言えるのに何気に聞けない?フランス語の “d” の綴りの単語に注意

http://nemurerumorifrancego.com/listening-pronunciation-french-d/

眠れる森のフランス語 言えるのに何気に聞けないフランス語のアルファベ “d” に注意

胡桃
Bonjour! 胡桃です。アルファベの d の音けっこうクセものだと思いませんか?今日はフランス語の についてが途中にある単語を覚えるときに気をつけたいこと、d の発音の特徴、聞き取りのポイントなどについて見て行きましょう

 

フランス語のアルファベの発音には日本語にない音のせいで、発音が難しいとされるものが幾つかありますね。

代表格は Rですし、Fなどは日頃の勉強で気をつけている発音ですが、あまり気にかけない音かもしれません。

ひと口に dと言っても、から始まる単語と dé で始まる単語など色々ありますが、私が最近改めて取り扱い注意!とディクテで痛い目に合ったのが、単語の途中の の発音。

は発音は難しくないけれど、いざ聞き取りとなると?一筋縄ではいかない場面があります。

 

 

dで始まる単語は、dでもde でも でも、発音するのも聞き取るのも、特に難しく感じることはないでしょう。

ところが、このような綴りの単語の場合

  • admirer   アドミレ 感嘆する 
  • adversaire  アドヴェルセール 敵対者 

これらが、

  • ミレ
  • ヴェルセール

のように聞こえます。

バレエを習っているリラ子さん
きゃー。dはすっ飛ばされてる感じね

胡桃
そう、adversaireなんて、え?anniversaire?って勘違いも不思議でないくらい

もちろん、文法上の意味からしたら、どんな風に聞こえようが然るべき単語を当てはめなければなりませんが、このように単語の途中、特にa につくd は、日本語の「ん」のようにはっきり発音されない音です。

 

発音してるつもり?フランス人の無意識

また、単語がdで始まっていても、フレーズの中で発音されるときは別の単語?と間違うくらいにdは飲まれて発音されることが多々あります。

実は、こちらの記事↓で、私が情けない思いをしたのは、d で始まる単語が聞き取れなかったことなんです(´゚д゚`)

しかも、私が引っかかって落ち込んだ単語は、なんと ただの dans

前の単語と飲まれたdがくっついて→ 違う単語だと思った。。。

(´゚д゚`)…

 

こうなると単に聞き取れるかどうかの問題ではなく、単語力、フランス語の文法に関わってきて、経験上、何を言っているのか分かる=推測できる だけです。

フランス語を学ぶ外国人には発音されているのかどうかわからない d でも、フランス語を母国語とする人には「ばっちり聞こえてる”つもり”」なだけだと思われます。

バレエを習っているリラ子さん
聞こえないことがちゃんと聞こえてることになるんだわ。日本語もそうよね

(o・ω・o)…?

発音の仕方は人にもよりますが、

胡桃
私の耳が悪いのかと思ったり

バレエを習っているリラ子さん
聞こえてるつもりのフランス語耳を育てたいわ

 

d を聞き取れるようになるために、単語を覚えるときに気をつけたいこと

ということで、じゃあ、フランス語を勉強する私たちはdonな風に覚えたらいいかを見てみましょう。

発音の特徴で、大きく次の2つのパターンに分けられます。

 パターン1:かすかに発音されるが、フランス人のナチュラルスピードだとほぼすっ飛ばされるdの綴り

  • admirer  アミレ 感嘆する 
  • adversaire ヴェルセール 敵対者
  • adverbe ヴェルブ 副詞

  など

 

気をつけたいことは、カタカナ表記のある辞書にはしっかり「ド」と書かれていることです。

adorerレ  大好き

の「ド」と同じではありません。

 

dに、自分なりの「バッチリ発音してはいけないマーク」をつけておくといいですね(*^-^)!

辞書の音声を何度も聞いて、書くときにも「ドとしっかり言ってはいけない(`o´)!」とキモに命じながら書く単語たちです。

パターン2:d が全く発音されない綴り

  • adjoindre  アジョワンドル 付ける、加える
  • adjectif アジェクティフ 形容詞

  など

 

これらの発音についても同様に、「発音してはいけない dマーク」をつけて覚えるといいです。

普段勉強しているときには頭で分かるし、ブツブツ声に出さない限り綴りを覚えてスルーしてしまいがちな単語でもあります。

すると、どんなことが起きるかというと

バレエを習っているリラ子さん
あ!joindre /つなげる と聞き分けられなかったりするわね

胡桃
リラ子さんたら笑  adjoindre と迷いませんように〜

dansとdont の聞き分け

フランス語 贈り物

 

個人的な経験からですけれど、dans は先ほどお話したように、dが飲まれてしまう感じがありますが、dontは比較的はっきりと発音されるようです。

dans の後には冠詞や指示代名詞などが続いて使われますし、文法上混乱することはないですが、ディクテをやっているとdで始まる単語には時々、やられてしまうことがありました。

・dans dent 発音は ダン

  ・・・の中に と 歯

・dontdon 発音は ドン

  関係代名詞 と 贈り物

まとめれば上のように発音の違いが分かるものの、いざ聞き取りとなるとあれっ!ヒヤッとする発音です。

*ちなみに、贈り物の un  don は、un  cadeau より意味が大きくなります。例えば「眠れる森の美女」の中で、妖精たちが生まれたばかりのオーロラ姫に類まれな美貌や歌声などを贈りますが、このような場合に don が使われます。

radioの発音は、ヂが近いかも?

radio ラジオの発音記号は radjo ですね。

辞書のカタカナ表記は「ラディョ」ですが、注目したいのは di の音。

この発音は 「ラヂォ」 が近いかなと思うのです。

きれいに「ディ」 と発音しない、けっこう「ジ」に近いから私は「ヂ」をイメージしています。ラジオ でも ラディオ でも通じますが、「j」の音を是非とも含めたい音。そう発音するとグッとフランス語っぽく聞こえます。

 

バレエを習っているリラ子さん
ラジオはRの発音で始まるし、身近な単語なのにけっこう難しいわ

胡桃
フランスに radio classique というラジオ番組があって「j 」の音が大事だな〜と気づきました

 

まとめ。フランス語学習の経験を積んでいくには

単語として覚えたことも、様々な文章の中で発音されると、知っていると思っていた単語も姿を変えて、手ぐすね引いて私たちを待ち構えています(* ゚ω゚ *)

だから勉強=経験を積んで行くんですけどね。

 

あやふやにはやっぱりわけがある。

バレエを習っているリラ子さん
どうだっけな〜と思うことや胡桃さんのように間違える理由はあるわね

 

胡桃
私は日本語を教えているのに、結構長いこと adjectif の発音があやふやだった

気を取り直してフランス語独学の心がけを上げてみましょう。

  • 多くの文章をスクリプトを見ながら聞く
  • ディクテをやって間違えてどっぷり落ち込む
  • 胡桃がdのことをなんか言ってたなと思い出す

 

それではまた、コツコツ頑張ってまいりましょ(*^-^)!

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

旅で役立つ会話とグッズ&フランス語学習本など

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA