フランス語の発音と綴りの関係を知って音声で学ぼう

眠れる森のフランス語 フランス語の発音と綴りの関係を知って音声で学ぼう
 
胡桃
Bonjour! 胡桃です
 

フランス語の辞書選びにも関わってきますが、
せっかく調べた単語をカタカナで読むのは
すごく損ではないでしょうか? 

単語の発音記号を毎回確認するのは最初は時間もかかりますが、
その分、必ず後がラクになります。

フランス語の発音、

日本人には・・日本人には・・・という苦手呪文からは解放されないのでしょうか?

私がネイティヴの先生に習い始めた時、
初日に教わったのが、綴りと発音の決まりでした。

綴りと発音の決まりとは、こう書いたら、必ずこう読む ということです。

* フランス人は「単語を読む」という言い方はしません。
「単語を発音する」です。


私たち日本人は「読む」と「発音する」を使い分けていますが、フランスでは「発音」ひとすじ!です。

私たちもカタカナで「読む」のをやめて「発音する」気持ちで勉強すると、
フランス語っぽさに早く近づけるのではないでしょうか?

フランス語の綴りと発音のきまり 

・ai と ei  

「エ」と発音する


・au と eau  

「オ」と発音する


・eu と oeu   

「(微妙な) ウ」と発音する


・ou     

「ウ」と鋭く発音する


・oi と oy  

「ゥワ」と発音する

 

私はこれだけ教えられて、スクールで単語、文法、動詞の活用・・・と
同時進行しちゃったので、
発音記号に関わってるヒマなんかなかった(ノ; ̄□ ̄)。

まさかですが、ここで発音をサボったツケは大きかったですね、

 

その後のフランス語道は長く険しかったのなんのって。。。

先生にしてみたら、あとは慣れですよ〜ってところだったようですが、
無謀すぎ((;@ロ@))。

日本人には日本人が通るべきフランス語の発音道があると思うんです。

「フランス語の発音は日本人には苦手、苦手」、と連呼するのは、
私は好きじゃありません。

そう思ったら、何もしないうちから苦手意識が刷り込まれ、
コンプレックスとして永遠に消えなくなると思います。

ですので、最初に発音記号を必ず見る癖をつけてしまいましょう。

覚えようとする必要はありません。

新しい単語に出会うたびに発音記号を見て、
「ああ、そうなんだ」と意識するのとしないのでは
後々の結果が違ってきます。

私はスタートの時点で、カタカナを見ないものの、
発音記号にもあまり頓着しなかったせいで、
発音記号を確認する習慣がついたのは大分後になってからです。


その間、なにしてたんだよっ(`o´)って感じですが、
勉強時間を無駄にしないために、
発音記号と発音の仕方を知って、意識しましょうね。

そうすれば、フランス語の単語だって、
かつて習った英語のように書けるようになります。


スペルと音がマッチしてこそ、独学もモリモリ前進しますww

フランス語の無料辞書で正しい発音を学ぶ

多くの単語の発音をしてくれる電子辞書は手軽さと音声の面で、
やはり頼りになります。

ですが、電子辞書は安くないし、今はちょっと買えないな、
という場合でも心配ご無用!

 

無料で使えるオンラインの辞書なら、電子辞書に発音がない単語も!発音を聞くことができます

LAROUSSEラルースのオンライン辞典 

日本語はありませんが、フランス語X英語他の言語に対応しています。

使い方は、調べたい単語を入力して、スピーカーマークをクリックするだけです。

*スマホでは有料アプリが必要です。

 

単語を覚える時

意味は紙の辞書か電子辞書で、発音はこのサイトで聞きます。

人は聞いたことのある音しか、繰り返す=発音することができません

そして、発音できるようになれば、単語のスペルを覚える苦労もぐっと減ります。

ラルースのオンライン辞典と電子辞書の違い

 

実際に同じ単語を電子辞書と発音を比べてみると分かりますが、
電子辞書の発音より、
会話の途中のような生のフランス語の音断然こちらです。


電子辞書をお持ちでしたら、試しに「Je」を引いてみてください。私が使っているのはEX-wordですが、

Je Je Je……….なんか、日本語っぽい。同じ「Je」とは思えない音でした。

ラルースのオンライン辞典ではどうでしょう?

👍! 私がネイティヴの先生に教わった音そのものです。

画面を拡大して、発音記号を見ながら練習すると勉強が捗ります。

調べた動詞の活用は[CONJUGAISON]のボタンをクリックすると一覧が表示されて便利ですよ。

フランス語発音の基礎を音声付きで学べる無料サイト

フランス語オンリーの学習サイト、フランス語の発音の全てを
音声付きで独学できるのが、
アルファベの記事でもご紹介した
podcastfrancaisfacile.com の  Phonétique=音声学の項目を選びます。

ここではアルファベを含む27項目にわたって「フランス語の音」を
詳しく学べるようになっています

口の形もリアルに、発音の特徴と、例えばrとlの違いなどを
じっくり学べます。

 

 

使い方は、ページの上から順に音声を再生していきます。

途中、練習問題 も出てきますが、スルーで大丈夫ですよ^^
最初は「聞いて、繰り返す」わかるところだけを選んで進みましょう。

サイトに慣れてきて、「あっ、なんか、面白そう🎵」と感じたら
練習問題を開けてみるのもいいでしょう。

それまでは、聞いてスペルを見て(読むのではなく)発音と綴りをマッチさせていくことが先決です。

 

カタカナを見る前に、文法に入る前に、
単語の意味はまだ調べなくていいですから、
とにかく「音」に慣れちゃってくださいね。

「読む」のではなく、「音」。フランス語の「美しい音」の世界です

フランス語発音学習のまとめ

アルファベからここまでが、発音の基礎です。

* 単語の意味はあまり気にせず、
できたら毎日フランスのアニメ付きの動画で発音練習

* 単語は発音記号を見ながら、明るく広い音、こもった狭い音、
のように発音するポイントと発音記号を照らし合わせていきましょう。

これからの学習がラクになりますので、
スタートの3週間から1ヶ月くらいは発音だけに
集中することをオススメします。

毎日15分ずつでも、前進したらその日は ”成功” です(*’-‘*)

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

次の記事→フランス語の数字、聞き取りに自信がつくよ

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA