フランス語の綴りと発音の関係を動画で学ぼう

   

フランス語の綴りと発音のきまりを動画で学ぼう

スポンサードリンク
眠れる森のフランス語

フランス語ってなんか読みにくいわ。綴りは長いし、読むのにいちいち辞書を引かないと読めないのは困るな。スラスラ読めるようになるにはどうしたらいいの?

眠れる森のフランス語胡桃

Bonjour ! 胡桃です。フランス語を読めるようになるために「こう書いたら」→「こう読む」きまりを知っておきましょう。この記事では綴りと発音のきまりと、鼻母音の発音の区別を学べるわかりやすい動画をご紹介します。

フランス語は「読む」より「発音」!

私がフランス語をネイティヴの先生に習い始めたとき、初日に教わったのが、「綴りと発音の決まり」でした。

綴りと発音の決まりとは、こう書いてあったら、必ずこう読む ということです。

* フランス人は「単語を読む/ lire」という言い方はしません。
「単語を発音する/ prononcer」です。


私たち日本人は「読む」と「発音する」を使い分けていますが、フランスでは「発音」ひとすじ!です。

私たちもカタカナで「読む」のをやめて「発音する」気持ちで勉強すると、フランス語っぽさに早く近づけると思います。

フランス語の綴りと発音のきまり 

それでは「綴りと発音のきまり」を見ていきましょう。

綴り 発音の仕方
ai  と ei 「エ」と発音する
au  と eau 「オ」と発音する
eu  と oeu 「(微妙な) ウ」と発音する
ou 「(鋭く) ウ」と発音する
oi  と oy 「ゥワ」と発音する

私はスクールでこれだけ教えられて、単語、文法、動詞の活用・・・と同時進行しちゃったので、発音記号に関わってるヒマなんかなかった(ノ; ̄□ ̄)。

先生にしてみたら、あとは慣れですよ〜ってところだったようですが、無謀すぎ((;@ロ@))。

日本人には日本人が通るべきフランス語の発音道があると思うんです。

「フランス語の発音は日本人には苦手、苦手」、と連呼するのは、私は好きじゃありません。

そう思ったら、何もしないうちから苦手意識が刷り込まれ、コンプレックスとして消えなくなりそう。。

ですので、最初に発音記号を必ず見る癖をつけてしまいましょう。

発音記号を覚えようとする必要はありません。

新しい単語に出会うたびに発音記号を見て、「ああ、そうなんだ」と意識するのとしないのでは後々の結果が違ってきます。

私はフランス語スタートの時点でカタカナを見ないものの、発音記号にもあまり頓着しなかったせいで、発音記号を確認する習慣がついたのは大分後になってからです。

その間、なにしてたんだよっ(`o´)って感じですが、勉強時間を無駄にしないために、発音記号と発音の仕方を意識しましょうね。

そうすれば、フランス語の単語だって、かつて習った英語のようにスイスイ書けるようになります。

スペルと音がマッチしてこそ、独学もモリモリ前進しますww

フランス語の鼻母音の綴りと発音を動画で練習しよう

鼻母音の綴りと発音のきまり、この動画では発音を動作とともに覚えましょう、ということで、先生がからだを目一杯使って発音のコツを教えてくれます。

フランス語だけのレッスンですが、難しいことはありません。恐れずに繰り返し聞いて、フランス語だけの世界に慣れてしまうといいです。

おそらく鼻母音発音の保存版動画です。

動画の最初で、フランスの地図が出てきて、南の方に「4」北の方に「3」とピンが打たれて先生が説明している内容を説明します。

フランス南部の「4」について

フランス語鼻母音の発音

この4つの鼻母音の発音は全部違いますよ、とお話されています。

 

次に、フランス北部の「3」について

フランス語鼻母音の発音

パリを含むフランス北部では、unvin は同じ発音ですよ、ということです。

動画の最後が練習問題になっていますね。先生は「回答を送ってください」と仰っていますね。

答え合わせ

リラ子

私も立って先生と一緒に動いてみたわ笑 発音が似ているようでくっきり違うことがよくわかった

胡桃

カタカナでは違いを到底表せませんね。繰り返し見て楽しく覚えられそうですね

綴りと発音のきまりがわかったら、動詞を発音してみよう

主だった動詞のスペルを見ながら発音の練習が出来ます。1歩1歩着実な地固めという感じで繰り返すといいですね。私もフランスに来てからとても役立った動画ですw

フランス語の発音の基礎を音声付きで学べる無料サイト

フランス語の発音の全てを音声付きで独学できるサイトをご紹介します。
アルファベの記事でもご紹介した
podcastfrancaisfacile.com の Phonétique=音声学の項目を選びます。

ここではアルファベを含む27項目にわたって「フランス語の音」を詳しく学べるようになっています

盛りだくさんのレッスンですが、レベルが明記されていますので目安に見てみるといいと思います。

フランス語の発音練習まとめ 

  • できたら毎日動画で発音練習。語学のストレッチのような気持ちで!
  • 単語は発音記号を見ながら、明るく広い音、こもった狭い音、
    のように発音するポイントと発音記号を照らし合わせていきましょう。
  • フランス語スタート、またはいつからでも3週間から1ヶ月くらいは発音だけに集中してみることをオススメします。

何か一つでも手応えがあったら、その日は ”成功” です(*’-‘*)

眠れる森のフランス語胡桃
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Merci et à bientôt !
スポンサードリンク

記事が気に入ったら
"いいね!"
Facebookで更新情報をお届けします。

ベルリッツ

関連記事

  1. フランス語の滑らかな発音の鍵を握る、音節

    フランス語の滑らかな発音の鍵を握る、音節

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


トピック

  1. 読解

    初級の易しいフランス語で簡単読解

新着記事

  1. 勉強の仕方

    フランス語力が必ずアップ!フランス小中学生のディクテ勉強法
    フランス語力が必ずアップ!フランス小中学生のディ…
  2. 勉強の仕方

    フランスの子どものディクテで消耗してるの?
    フランスの子どものディクテで消耗してるの?
  3. アムールの国

    自粛ストレスに陥らない、家で夢中になれる芸術系趣味6選
    自粛ストレスに陥らない、家で夢中になれる芸術系趣…
  4. わかる!基礎

    フランス語の近未来、否定文と疑問文の作り方
    語順もばっちり。近未来の否定文と疑問文の作り方
  5. わかる!基礎

    急ぐことや予定を表す近未来形の使い方
    急ぐことや予定を表す近未来とちょっと遠い単純未来…
  6. 勉強の仕方

    フランス語動詞の活用
    動詞の活用ばかりを半年間続けたまえ、と言われたら…
  7. アムールの国

    コロナウイルス自粛
    コロナウイルスの自粛って、何のこと?何をすればい…
  8. アムールの国

    フランスのマスク事情に変化が
    マスクはじゃぽんにならえ!フランスの常識が覆るか…
人気記事 注目記事
  1. savoirとconnaîtreの使い分け
  2. 聞く、聞こえるフランス語と活用
  3. テレビを見るフランス語
  4. -dre 不規則動詞の活用で消耗しなくていいよ
  5. フランス語 不規則動詞、venir も obtenir
  6. SNSもまかせて。フランス語で簡単にコメント C’est+形容詞
  7. フランス語の冠詞の使い方を覚える方法
  8. フランス語のフレーズをスラスラ言える15秒暗記法
  1. フランス語版アルプスの少女ハイジで聞き取りアップ!
  2. 2月はスキーバカンス。フランスの学校はまた連休だって
  3. フランスのエピファニー、ガレット・デ・ロワに大奥かんむりが?
  4. フランス語の手書きのメニューをラクラク読むには ービストロ編
  5. フランス語の手書きのメニューをラクラク読むには ーカフェ編
  6. ボジョレ・ヌーボーによく合う!とろける牛肉の赤ワイン煮込みを作ろう
  7. 星の王子さまのフランス語本、なぜ読むのをためらうの?
  8. フライドポテトをサクサクカリカリに!方法はただひとつ
スポンサードリンク

最新記事をメールでお届けします

ニュースレターで記事をお届けします。メールアドレスは公開されません。

アーカイブページ