺伝子を作り変え、5Gから人をどうにでもできる状態に持っていくという悪魔の計画だったようです。

パンデミックを仕組んだ主犯らは既にいなくなっているようなので、5Gから操作される心配はないかもしれませんが、1年も経っていないうちからワクチンという名の物がなぜか流通する現実を考える必要があるでしょう。

ワチ◯ソのリスクについては検索すればいくらでも出てきますが、一つ掲載しておきます。

ノアの方舟は他人事ではない

フランスでは4月12日(月)から、55歳以上の人は誰でも接種を受けられるという発表がありました。

ワチ◯ソ推奨大合唱のフランスの様子から感じ取れることを書いてみます。(私が個人的に思っていることなので、情報などではありません)

パンデミックはワチ◯ソ誘導(と経済崩壊)のためのウソ、デマだった、ということで、ワチ◯ソ接種の必要はなくなったわけです。

なのに、国はなぜこれほどに煽るのか?

リラ子

今接種できるってことは、567騒動の前から毒準備してあったってことじゃない?

567を仕組んだ主犯らが部下を支配者脳、567脳に洗脳して、とにかく国民に接種させるように命令したのでしょう。それで政府がそれを鵜呑みにしてか、567脳になった国民を安心させるためか?推奨しているのかもしれません。

何れにせよ、医療とは製薬会社の利権と同義語のようなもの(に仕組まれている)ですが、政府が何も対策しなければ、羊さんたちにはそれこそ国は何をやってるんだ!ということになるのでしょうしね。

或いは・・・

胡桃

光側が私たちに「命に関わることだから自分でよく考えて判断しなさい」と言っているのではないかと

テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!

不快に思う方は、ごめんなさいね。

しかし世界の様子を見ていると、この記事を書いているPCの窓越しにひっきりなしに飛ぶ軍用機を見ていると、「そうなんだろう」と思えるのです。

情報や思考は点と点だったものが繋がると線になり、いずれ輪郭があらわれます。

スペイン風邪、エボラ出血などの伝染病は、どれもニセパンデミックが仕組まれ注射でトドメ、を繰り返してきました。ウイルスで死んだ人はいないようです。何せ、あのWHO(フランス語ではl’OMS)を設立したのはロス茶だそうですから。。。

フランスに羊さんが多いのは悲しいけど

世界で起きているこのような状況を自ら知ろうとする人と、国とテレビを信じて素直な羊人とに2分されていると想像できます。

そして、

接種したい人は「打たないと死ぬぞ」と言い張り

接種拒否の人は「打ったら死ぬぞ」と言い張る。

リラ子

今まで築いてきた愛情も友情も、何だったの?と思う時なんだわ・・

水瓶座の新しい時代に移行するための「痛み」の一つかもしれませんね・・

ワチ◯ソにまつわる役に立つフランス語フレーズ

テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!

では最後に、ワチ◯ソ拒否側の仏人のフランス語を載せます。こんなシチュエーションでしか覚えられない?興味深い文法もあるかもしれません。

接種の危険に気づいている人は、「vacciner, vaccination 予防接種」という言葉ではなく「injecter, injection 注射」と言っています。

こうしている間にも、800万人の仏人がこれらの毒を素直に注射されたと思うと・・・そう、仏人は羊。

Quand  je  pense  qu’à  cette  heure,  8  millions  de  française  se  sont  fait  injecter  docilement  ces   poisons…Oui,  les  français  sont  des  moutons.

騙されちゃダメ!

Ne  vous  faites  pas  avoir !

遺伝子を変更する注射

Cette  injection  thérapie  génique. 

誇らしげに刺される羊に幸運を祈る

Je  souhaite  bon  courage  aux  moutons  qui  vont  fièrement  se  faire  piquer.

接種したい人には、そうさせておきましょう。彼らの幸運を祈ります。

Que  les  gens  qui  veulent  se  faire  vacciner  le  fassent.  Je  leur  souhaite bon  courage.  

彼らは明らかに不正なパンデミックに基づいてDNA機能を変化させる実験的遺伝子治療「ワクチン」の大量注射を公にそそのかした。

Ils  ont  encouragé  publiquement  l’injection  massive  de “vaccins”  expérimentaux  de  thérapie  génique  qui  modifient  la  fonction  de  l’ADN(DNAの仏語)  sur  la  base  d’une  pandémie  manifestement  frauduleuse.

おわりに、米国元国務長官マイク・ポンペオ氏の言葉

ワクチンパスポートはウイルスを封じ込めるためではなく、権力と支配を求める左翼のアイデアに過ぎません。

眠れる森のフランス語胡桃
お読みいただき、ありがとうございました。

Merci et à bientôt !
スポンサードリンク

記事が気に入ったら
"いいね!"
Facebookで更新情報をお届けします。


無料でフランス語オンライン体験レッスン&受講相談受付中。


ベルリッツ

関連記事

  1. フランスのマスク事情に変化が

    マスクはじゃぽんにならえ!フランスの常識が覆るかも?

  2. パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること

    パリ、フランスにもヘリコプター。外出制限は何のため?

  3. コロナウイルス感染しない

    皆んな忘れてない?コロナウイルスの感染を防ぐ極意

  4. フランス行きSAL便、国際小包 2020年5月の状況

    フランス行きSAL便休止、国際小包 2020年6月の状況

  5. ノーリードの犬にアタックされて歯を負傷した話

  6. マルシェで100万円の品物も売られている

  7. フランス国際小包SAL便復活

    朗報!フランス行き国際小包SAL便復活

  8. 新型コロナウィルス感染予防。ビズ・キスも握手もこれでパス!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


トピック

  1. わかる!基礎

    遠いばかりじゃない副詞 loin。très, trop, plusそうは言わないフランス語3

新着記事

  1. アムールの国

    フランスの音楽学校再開。習い事は日常の大事なスパイス
    フランスの音楽学校再開。大人の習い事は日常の大事…
  2. アムールの国

    こんなはずではなかった?フランスの自転車アフターコロナ
    こんなはずではなかった?フランスの自転車アフター…
  3. 美味しい食のフランス

    スパークリングワインがシャンパンより美味しいことも。その違いとは
    スパークリングワインがシャンパンより美味しいこと…
  4. わかる!基礎

    àとfalloirが同じ意味に。覚えておくべき使い方
    àとfalloirが同じ意味に。覚えておきたい使…
  5. アムールの国

    テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!
    テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人…
  6. 勉強の仕方

    2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習
    2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習…
  7. アムールの国

    パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること
    パリ、フランスにもヘリコプター。外出制限は何のた…
  8. アムールの国

    黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
    黄色いベスト運動の真実とフランスの深〜い闇
人気記事 注目記事
  1. 黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
  2. DELF受験はムダじゃない。 B1を受けてよかった
  3. プレゼント、どうしよう・・悩む悩むフランス語
  4. 私の大好きを強調するならmaisと強勢形でフランス語っぽく
  5. 連絡しなくてごめんね。
  6. 目的語がないフランス語に危険が潜んでる
  7. フランス語の数字を覚えるならレシピ動画を見なさい。
  1. こんなはずではなかった?フランスの自転車アフターコロナ
  2. 2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習
  3. パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること
  4. 恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフランス語
  5. フランスの小麦粉、美味しく使い分け
  6. 届けばラッキー。泣ける!フランスのAmazon
  7. DELFのディプロムはフランスでどれほどモノをいう?
スポンサードリンク

最新記事をメールでお届けします

ニュースレターで記事をお届けします。メールアドレスは公開されません。

アーカイブページ