クリスマス前のフランス旅行のお土産にマロングラッセはいかが?

http://nemurerumorifrancego.com/souvenir-trip-france-mamaroongraxe/

眠れる森のフランス語 クリスマス前のフランス旅行、マロングラッセのお土産はいかが?

胡桃
Bonjour! 胡桃です

クリスマス前のフランス、ヨーロッパを旅行したら、是非ともお土産の候補に入れていただきたい、美味しいおススメがあります。

それは マロングラッセ です。

 

以前、クリスマス前のオーストリアを旅していた時に、スーパーなどでイタリア産のマロングラッセが積まれているのを見かけました。

秋に採れた栗のマロングラッセです。

日本ではちょっと高価なこともあり、普段のお茶とともにいただくには選ばないものですが、栗がたくさん取れるヨーロッパでは、この季節ならではのものとして豊富に出回ります。

今日はお土産にも喜ばれる、フランスのマロングラッセをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

マロングラッセを買う時に気をつけたいフランス語の単語

年間通して扱っているお店もありますが、この時期は、MONOPRIX モノプリ、Carrefour キャルフール などで買えます。

 

バレエを習っているリラ子さん
自分用ならブロークンで十分、お土産なら丸ごとがいいわね

 

左の箱には、 MARRONS GLACES の下に BRISES と書かれていて、

形容詞 brisé 砕けた の意味です。

右の箱には、 MARRONS GLACES の下に MORCEAUX と書かれていて、

男性名詞 morceau かけら  の意味, morceaux は複数形です。

 

旅に送り出してくれた家族や大切な友人には、ブロークンではないマロングラッセを買って帰りたい場合は、

BRISES とも MORCEAUX とも書かれていないものか、

MARRONS GLACES ENTIER と書いてあれば、丸ごとの栗です。

形容詞 entier は 全部の という意味です。

 

 

箱は数によって小箱や、チョコレートと同じような平たい箱になっています。

 

フランスのスーパーのセール価格

マロングラッセのお値段は、MORCEAU で6ユーロ前後からありますが、セールになることがあります。

 

スーパーのセールといえば、2+1。

このように書いてあったら、

2個買うと3個目がタダ になるのです。

ワインもチーズも日用品も、牡蠣も!2ダース買うと、3ダース目がタダに。

(* ゚ω゚ *)

マロングラッセも同様で、セールだったら2箱分の値段で3箱買えるわけです。

 

2+1 といかなくても、2個目が半額!というお店もあります。

上の画像の、ー50SUR LE 2émé のマークです。

 

旅のお土産としてはちょっと重さが気になるかもしれませんが、日本にはフランスやベルギーのチョコレートなどは出回っていますし、マロングラッセは美味しくて喜ばれますので、とてもオススメです。

売り切れたら、今シーズンはそれでおしまいです。

 

スポンサーリンク

フランス語の勉強や試験の前に、熱い紅茶とマロングラッセ

胡桃
ブロークンといっても、けっこう満足サイズでしょう?

 

私は夕方、さあ、フランス語、これからもうひと頑張りしよう、という時に、紅茶とマロングラッセをひと口いただきます(@⌒¬⌒@)

甘いものは集中力が出ますよね。

飲み物は、本当は、白湯がいちばん頭がスッキリします。

紅茶はカフェインなので取りすぎに気をつける必要がありますが、爽やかな香りは、いい気分転換になりますね(*^-^)

 

私は英国の紅茶が大好きです。これは English Rose の香り、フランスの紅茶ほど香りが強くなく、マロングラッセにもチョコレートにもよく合います。日本で買って運んできたので缶が少し潰れていますが、それも大切な味わいです。

フランスのお土産なら、マロングラッセにノエルの紅茶を添えられていたら、とても嬉しいと思いませんか?マリアージュフレールのお茶は日本でも買えますけど、気は心ですもの(〃э_э) クリスマスの紅茶として個人的には、こちらがいちばんオススメです。

マロングラッセと空の旅の思い出

私がヨーロッパに向かうとき、バレエの好きな友人が、

「飛行機の中で食べてね」といいながら、小さな包みをプレゼントしてくれました。

飛行機の中でリボンをほどくと・・・

マロングラッセだったのです。

 

機内で出されるお食事の他に、こんなに素敵なおやつを持っていると、空の旅も一層楽しく感じられました。

もちろん、現地に到着してからも、友人の声を思い出しながら少しずついただいて、甘さが口に広がる度に、温かい気持ちになったものです。

それ以来、マロングラッセが一層好きになり、懐かしい友を思いながら、こんな記事を書いているわけです。

 

胡桃
もしクリスマスのお菓子が溢れる季節のフランスにいらしたら、マロングラッセを探してみてくださいね

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt!

 

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA