泥棒目線でセキュリティを考える、ハンドバッグ編

眠れる森のフランス語 泥棒目線でセキュリティを考える、ハンドバッグ編

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です

 

日本人がスリに狙われるのはなぜでしょうか?



前記事  泥棒目線でセキュリティを考える、パスポート編
     泥棒目線でセキュリティを考える、お財布編


に続いて、30回の渡航とヨーロッパ生活で被害なしの胡桃が、
旅の間のハンドバッグについてお話しして行きたいと思います。

旅の間はカメラに折りたたみ傘や羽織りもの、
街の地図にペットボトルなどで荷物は多くなりがちです。

 

パリにバレエを観に行くリラ子さん
日本でお稽古に行く時や仕事に行く時とほぼ同じね。バッグの収納力は大事だと思うわ

 

日本人観光客が貴重品をひとまとめにしていることは、
現地の泥棒たちはリサーチ済みなのですよ、と前の記事でお話ししました。



ひとまとめにした貴重品を、
大きなショルダーバッグに入れているのは、
泥棒目線で考えると、どうなのよ?



収納力があってお財布などを出し入れしやすい、旅行に便利なバッグは、泥棒たちにとっても

出し入れしやすいバッグだと想像できますね( ̄^ ̄ 😉


泥棒たちは、バッグを開けて、お財布を取り出して、丁寧にバッグを閉めておいてくれるのが常だそうです。

(最近は、お金を抜き取ったお財布を、「落ちてましたよ」と拾ってくれる?ケースも多いようです)


そして、なぜ泥棒に、バッグに手を入れられるかというと

 

 ショルダーバッグは日本にいる時の習慣で、

  つい、バッグを腕の後ろに回してしまいがちでしょう。

 買い物して荷物が増えたり、上着を脱いだりした時、

  無意識のうちに、バッグがあなたの後ろで待ち構えている



  泥棒に差し出されている((; ゚ー゚))様子を思い浮かべてみてください( ゚д゚ )

貴重品を入れるバッグは脇の下に収まるサイズがベスト

• 旅の間、小ぶりで薄くて脇の下に挟むことができるくらいの大きさがいいですね。

 または、ハンドルタイプで体にぴったりくっつけられるもの。

• 小銭入れやカード入れが収まるくらいの
ファスナー式の内ポケットがついているバッグを選ぼう!

 

個人的には、持ち物をひとまとめにしようとせず、防犯上も実用面もサブバッグと二個持ちが便利でオススメです。

ちなみに胡桃の旅のハンドバッグは、

ストラップの短い小ぶり(A4を三つ折りにしたくらい)のショルダーと

ハンドルの短い、かっちりしたビニールのサブバッグの二個持ちです。


この小さなショルダーバッグの内ポケットに、紙幣とカードケースを入れて、

内ポケットのファスナーを閉めます。

大きいお財布だと、内ポケットに入りませんよねww

斜めがけの小さなバッグ、便利だけど要注意!

両手が自由になり、貴重品をまとめて入れる便利な斜めがけバック、

泥棒たちも大好きなバッグの一つですよ(* ゚ω゚ *)

どんなに気をつけていても、

ふとした拍子に両手がバッグから離れることは避けられないでしょう。

どうしてもおしゃれな斜めがけを持ちたい場合は、男性と一緒の時だけにしましょう。

バッグの中身は、もちろん、身だしなみに必要なものだけです。

 

なぜ日本人は座席にバッグを置くんだろう?

電車に乗ったら、またはカフェなどに入ったら、観察してみてください。

 

( ̄O ̄; ))おっ!

 

自分の体の脇にちょっとスペースがあれば、

なぜだかバッグを置く日本人の習性に気づくことと思います。

日本を離れてみると、すごく不思議なことなんですが、電車の中で、

隣に人が座っていなければ、すぐに膝からバッグを離して脇に置きますよね?

カフェなどで隣や向かいの席に人がいなければ、そこにバッグを置きますよね?

日本にいる時だって、物騒ですよ(,,゚Д゚)

ヨーロッパの地下鉄の中で脇に置いたバッグから

ゴソゴソとお財布を盗まれるケースも多いです。

気をつけましょうね。

複数人でいる時の方が狙われやすい?

2人以上で行動していると、気持ちがゆるみがちで、むしろ一人でいる時より狙われやすいようです。



楽しくおしゃべりしていて、防犯から気がそれている時を泥棒は逃しません。


ツアー旅行者の被害の多くはこのケースですし、現地に住む日本人でも、誰かと一緒の時に被害に遭っているようです。


ウイーンのシェーンブルン宮殿のトイレで、ツアー仲間でおしゃべりをしていた7人全員がスられた被害も聞きました((; ゚Д゚)))



日本人だから狙われるのではなく、スキあり‼️ だから狙われるんですね。

被害に遭わないように心がけて対策を講じて入れば、その気迫はあなたの後ろ姿にちゃんと表れます。

 
パリにバレエを観に行くリラ子さん
パリって、海外旅行って、疲れそう。。
 
 
胡桃
そうですね、パリを歩いている間中、肩が凝ります。日本へ帰る飛行機に乗り込んでやっとホットするくらい、ずっと気を張ってます
 
 
パリにバレエを観に行くリラ子さん
旅で全財産失っちゃうのは絶対困る。貴重品をひとまとめにしない旅支度をしてみるわ
 

 

特に用心しなくても、スリ被害に遭わない幸運もありますが。


胡桃
でも、「私だけは大丈夫」、被害は「ひとごと」と思いがちなのも、日本人の悪いクセかもしれませんよ

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランスを旅するあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

 

旅で役立つ会話とグッズ。

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA