フランス語でエレガントにお願いする依頼表現

眠れる森のフランス語  フランス語でエレガントにお願いする依頼表現 

胡桃
Bonjour! 胡桃です

日本の学習本や会話本の中で、時としてフランス語本来の意味と、日本風に区別されるニュアンスが曖昧な表現が見られます。

日本では人に物事を依頼する時、棘が立たないように相手に察してもらう気持ちが先立つもので、また、そう言ったやんわりとした表現が好まれますね。

ですが、フランス語に限らず、欧米の依頼表現でとにかく気をつけたいことが「誤解を招かないこと」です。

依頼表現に限ったことではありませんが、相手との間柄やことの流れで使われている表現を、私たちが安易に使うべきではない表現がしばしばあります(゚Д゚;)

私もフランスへ来て実際に、日本の学習本や映画で覚えたことを「これでいいんだ〜」と信じて使っていて、それがとんでもない間違いだったことをかなりイタい思いをして知り、学び直した経緯があります。

日本の学習本では命令表現と依頼表現を混同しているフレーズも見かけますので、フランス語の依頼表現の違いをまとめました。

何かをお願いする時、私たちは「・・・していただけますか?」と尋ねることと思います。
フランス語でも、大人として礼を欠くことのないように、丁寧にお願いする表現を使いたいことと思います。

それでは例文として、飛行機内などで「お水をいただけますか?」とお願いする表現を見てみましょう。

直訳すると「私に=me (moi), お水を=un  verre  d’eau, 持って来て=apporter,  いただけますか」

さて、あなただったらどの文を使いますか? または、使って問題ないと思いますか?

1.    Apportez-moi  un  verre  d’eau, s’ il  vous  plaît ?

2.   Voulez-vous  m’ apporter  un  verre  d’eau ?

3.   Pouvez-vous  m’ apporter  un verre  d’eau ?

4.   Pourriez-vous m’ apporter  un  verre  d’eau ?

 

学習本の中では、全部出て来ているので、あなたもおそらく全ての表現を見たことがあるかも知れません。

また、より丁寧な言い方はこうですよ〜と書かれているのも見たことがあり、特に 1 の、
Apportez-moi ムニュムニュ は、簡単に使える依頼表現として見かけますが さて、正解は??

4つ全部が依頼表現ではないよ。その違いとは?

話の流れの中での使われ方、特に、日本語に訳した時に明確に区別することは難しいですが、丁寧さのランクで使い分けるのではなく、意図することが違うということをまとめます。

 

 1. Apportez-moi  un  verre  d’eau, s’il vous  plaît.

 アポルテ モワ アン ヴェール ドォ、スィル ヴ プレ
   

 これは、命令の表現です。 

  飼い犬に「新聞を持って来てね」という時などに使う表現です(* ゚ω゚ *)
「持って来てね」とか「持って来てちょうだい」って
   日本語で言うと可愛いですが 🐕 フランス語では?

       要注意!「持って来なさい」「持って来い」という命令です。(゚Д゚;)

 Donnez-moi  ムニュムニュ の使い方も同様です。

   また、文に s’ il vous plaît をつけていればいいんでない?と思うかも知れませんが、
  あってもなくても、命令的なニュアンスは全然変わりません(つ゚o゚⊂)

    使う状況や間柄などを間違えないように気をつけましょう。喧嘩になったら大変!

 

 

 2. Voulez-vous  m’apporter  un  verre  d’eau ?

 ヴレヴ マポルテ アン ヴェール ドォ?

  これも、命令の表現です。
  1との違いは、例えば、お客の立場などから 上から目線で相手に
  要求するようなニュアンスです(>△<〃)

  また、文に s’ il vous plaît をつければ OK?と思うかも知れませんが、
 あってもなくても、高圧的なニュアンスは変わりません。

    使う場面に要注意ですね( ̄^ ̄ 😉

 

 

 3. Pouvez-vous  m’apporter  un  verre  d’eau, s’il  vous  plaît.

 プヴェヴ マポルテ アン ヴェール ドォ、スィル ヴ プレ
   

 「お水を持って来ていただけるのかどうか」Oui か Non かの可否を尋ねる表現です(e。e)

 「命令形より丁寧な言い方ですよ」と解説されている本を見かけますが、
    違うことがわかりますね。

  お水をお願いしたい時に使うのも間違いではありません。
  ですが、オススメは、断然、次の4👍 です。
  日常的には、「駅に着いたわ〜迎えに来てもらえる?」という感じで使います。
 1のような、「迎えに来なさい」はNG です(`o´)

 

          

 4. pourriez-vous  m’apporter  un  verre  d’eau, s’il  vous  plaît.

 プリェヴ マポルテ アン ヴェール ドォ、スィル ヴ プレ
   

 これが、私たちが言いたい「お水を持ってきていただけますか?」の
 ❤️  望ましい依頼表現 ❤️です(*^-^) 

  pourriez は、pouvez を条件法にした形で、最も丁寧な表現になります。

  基本的に この表現を覚えておけば どこへ行っても  très bien ♡ です。

 

フランス語のエレガントな依頼表現まとめ

 

    ** エレガントな依頼フレーズの作り方 **

 Pourriez-vous +  ( me (私に) )+ 不定詞 + もの、こと,  s’ il  vous  plaît.

 

パリにバレエを観に行くリラ子さん
あら? ?マークを忘れていない?
 
胡桃のC先生
疑問形で始まっているフレーズなので、s’ il  vous  plaît のあと、正しくは、?マークは不要です
 

こだわらないフランス人も多いようです。

 

✅ 朝食のルームサービスを頼みたい時は

 Pourriez-vous  m’ apporter  le  petit  déjeuner  dans  ma chambre,
   s’ il  vous  plaît.

 プリェヴ マポルテ ル プティ デジュネ ダン マ シャンブル、スィル ヴ プレ

✅ 写真を撮っていただけますか?とお願いするなら

 Pourriez-vous  prendre  une  photo, s’ il  vous  plaît.

 プリェヴ プランドール ユヌ フォト、スィル ヴ プレ

 
胡桃
これであなたの次のひとり旅からは、ゆっくりとホテル滞在&素敵な写真が沢山残ることでしょう

 

  ❤️   Pourriez-vous  プリェヴ と切り出せば、先方は「この人は自分に何かを頼みたいのだ」ということを瞬時に理解して、耳を傾けてくれることでしょう。

  ❤️  そして、発音する時に、s’ il  vous  plaît の最後の、 plaît まで明瞭に言うようにするとさらに良いですねww

日本語ではお水をいただけますかっ? なんて語尾を強く言わないのが嗜みですけど、フランス語の s’ il  vous  plaît はすごく大事な言葉です。

お願い事を伝える表現では、親しき仲にも忘れずに明るく言って、お願い上手になりたいものです(〃э_э)

 

お読みいただき、ありがとうございました。
あなたのフランス語学習にお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

 

次の記事 一人旅で使いたいフランス語依頼表現 機内編 に続きます。

Merci  et  à  bientôt !

 

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

フランス語でエレガントにお願いする依頼表現” に対して1件のコメントがあります。

  1. 美恵子さん より:

    在日25年のフランスマダムからフランス語を習っております。同じご指摘を頂きました。Kurumiさんは日本語でご説明下さるので大変わかりやすいです。
    これからも楽しみに拝見いたします。
    ありがとうございます。

    1. kurumi より:

      コメントをありがとうございます。
      日本とフランスの社会の成り立ちが違うので、言葉の使われ方もフランス語はフランス語ですね(*’-‘*)
      フランスマダムと同じアドバイスが出来たなんて、とてもとても嬉しいです!
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA