手に汗握るパリのデモ。あなたなら何を叫ぶ?

手に汗握るパリのデモ。あなたなら何を叫ぶ?

  • ブログ
眠れる森のフランス語

パリのデモ、何か起きるんじゃないかとハラハラしたわ。3度目を打たされる状況になって、いよいよ怒り爆発ね。自由!真実!ワクパス反対!私だったら子どもに打たせるなー!!って叫びたいな。

眠れる森のフランス語胡桃

Bonjour ! 胡桃です。2021年11月20日は、政府が3回打たないとワクパス無効だと発令してから2度目の抗議デモ。ライブで一部始終を見ていましたが、もう、居ても立っても居られないとはこのこと、手に汗を握りながらデモ隊を応援していました。私はワクパスなしではパリ行きの列車にも乗れず、でもデモ隊に加わったら何て叫ぼうか考えてみました。

市民が集合したところから始まっています。

デモ隊に対面しているのは警察官は少なく、主に憲兵と呼ばれる機動隊員です。フランスは警察官も二極化しており、市民側につく警官も多いです。

2度の接種でワクパス、特定の職業に接種強制などが次々と決まった夏頃は、2度打って自由を得たつもり?安心して政府の罠の下で眠っていた仏人も、3度目接種の声を聞いてから怒り爆発、デモ隊に加わりました。

この動画は団結して前進してくる市民が憲兵を圧倒していますが、途中、銃声を思わせるような発砲の音が連発し、前日夜にオランダで警官が実弾を発砲したことを瞬時に思い出して一瞬凍りつきました。

しかし真実!自由!ワクパス反対を叫ぶ声は止まらず、催涙弾の煙、火炎のような煙にもたじろがない、勇敢なデモ行進でした。

ぜひ見て、そして報道されない日本の方に拡散していただきたいです!

デモに加わったら、皆と声を合わせて、そして私だったら・・・

パリに行きたい。デモに加わりたい。なぜって人類の一大事だもの。

フランス人が決起する理由は主に自由でしょうか。ワクパスなんかで行動制限をする社会に反対、単に政府の方策で自由を奪われることを怒っているだけの人もいるかもしれない。

2度接種すればどんな変異株にも無敵と公言したのに3度目を公然と煽る政府のウソに気づいて怒ってる人もいるかもしれない。

私がデモに加わりたいと思うのは、人類の大覚醒の場に立ち会わねばと思う気持ちと、

胡桃

憲兵なり警官なりの一人でも、気づいて市民側に来て欲しいと思うのよ

リラ子

じゃあ、デモ隊の最前列に立って・・・

胡桃

そう、おめえらフランス人を絶やす気か? ワクに何が入ってるか知ってるでしょう?? 国を潰すために不正に大統領になったアドれのマクロンなんかとっくのとうにいないの知らねーのか! 

と言いたいところだが、スヤスヤ眠ってる猫を前に、紛いなりにも在仏大和民族の一人ならどーしよーかなーと考えてみた。

胡桃

デモ隊の最前列で憲兵に微笑んで、こちらに来て力を貸してくださらないかしら?って両手を広げてお願いするの。何度でも精一杯微笑みかけて、一緒に歩きましょう、そうしたら心強いわって。

ならさっさと検査証明取ってパリへ行け、と思うでしょうけれど、私の街はパリから200km、日本や都市部からは想像もつかない辺鄙な場所、今移動することは本当に無謀でしかない。

でも、憲兵さんたちが気づいてくれたらいいなと思うと、デモのライブ動画を見ながら祈るような気持ちになってきます。

フランスは、欧州はどうなってしまうのだろう?

フランスが2021年11月9日に、2回接種ではワクパス無効として、65歳から3回目を煽り始めたのを皮切りに、欧州諸国で申し合わせてる通りに!締め付けを強め始めました。

わずか1週間の間に

  • 🇫🇷:3回目を65歳以上に、次いで50歳以上、そして40歳以上に。マクロンの息子アレクサンダーソロスが欧州を締め付け強化している。
  • 🇦🇹:未接種者を隔離、22日からロックダウン、市民を取り締まる暴力行為
  • 🇮🇱:5歳から11歳を接種対象に
  • 🇳🇱:デモ隊に発砲、取締りの暴力行為

他の国もいつものように感染者数を捏造してもれなく追従する手筈でしょう。

検査料を値上げしたり、有効時間を短くするとか、悪魔の嫌がらせは想像できます。

リラ子

567は完全に仕組まれたワナ。昨年のウイルスは作り話。

今は自分たちの悪事がバレそうですごく焦ってる感じもするわね。

ローマのデモでは「子どもに手を出すな!」

イタリア在住の邦人、お料理ユーチューバのMihoさんという方が同じ日のローマのデモにいらしたと動画が上げられていました。

イタリアのワクパスをグリーンパスといいますが、反グリーンパスの声のひとつに「子どもに手を出すな!」というフレーズがありました。子どもへの接種のことですけど、バ痴漢の国ですから意味深です(フランスもド変態ペドの国)。

(−_−;)

Mihoさんの動画もぜひご覧ください。

リラ子

大人の自由ばかりを叫ぶフランスとちょっと違うわね。私も子どもに打たせるなって叫びたいわ

今後の抗議デモが無事に行われますように。これからどうなる?

フランスのデモでは戦場のようになった場所もあります。

今週の土曜日以降もデモが続けられるといいのですが。政府はデモをさせないために感染者数のデマを飛ばして夜間外出禁止令を出すことも計画済みじゃないかと。。

リラ子

あ!ちょうど1年毎くらいのフランスの夜間外出禁止令は、このための予行練習だったのかも??

フランス、欧州では私たちの予想も出来ないような法令が、高額の罰金付きで決議されてきました。

今後も、罪のない人が逮捕されるようなことがないように、これ以上接種による被害者を出さないように、どうすれば、どうすれば・・・。

日本では喪中はがきが売れていると聞いた。

これだけ話したらコロナで亡くなったと勘違いされる確率高いから、接種前か接種後かを忘れずに伝えないとね。

おわりに、パレロワイヤル広場をトリコロールで埋め尽くして抗議の様子、パリはだいぶ冷え込んできました。

眠れる森のフランス語胡桃
お読みいただき、ありがとうございました。

Merci et à bientôt !
スポンサードリンク

記事が気に入ったら
"いいね!"
Facebookで更新情報をお届けします。


無料でフランス語オンライン体験レッスン&受講相談受付中。


ベルリッツ

関連記事

  1. パリジャンから学ぶ、フランス人のおしゃれなヴァカンス姿

    パリジャンから学ぶ、フランス人のおしゃれなヴァカンス姿

  2. テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!

    テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!

  3. ノーリードの犬にアタックされて歯を負傷した話

  4. フランスの音楽学校再開。習い事は日常の大事なスパイス

    フランスの音楽学校再開。大人の習い事は日常の大事なスパイス

  5. 立体マスクを手縫いできれいに作るコツ

    手縫いで立体マスクを簡単&きれいに作るコツ。型紙付き

  6. フランスのバカンスのコロナ対策

    バカンスリゾートのコロナ対策はどんな?

  7. フランスの森の材料でナチュラルなクリスマス・アレンジとリース

    フランスの森の材料でナチュラルなクリスマス・アレンジとリース

  8. フランス行きEMS、2020年年末から止まるかも

    フランス行きEMS、2020年年末から注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


トピック

  1. わかる!基礎

    フランス語でエレガントに注文、お会計をする カフェ編

新着記事

  1. アムールの国

    全豪オープンテニス2022にジョコビッチが出場拒否の理由
    全豪オープンテニス2022にジョコビッチが出場拒…
  2. アムールの国

    騙されるな。フランス政府3回目必死のコメディを見抜け!
    騙されるな。 3回目へ必死のフランス政府茶番劇を…
  3. アムールの国

    手に汗握るパリのデモ。あなたなら何を叫ぶ?
    手に汗握るパリのデモ。あなたなら何を叫ぶ?
  4. アムールの国

    どもの強制接種、あなたならどうする?
    学校で子どもに強制接種するフランス、あなたはどう…
  5. アムールの国

    フランスの音楽学校再開。習い事は日常の大事なスパイス
    フランスの音楽学校再開。大人の習い事は日常の大事…
  6. アムールの国

    こんなはずではなかった?フランスの自転車アフターコロナ
    こんなはずではなかった?フランスの自転車アフター…
  7. 美味しい食のフランス

    スパークリングワインがシャンパンより美味しいことも。その違いとは
    スパークリングワインがシャンパンより美味しいこと…
  8. わかる!基礎

    àとfalloirが同じ意味に。覚えておくべき使い方
    àとfalloirが同じ意味に。覚えておきたい使…
人気記事 注目記事
  1. 黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
  2. DELF受験はムダじゃない。 B1を受けてよかった
  3. プレゼント、どうしよう・・悩む悩むフランス語
  4. 私の大好きを強調するならmaisと強勢形でフランス語っぽく
  5. 連絡しなくてごめんね。
  6. 目的語がないフランス語に危険が潜んでる
  7. フランス語の数字を覚えるならレシピ動画を見なさい。
  1. こんなはずではなかった?フランスの自転車アフターコロナ
  2. 2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習
  3. パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること
  4. 恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフランス語
  5. フランスの小麦粉、美味しく使い分け
  6. 届けばラッキー。泣ける!フランスのAmazon
  7. DELFのディプロムはフランスでどれほどモノをいう?
スポンサードリンク

最新記事をメールでお届けします

ニュースレターで記事をお届けします。メールアドレスは公開されません。

アーカイブページ