フランス語を聞き取れるようになるために

http://nemurerumorifrancego.com/way-listening-french

眠れる森のフランス語 フランス語を聞き取れるようになるために

胡桃
Bonjour! 胡桃です

フランス語に限ったことではありませんが
語学で最も重要な勉強はリスニングだと言われていますね。

フランス語を学ぶ私たちも日々、様々なフランス語の音声を
聞いています。

今日は、フランス語の聞き取り力をアップするために
やっておきたい勉強について、お話したいと思います。

フランス語の聞き取り力をアップするのに隙間時間を使って
音声を耳に入れているのに、

頑張っている割には聞き取りは難しい・・・

と思うことはありませんか?

 

私はフランスに来てから、フランス語のリスニングは大問題でした。

そこで私は、リスニング力をアップさせるのに最適だと言われている
ディクテを集中トレーニングしたことがあります。

まとまったディクテ用のテキストで、そこそこボリュームのある内容でした。

そのテキストを二往復して、次は読解に使うような普通のテキストの
読み上げを聞きながら、しつこくディクテをしました。

その結果どうなったかというと、

文字通り、聞いたことを書き取る力はすごくついた実感があります。

フランス語そのものにも、ディクテ前よりかなり慣れたと思います。

フランス語学習にも、順序がある

ですが、ディクテに意地になって励んだものの

「聞こえること」と「聞いたことを理解できること」
は全然違うことだと改めてわかり。。。

もちろんディクテのテキストで文法や読解も兼ねていたのですが

勉強の順序を間違えたかも💦 

 

語学は総合芸術のようなもの(バレエみたい!)、
どんな勉強にも無駄はないでしょう。

でも、勉強の頑張りどころを間違えると、
独学の時間もエネルギーも勿体ないな〜と思うのです。

読解するときは読解だけにエネルギーを集中した方がいいですね。

フランス語の聞き取りのために読解に力を入れよう

人は、聞いたことがない言葉は、話すことはできないと言われています。

そして、読んで理解できないことは、聞いてもわからないんですね。

もちろん、日常の短い表現などは
聞いたことと動作が一致すれば読むよりも簡単に理解できますが、

まとまった文章となると?

耳に入ってくるのはただの声でしかありませんね (´・ω・`)

 

フランス語のリスニング、と聞いただけで
文字通り一大事のごとく焦りますが、

じっくり、読解に取り組んでみることをオススメします。

単なる耳慣らしとは別に、
フランス語の読解に力を入れてこそ、
普段の音声学習も効果が上がるのだと実感した次第です。

 

まとめ:読解に慣れたら、聞き取りに力を入れていけばいい

フランス語のニュースや何かを
ためになるからといって聞いて
聞き取れないからといって焦ることはないと思います。

その前に、音声付きのテキストで読解にじっくり取り組んでみるといいです。

 

ディクテをやりながらでも文法や読解の勉強になりますが、
時間もかかりますし、
忙しい大人の独学は同時進行が重なると疲れちゃいます。

読解を気が済むまでやって聞き取りに集中すると、
結構、ご褒美がありますよ (*^-^)

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA