フランス語の価値ある試験、DELFの初級とは?

http://nemurerumorifrancego.com/test-delf-a1a2-french

眠れる森のフランス語 フランス語の価値ある試験、DELFの初級とは?

胡桃
Bonjour! 胡桃です

日本では日本の文部科学省後援の仏検が有名ですが、より実用的なフランス語の運用能力の試験 DELFがあります。

フランス語の試験、DELFとは?

単なる文法の理解だけでななく、フランスの日常の事柄に即して出題される、実用的なフランス語が必要とされる、フランス国民教育省が認定するフランス語能力資格試験で、
一度ディプロムを取得すると、生涯有効となるフランス語の資格です。

留学や仕事、フランスへの移住を考える学習者にとっては是非ともとっておきたい資格です。

フランスの語学学校には、「DELF受験コース(特にB1以上)」が必ずといっていいほど設置されています。

それだけ、取得する価値があることと、受験のテクニックといいますか、試験の様子や問題に慣れておく必要があるわけです。
なぜかといいますと、フランスの日常の知識や経験を問われるような出題もあるため、教わらないとわからない言葉、状況が少なからずあるからです。

また、A1の試験の時から、面接官と口頭試験があります。DELFがいかに実用性を重んじているかがうかがえますね。

私が個人的に知る限りの試験の様子を簡単にお話ししますが、ご参考になることがありましたら幸いです。

DELF A1 詳しくは

日本フランス語試験管理センター公式サイト
http://www.delfdalf.jp/a1/a1_jp.htm

試験見本もあります。

「簡単なやりとりが可能で、自分や、身近な物事について話すことができます」と明記されているように、フランス語を学び始めた私たちが DELF A1 を受けるまでになることは、本当に価値あることです。

DELF A2 詳しくは

日本フランス語試験管理センター公式サイト
http://www.delfdalf.jp/a2/a2_jp.htm

試験見本もあります。

「日常生活に関わる簡単な課題を実行できます。丁寧表現を用いたり、もっとも日常的なやり取りを交わすことができます」と明記されているように、A1 では主に自分のことについて表現しているのが、A2 では友達や家族など、日常の交流範囲へと広がります。

 

気になる DELF の合格点は?

試験は各レベルとも100点満点、50点以上が合格で、各試験の25点中、5点に満たないと、合計が50点以上でも不合格になります。
スペルのミスは1点減点です。

出願は?

日本では5月と10月が試験ですね。席が埋まり次第締め切りになりますので、早めの申し込みをオススメします。

受験するメリットは?

 こちらの記事↓で詳しくお話ししています。

DELFのディプロムはフランスでどれほどモノを言う?

日常生活に関する設問の一例を挙げると

聴解

乗り物の出発時刻、映画館の上映時間、テレビの番組内容、電話番号などを聞き取る

読解

日常のアノンス、映画館や公共の場所の使い方、説明、予定表などを読み取る

文書作成

A1ではバカンスの旅先から友人への手紙を書くなど 

A2では、友人をホームパーティに誘う手紙や提案などへ広がっていきます。

口頭表現では、自己紹介、試験官とのやりとり

自己紹介について記事と動画がありますので、よろしかったらご参考にされてくださいね。

動画 DELF A1とA2にも応用できる!初級フランス語の自己紹介 


A1では、例えば朝食に何を食べるか?とか、バカンスにはどこへ行くか? 好き嫌いなどを、試験官とやりとりします。

A2では、例えば隣人はどんな人か?とか、子供が病気、でも仕事を休めない時、どうしますか?など

 

ここでのテーマは、試験の時に伏せてあるカードを選び、そこに書かれているテーマでやりとりが行われます(つ゚o゚⊂)

例えば、引いたカードに、poison とか voisin と書かれていて、

A1 なら「釣りは好きですか?」

A2 なら「お隣に住んでいる人はどんな人ですか?」と質問されたりするわけです。

返答の内容が問われるのではなく、質問の意味を理解しているか?が重要なので、隣人は架空の人でいいし、状況は想像の世界でいいので、想像力を膨らませて、言える言葉で表現します。(o’ヮ’o)♪

日頃の勉強で想像力をフル動員してシチュエーションを描いてフランス語と結びつけていくことが大事なのです。

 

DELF A1 ,A2 でよく登場するワードは?

バカンス、絵葉書、お誘い、ホームパーティー、提案、映画、ワイン、お菓子などかな。

妄想力、試験勉強の間、すごく大事ですww

B1になると、出題が社会へ及び、環境問題、社会問題、教育問題などへ広がります。ユネスコの機関や統計情報、失業関連の単語が出てきます。


文書作成や口頭表現では、自国のこと、人生における「仕事」のことなど、客観的な見方や自分の「意見」などを述べていきます。

DELF 初級の勉強のためのテキスト

試験は全てフランス語なので、まずは設問を理解するところから始まります。

家でできる勉強として、下記のCD付き問題集を一通りこなせば大丈夫!

スクールでも使われている定番の問題集をご紹介します。

フランス語だけなので私も最初は難しく感じましたが、
ちゃんと慣れてきますので心配せずに取り組んでみることをオススメします。

今すぐ受験しなくても、フランス語の「実際」のことがよくわかり、
実用的なフランス語を知るのにも、日々の勉強にとても有意義です。

仏検と、求められていることが全然違って面白いと思います。

こちらの A1 と A2のテキストは勉強しやすく、とても役に立ったのでオススメします。

B1 のテキストについては、こちらの記事↓で詳しく書いております。

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

 

フランス語書籍&参考書など
スポンサーリンク

フランス語動詞の活用のすべて
本の中身はこちらで詳しく

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA