フランス語の単語を呼び出すマドレーヌ戦略

眠れる森のフランス語 フランス語の単語を呼び出すマドレーヌ戦略

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です

前記事 フランス語の単語を覚える最強の単語帳作り


あなたオリジナルのフランス語単語帳を

いよいよ暗記に使っていきましょう!

 

☆ 単語帳のフォーマットは、あなたの使い勝手がよくなるように、

 色々試してカスタマイズを重ねてくださいね。

前回の記事で記しましたように、私は1日分の勉強を見渡したしながら覚えたいので、1枚のシートにしました。

 

1日分の単語を単語帳やカードに書き出したら、

いよいよそれらを暗記していきますww

 


フランス語の単語を見て、日本語の意味を  

「なんだっけ?」

 

日本語からフランス語を          

「なんだっけ?」

 

今日は、この「なんだっけ?」

記憶を呼び出す戦略を考えていきたいと思います。

 

フランス語の単語を見て、即座に日本語の意味が出てくる状態は、理想です。

 

日本語のようにね。

 

でも、私はおよそコンピュータータイプではないし、覚えもいい方ではないので、

覚える工夫、覚えたことを呼び出す工夫に励むわけです。

フランス語の単語に色や香り、形や感触をまぶす

 例えば   copieux,   copieuse 

  「 豊富な、たくさんの」 という意味で、

un repas copieux  

「たっぷりの食事」 という意味などで使われます。

 


Q  もしあなたが「なんか覚えにくい単語だわ」と思ったら、どんな覚え方をしますか?

 

 単語のスペルを頭に叩き込む?

 

それとも

 単語カード派だったら、ひたすらに裏返す作業を繰り返す?

 

私はこんな時、どんな風に覚えるかというと
 
  小公女 セーラの登場です


    (´∀`lll)


極寒の屋根裏部屋で、セーラの人生の危機に、魔法が始まった・・・

あの瞬間です。

 

暖炉に火が燃え、ケトルがシュンシュンと湯気を上げ、テーブルの上には

 

たっぷりとした食事が!!!

 

と、イメージが湧くと、発音と綴りと意味が簡単に結びついちゃう!(#^.^#)

 

全ての単語にこのようなイメージを持たせることは難しいですが

 

覚える という望む結果を目指します(● ̄m ̄●) ♪

 

まあ、そうする必要のない、
頻繁に使われて覚えていく単語も多いですが、

いずれにせよ、暗記のコツは

 

記憶を呼び戻す、私たちのマドレーヌを作っておく

こんなアホみたいな( ̄^ ̄ ;)工夫が、なんと暗記の助けになることか。



プルーストさん、笑わないでね(*>_<)

 

フランスで日本語と漢字を教えていて

 漢字は日本人にとっては口ほどにモノを言う

「絵」のようなものだなとつくづく感じています。


なので、漢字の輪郭?とフランス語の単語がマッチするのは悪くないと思います。

 


ですが、日本語に縛られない方がより楽しいな(*^-^)

 

フランス語の雰囲気を感じ取ることを大切にしたいものですね。

あなたのオリジナル単語帳を使って覚えていく方法

カード派の方はカードを裏返しながら、

私はシートで単語の右を隠しながら暗記の作業に入ります。

パリにバレエを観に行くリラ子さん
私はブツブツ発音しながら、沢山書いて覚えるわ

胡桃
発音しながらは欠かせませんね。ですが、書いて覚えるのはちょっと待って

 

かつての日本では勉強する若者、学生のことを「書生」と呼んでいましたね。


そう、 ”伊豆踊り子”  の主人公の 書生さん です。

 

日本において「学ぶ」「独学する」っていう姿は、

ひたすらに黒い字で書き続けるイメージがありませんか?

 

書いて覚える 書いて覚える 百回書けば手が覚える・・・

黙々と読み書きこそが勉強の姿のようですね。

 


実際、日本人は25歳くらいまでに3千から5千語近い漢字を覚えるわけですから、
書くことなしでは習得が成り立たないわけです。

 

読む とう行為も、最近では音読の大切さにスポットが当てられるようになりましたが、
勉強においては、文字を追い、書いて内容を理解することだった歴史が長いと思います。

 

ですが!

時代はネット社会になりo(`・ω・´+o)


アルファベットで構成される言葉を学ぶには、日本式の読み書きよりも


見て聞いて口に出すアクティブな方法が向いているのではないかと思うのですが、

いかがでしょうか?

 ***


あなたがフランスの憧れのリゾート地の夕日が見たくて

やっと夢叶い、オレンジ色の空の下に佇んでいるとします。

 

さあ、カメラに収めなくちゃ、夜にはfacebookにアップしよう♪

その時

 

(`・д・´)!

 

カメラが故障だわ。。。

 

スマホのSIMカードは明日買いに行こうと思ってた矢先。

 

美しい夕暮れ時


小さな街のショップはすでに閉まり

目の前には息を飲むような風景が広がっている・・・

 

よりによって、なんでこんな時にカメラが壊れるわけ?


私が一体何をしたっていうの?


・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。

 

こんな時、あなただったらどうしますか?

見たもの聞いたことは再現できる。では、書いたものは?

パリにバレエを観に行くリラ子さん
・・・目に映った全てを覚えておこうと、必死で目に焼き付けようとすると思うな

 

胡桃
その気持ちで単語を見るんです。目を、カメラにするんです

 


私たちは昔ながらの書生さんではありません。


いつもいつも人のために生きている、忙しい大人の日常が続いています。

 

私たちが勉強できる時間は、限られているから

現代の大人は、五感をフル動員したアクティブな勉強法を取り入れたいものです。

 

パリにバレエを観に行くリラ子さん
じゃあ、具体的にどうすればいいの?

目にスペルを覚えさせる気持ちであなたの単語帳を睨みつけます( ̄O ̄; ))

 


ペンを持たずに覚えてやるわ!くらいの気迫です o(・д´・。)○

 

次に

単語を目で見て、発音しながら 

意味を掘り起こす!

 


なんだっけ💦 

なんだっけ💦 

なんだっけーーっ💦💦

 

諦めずに私のマドレーヌを探しまくる!

 

独学って、

大騒ぎ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

 

こうして晴れて正解に繋がれば


単語の意味が記憶から簡単に消え去ることはないでしょう (・д´・。)

 

小さな勝利です (=^▽^=)

 

単語のスペル、ひたすら書くことで、確かに覚えられます。

 

書くという行為、実際にすごく時間がかかります。

 

もちろん、早く覚えたいから、書きます。

 


ですが、実は!

書いて覚える習慣には、書かないと思い出せないかも!

という危険が潜んでいるのです (゚Д゚;)

 

 

私はフランスに住み始めたばかりの頃

幾度となく

書いてあればわかるのに と真剣に思ったことがあります。

 

マズイな、この症状 ((( ;゚д゚)))


胡桃
私たちが目指す状態は、フランス語の筆談ではないはず

 フランス語の単語、覚え方まとめ

  •  毎日の単語量=ハードルを上げすぎないこと 
  •  単語の意味をイメージから呼び出す
  •  短時間の勉強時間内に、筆記用具がない気持ちでスペルを見る
  •  スペルを書いて覚えることに重点を置かない

 

夜、勉強の仕上げとして単語を書くことはいいことです。


気持ちが落ち着きますしね。

 


でも、今日睨みつけた(くどいですね^^)単語を思い出すだけでも復習は上出来です。

 

ささっと覚えて→寝る

 


眠っている間に記憶が整理されるのを利用しないと損ですね!!

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt!

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA