?マークをつけただけの疑問形は、美しくないよ

question-1500062_640

眠れる森のフランス語 フランス語のその疑問形、誰も使ってはならぬ?

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です

フランスには階級社会という伝統があり、フランス語もまた、
階級によって使われる言葉が違うと言われていますね。


それ故、フランス語を学ぶ外国人女性であれば、
ライフスタイルや趣味、年齢などが似ている
フランス人女性から学ぶのがいちばんいい、と言われれています。

 

私は男性の先生にしか習ったことがないのですが、
フランスに来て、移民局のフランス語講座に通った時に、
初めて女性の先生に習う機会がありました。

 

この講座の先生は、まさに年の頃も私と同じく、
大人の女性として、国語を教える専門家として
教え方も発音も、声も素晴らしい方でした。

胡桃
ああ、フランス語って、きちんとした大人の女性はこんな風に話すものなんだわ・・・

 

街中で耳にするフランス語と、全然違う(*゜ω゜ノ)

 

私は家から教室までの交通の便の関係で、
日本で勉強した内容でもあったのでこの講座に通うことを断念しましたが
今は やはり年の頃が同じで、価値観や考え方もよく似ている先生に習っています。


先生は男性ではありますが、「使うべきではないフランス語」の注意を度々受けます。


そこで今日は、私がフランス人の先生に教わった「そのフランス語は注意!」
の一つをシェアしたいと思います。

日本に出回っているフランス語の学習本を全部チェックしてはおりませんが
私が普段の勉強に使っている4冊の本全てに
「フランス語の肯定文を疑問文にする方法は3つ」と書かれています。

 

その3パターンを、例として「ベルばら」の中の、
ジェローデルのセリフで見てみましょう。

 

ジェローデルがオスカルに「あなたはバラの花びらを食べるのですか?」
と言うシーンがありますねww

 

日本の学習本では、それを問うには以下の3パターンの疑問文が使える、
と解説されているものが多いようです。

 

 ・ パターン1、肯定文に?をつけて、言葉尻を上げて読む方法
   Vous  mangez  les  pétales  de  rose ?

  パターン2、肯定文の文頭に Est-ce que をつける方法
   Est-ce  que  vous  mangez  les  pétales  de  rose ?

  パターン3、主語と動詞の順番を倒置して、?をつける方法
   Mangez-vous  les  pétales  de  rose ?

 

ここで、私の先生から警告が入ったのが、パターン1の、
肯定文に?をつける形です。

そう、私たち(全員ではありませんが、一般的に)が、
「フランス語の疑問文はこれでいいらしいわ、簡単で便利ね」
と納得している形です。

*そうでない方は、ここでスルーしていただくのがいいと思います。

フランス語の疑問文は、2パターン

パターン1 は、多くのフランス人や、作家もジャーナリストも使っている
日常的な表現だそうで、日本の学習本にも取り入れられているのだと思われます。


本によりますが
パターン1は「くだけた表現です」とか
「主に話し言葉で使われます」などの添え書きが
あることが多いですね。

パターン2の Est-ce  que ムニュムニュ、は
「話し言葉でよく使われる」とか

パターン3の 倒置形については「改まった言い方で使われる」
などの 添え書きもあり

 ( ̄^ ̄ 😉

真実はどこに? 私たちはどうすればいいの?


本によってまちまちなため、私のC先生に質問してみました。

C先生
肯定文に?をつけるだけの表現は文法上も間違いではないが、人に何かを尋ねる時に使うべきではない表現ですよ


(゜o゜)

C先生
Est-ce que〜か、倒置形のどちらかで覚えなさい


(*´Д`*)

 
 

なぜパターン1はよろしくないかといえば、
日本語では様々な表現が浮かびますが
先生の、苦虫を噛み潰したような表情からは

胡桃
まずい表現なんだわ、きっと


だから、胡桃も使うべきではないですよ、ということでした。
 
 

 

では、私たちが目指す、美しいフランス語の疑問形とは?

話す時も書く時も、Est-ce que 〜 か、倒置形を使いましょう。


どちらの方が丁寧か? ということも 特にないそうです。

肯定文に?をつけただけの形というのは、
文の流れの中で、例えば念を押すようなニュアンスだったり、


ジェローデルとオスカルの会話のように、
別段、オスカルがバラの花びらを食べ物としている
のかどうかを問うているのではない=純粋な疑問文ではなく


二人の関係や会話の流れでジェローデルが
オスカルを口説くきっかけが欲しくて❤️、
というようなニュアンスで使っているわけですね。

 

それに対してオスカルも

「いけないか!?(# ・`д・´) 」と応えています。


Oui でも Non でもありません。

 

ジェローデルが、オスカルが本当にバラの花びらを
食べる人なのかどうかを知りたくて
質問するのであれば

   Est-ce  que  vous  mangez  les  pétales  de  rose ?   

 エスク ヴ マンジュ レ ペタル ドゥ ローズ?

または

   Mangez-vous  les  pétales  de  rose ?  

 マンジェ ヴ レ ペタル ドゥ ローズ?

と聞けばいいわけです。 

そして聞かれたオスカルも Oui か Non かで応える必要があるわけです。

 

ベルサイユのばらで学ぶフランス語(私のは旧版ですが)の中では
パターン1の疑問文として取り上げられていますが、
他と一線を画す素敵な学習本です)

私たちが知っておきたいことは
肯定文に?をつけた疑問文は使わない、ということです。

フランス語の疑問形使い方まとめ

ネイティヴといえども、
フランス語への取り組みや真摯さは本当に人それぞれですね。


私たちも「美しいフランス語」を学びたいと思うものの、
何が美しくて何が粗野なのかを
知るのは意外と難しいかもしれません。

 

ネイティヴの先生方のお考えもそれぞれで
反対意見もおありかと思われますが、
私個人が学んだことが
初めてフランス語を学ぶあなたの学習の
お役に立てることがありましたら大変嬉しく思います(*’-‘*)

 フランス語の疑問形に自信がつくよ に続きます

 

お読みいただき、ありがとうございました。


Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

?マークをつけただけの疑問形は、美しくないよ” に対して1件のコメントがあります。

  1. N より:

    偶然調べものをしていてたどりついたのですが、例文のチョイスが最高です(笑)

    1. 胡桃 より:

      Nさん、こんにちは。お読みいただき、コメントをありがとうございます。バラの花びらのお風呂に入りたいくらい嬉しいですo(*⌒─⌒*)o 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA