フランス語の滑らかな発音の鍵を握る、音節

http://nemurerumorifrancego.com/syllable-pronunciation-french

眠れる森のフランス語 フランス語の滑らかな発音の鍵を握る、音節

胡桃
Bonjour! 胡桃です。今日はフランス語の音節について、
母音とともに見ていきたいと思います。

 

フランス語を学ぶ私たちにとって
どうしたらカタカナではない、フランス語っぽい発音に近づけるのか。。

悩みどころではないでしょうか (^_^;)

フランスで暮らしていればすぐ慣れそうと思われますが、
やはり、美しさを目指すなら
学ぶ勘所が大事だとつくづく思いました。

というのは、私がフランスで今の先生に習い始めてから本の音読をさせられるのですが、単語が読めるかどうかの問題を差し引いても
フレーズとしてギクシャクギクシャクしてしまうんです (´・ω・(´・ω・`)・ω・`)

そんなある日、先生から 音節に沿って発音することを教わりました。

私もフランス語を学び始めた時に音節のことを本で知りましたが、慣れれば自然に覚えるだろう、くらいにしか思わなくて、気になってはいたものの、フランスに来てやっと取り組んだ次第です。

音節のきまりごとも幾つかあるので、フランス語に慣れてからで遅くないですし、理解しやすいかもしれないとも思います。

*音節のきまりごとは多岐に渡っていますので、全ての例を上げることはできません。一般的な例としてご参考になることがありましたら幸いです。

グリーンのマーカーは、発音するときのリエゾンです

音節とは、単語を発音する時にリズミカルに発音するための

音の【区切り】のことです。

フランス語で une  syllabe ユヌ シラブと言います。

 

では、単語を音節で区切るのはどういうこと? かと言いますと、

étoile  → étoile

このように単語を分割することができます。

そして、é と toile   2つの音それぞれを、♪ ひとかたまりの音 ♪ と見なします。

すると、étoile2音節の単語だとわかりますねww

 

音節を意識することなく発音すると、

カタカナでは「エトワール」と平たい発音になるところが、

音符2つで発音してみると?

 é toile エトワル

2音で ポポン♪ と発音します。

 

いかがですか? パリ・オペラ座のバレリーナの気分になってきませんか?笑

 

発音のリズムを知ったら、あなたはもう、

カタカナのエトワールには降格したくないはず❣️

 

リスニングをする時にも、音節のことが気になってきたらしめたもの(*^-^) 

人は聞いたことしか繰り返せませんので、
音節に(^_^#;)ピクッ…としながら聞いた発音は、
私たちもマネできることになります。

 

とかく発音はネイティヴの発音をマネるのみ〜ですが、
マネのしどころを知った方が断然効率がいいですね。

 

それでは、単語の音節はどうやって区切るのか? 

音節の区切り方をみて行きましょう!

単語を音節に区切る前に、フランス語の母音を確認

音節の数は、母音の数で決まります。

区切り方に進む前に、

フランス語の母音をちょっとおさらいしておきましょう。

フランス語の基本の6母音(発音記号は12)

a・・・日本語の「ア」に近い音 

 i・・・日本語の「イ」に近い音   

u・・・日本語の「ウ」に近い音
 (子音に挟まれたり単独で出てきたら「ユ」)

e・・・日本語の「エ」に近い音 
   (eの読み方は幾つかのきまりがある)

o・・・日本語の「オ」に近い音

y・・・日本語の「ユ」に近い音

「こう書いたらこう読む」と覚えた綴りは区切られないので、
確認しておきましょう。

ai    と   ei   は   「エ」 
au  と eau は「オ」
eu  と oeu は「(微妙な) ウ」
ou  は                「ウ」
oi    と oy  は    「ゥワ」

鼻母音になる綴りも区切られることはありません。
音節の目印として確認しておきましょう。

on,  om

an,  am,  en,  em

in,  im,  yn,  ym

ain,  aim,  ein,  eim

un,  um

フランス語の単語の音節の区切り方

1、まず、単語の中の母音をマークします。

é o i e

2、次に、マークした母音の左右を見ると?

oi の左は子音の t, oi の右は l,  最後の e の左は l  ですね。

3、区切る場所は大まかに4つ

・一文字だけの母音

・子音+母音

・母音+子音

・子音+母音+子音

 

そうすると、étoile は、

é+toile の2分割になり、 

étoile は2音節の単語 ということになります。 

ここで、あら? toi  le を区切らないの?と思ったかも知れません。

そこで次は、区切り方の注意を見て行きましょう。

音節に区切るときの基本と注意すること

音節の区切り方の基本

・音節は必ず一つの母音を含み、複数の母音が含まれることはありません。

café → ca

 キャフェ

maison → maison 

メゾン

 

・子音が2つ並んでいたら、その間で区切る。
 後ろの子音は、次の音節になります。

informer informer

アンフォルメ

garçon → garçon

ギャルソン

 

・子音が3つ並ぶ場合は、2番目と3番目(最後)の間で区切り、3番目の子音は次の音節になります。

fonctionner → fonctionner

フォンクショネ

区切らない並び

・次の子音の並びは区切りません。

ch,  ph,  rh,  th,  gn

chercher → chercher

シェルシェ

compagne → compagne

コンパーニュ

 

・子音+l、子音+r という風に、 と の前に子音が来ていたら、
    区切らずに一つの音節になります。

théâtre → théâtre

テアトル

possible → possible

ポシブル

 

発音されない で終わっている場合は区切らず、
    前の音節に含まれます。étoile le

 

-sionと-tion は、会話の中では区切らない。

音節を意識すると、フランス語の発音がきれいになる

私が学んだ音節のことをまとめましたが、
厳密には、綴りを区切るのと、話す時の発音を音節に区切るのとでは
分け方が違ってきたり、単語による違いもいくつかあるそうです。

行の終わりで改行するためのきまりもいくつもあります。

フランス語の本なども、音節に基づいて改行されているわけです。

 

会話の中でのワンフレーズも音節を意識して話せばいいわけですが
話すときは全ての文字をきっちり発音するのではないので
実際の会話の時の音節の方が少なくなります。

 

今まで覚えてきた全ての単語の音節を確認することは
無理があると思いますが、これから覚える単語


特に、発音しにくい単語や覚えにくい単語は
音節と発音記号を合わせて見てみるとリズムで覚えやすくなったりします。

 

胡桃
むしろ、簡単に覚えている単語がテキトーだったりすると思いませんか? 「キャフェ」でなくて、音節でフランス語っぽく言うと 「キャッフェ」 になるんですから

 
 
バレエを習っているリラ子さん
カタカナで言うエトワールは日本語そのものね。フランス語としては通じないかもしれないことがわかったわ
 
 
 
C先生
étoileも、発音上は厳密には、oiとle の間を点線で区切る感じなんです
 
 
私たちが「美しい」と感じているフランス語は、
ポンポンと打楽器を叩くようにリズミカルに、
時に弦楽器のようにゆるりとリエゾンするのですね。
 
 
やはり、素敵です。
 
滑らかに話せるように、なりたいです♡
 
 
((〇(*≧▽≦)о[ ファイトォッ・・・・・!! ].:゚+
 

お読みいただき、ありがとうございました。

フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

フランス語の数字と序数詞の音節の区切り方 へ続きます。

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA