初心者がつまずかないフランス語の前置詞+定冠詞の覚え方

http://nemurerumorifrancego.com/preposition-article-verb-french

眠れる森のフランス語 フランス語の前置詞と定冠詞(縮約形)は動詞とセットで覚えよう

胡桃
Bonjour! 胡桃です

フランス語の初心者のときに
前置詞と定冠詞の繋がりをしっかり覚えておくと、
その後のフランス語の勉強を混乱せずに進められると思います。

フランス語の前置詞+定冠詞があやふやなままだと、
いざ使おうとすると混乱することはないでしょうか。

動詞の性質によって定冠詞とその縮約形が変わることを
知らないままだと、前置詞を使う場面が変わったときに
「あれ? aller〜(?_?) 」と行き先?に迷ってしまいます。

そこで今日は、フランス語の前置詞に続く定冠詞とその縮約形を
私がフランスで学べたことを
動詞とセットで覚えられるようにまとめてみました。

フランス語を初めて学ぶあなたのご参考になりましたら幸いです。

 

また、フランス語の不定冠詞、定冠詞、部分冠詞についてはこちらの記事⇩で詳しく説明しています。

フランス語の前置詞でもっともよく使われるのが àde です。

 この àde の後に続く名詞の定冠詞が、àde と一体化して
一つの単語になります。

変化の形を確認しておきましょうww

私はフランス語を学び始めの頃、これを壁に貼っておきました。

前置詞à+定冠詞→正しい形

  à +le   → au

  à +la   → à la

  à +l’    → à  l’

  à +les → aux

前置詞de+定冠詞→正しい形

  de+le   → du

   de+la   → de la

   de+l’    → de l’

   de+les → des

フランス語の動詞の性質で変わる前置詞と定冠詞

用法がいくつかある à、ここでは場所を示す使い方を例に挙げます。

男性名詞のルーヴル美術館を例に、
前置詞+定冠詞を入れてみましょう。

*ルーヴル美術館は、Louvre だけで表します。

・Je  suis  〇〇  Louvre.

  私は Louvre にいます。

 

・Je  vais  〇〇  Louvre.

       私は Louvre に行きます。

 

・Je visite  〇〇  Louvre.

  私は  Louvre を訪れます(見学します)。

 

・J’envoie  une  carte  〇〇  Louvre.

  私は  Louvre  から葉書を送ります(出します)。

答え合わせ

・Je suis  au  Louvre.

 ジュ スイ オ ルーヴル

  私は Louvre にいます。

・Je vais  au  Louvre.

 ジュ ヴェ オ ルーヴル

       私は Louvre に行きます。

・Je visite  le  Louvre.

 ジュ ヴィズィトゥ ル ルーヴル

  私は  Louvre を訪れます(見学します)。

・J’envoie une carte  du  Louvre.

 ジョンヴォワイ ユヌ キャルトゥ ドュ ルーヴル

  私は  Louvre  から葉書を送ります(出します)。

フランス語の動詞の性質がポイント

なぜ、 le のままだったり、au になったりするのか?
(Louvre: 子音で始まっている男性単数名詞 の場合)

動詞が自動詞か他動詞かによって
前置詞+定冠詞の形が変わるからです。

自動詞 → au :  travailler , venir など

他動詞 → le  : visiter, manger  など

 

*動詞を辞書を引くと、このように表記があります。

 自動詞または  v.i.     他動詞または  v.t.

travailler  「何処どこで働いています」

という表現は

・前置詞 dans を使う場合

à+定冠詞を使う場合があります。

詳しくはこちらの記事をご参照ください:
家政婦は見た?フランス語の前置詞 à と dans の使い分け

 

フランス語の勉強を進めて行くうちに、
頻繁に登場する動詞が自動詞か他動詞か、慣れてきますが、
初めてフランス語を学ぶときには、このように動詞とセットで覚えて
その後、この形を元に

バレエを習っているリラ子さん
visiterは他動詞だったわ

と思い出す手がかりにするといいと思います。

初心者マークのときに自動詞か他動詞かを覚えろ〜と言われても
(・ω・ ;)(; ・ω・)
これはゆっくり慣れて行きましょう。

Je vais  の行き先が固有名詞の場合

・男性固有名詞の前では au

 Je  vais  au  Japon.

 ジュ ヴェ オ ジャポン

・女性固有名詞の前では   en 

   Je  vais  en  France.

 ジュ ヴェ オン フランス

・アメリカ合衆国は    

Je  vais  aux  Etats-Unis.

 ジュ ヴェ オゼタジュニ

 

visiter  観光旅行の見学と公式訪問の区別

 

政府の要人などの、公式訪問では être  en  visite と使われます。

公式訪問を辞書を引くと 
visite officielle とあり、日本人は公式=オフィシャルとイコールで
考えるようですが、和製フランス語のようですので注意したいですね。
フランスでは上記のように表現します。

「総理がヨーロッパを公式訪問中です」をフランス語で

“Le  premier  ministre  japonais  est  en  visite  en  Europe”

ル プレミエール ミニストール ジャポネ エ オン ヴィズィットゥ オン ウロップ

それは誰のもの?前置詞de+定冠詞

用法がいくつかある de 、ここでは場所と所有、
2つの用法で覚えておきましょう。

・「何処どこから

 J’envoie  une  carte  du  Louvre.

 ジョンヴォワイ ユヌ キャルトゥ ドュ ルーヴル

        ルーヴルから 葉書を送ります(出します)。

  Je  sors de  la  maison.

 ジュ ソール ドゥ ラ メゾン

  家から出ます。

 

・「誰々の」という所有、所属の形

  le  chat  de  la  voisine

 ル シャ ドゥ ラ ヴォワズィヌ

        お隣さん(女性) 猫

  le  chat  du  voisin

 ル シャ ドュ ヴォワザン

        お隣さん(男性) 猫

定冠詞を確認 → 

名詞+誰のものかを表す

 

la  mère   →

la  valise  de  la  mère

ラ ヴァリーズ ドゥ ラ メール

 お母さんのスーツケース

 

le  père    →

la  valise du  père

ラ ヴァリーズ ドュ ペール

 お父さんのスーツケース

 

・l’enfant  →  

la  valise de  l’enfant

ラ ヴァリーズ ドゥ ランファン

 子どものスーツケース

 

フランスでよく登場する火星人たちのだったら、

les  Martiens →

la  valise  des  Martiens

ラ ヴァリーズ デ マルシエン

     火星人のスーツケース

 

*フランス語で学ぶときに人間と一緒によく登場するので、
 Martien は覚えておくといいですww

 フランスでは「ヘンなやつ」のことを「火星人」
 と言ったりします。

いかがでしたでしょうか?


日本にいても、

・デパートに行った

・美術館に行った

・駅にいるわよ〜

など、意識して思い浮かべたり書いたりして慣れていくとよいと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、
大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA