フランスコロナ拡大やっぱりな理由

フランスでコロナ感染拡大はやっぱり。フランス人も絶句!バカンスでわかる残念な理由

  • ブログ

この記事の内容は、仏人の様子は事実ですが政府の感染状況発表は、裏があってのことと考えられます。2021年3月20日頃の外出制限については下記の記事をお読みください。

眠れる森のフランス語

フランスのコロナ感染は世界ワースト5位よ!普段ばっちいことを差し引いても多すぎるでしょ!どうなってるの?

眠れる森のフランス語胡桃

Bonjour ! 胡桃です。フランスもクリスマスバカンスに入り、国内での移動が始まっています。移動制限中には分からなかったフランス各地の人の様子から、フランスでこんなに感染が増えることに今更ながら絶句する理由が上がっています。

2020年春。誰もが初めて経験する外出制限令、そして夏のバカンス前に緩和されたときの開放感に、多くのフランス人がなぜか、「コロナはもう終わった」と信じていた様子でした。

実際に、夏のバカンスシーズンには警官だってマスクしていませんでした。

(・・?)

こちらの人にとっては鬱陶しいだけのマスク、食品を売る人でさえ顎にかけておしゃべりが止まらない風景、つまり、感染予防する気がないんだという現実に身震いしたものです。

そして10月のToussaintのバカンスまで人の大移動は続き、フランスだけではないけれど、11月は再びの外出制限令となりました。

街でマスクをしていない人は、ほぼいなくなった

私の街はごく小さいけれど、11月の外出制限の頃にはマスクなしの人は本当に見かけなくなりました。顎マスクなんて大昔の流行と思えるくらい。行政指導もやっと必死になってきたのでしょう。私の市では住人が少ないながら市全体でマスク着用義務となり、市中感染が起きることもなく、緊張や恐怖少なく日常生活が営まれていたように感じられます。

カフェ、レストラン閉鎖中のクリスマスバカンス

フランスではまだレストランやカフェは閉鎖中なので、食料を調達できるところはスーパーと、お惣菜屋さんなど持ち帰りができるお店だけです。これにはクレープ、ゴーフル(ワッフル)、アイスクリーム屋さんも含まれ、雨が降らなければ1日中待ち列ができています。

屋根とテーブルがある場所がないため、天候が比較的穏やかな日は、カップルも家族連れも、座れるところを見つけての即席ピクニック?風景が見られます。

そして、私の街では既に昔の流行となった顎マスクが健在。マスクなしだっているわ、いるわ。どこからいらしたのか知りませんが、同じフランス国内でも外国人に見える人がいっぱい。

これじゃあ感染増当たり前。フランス人も唖然。。コロナをわかっていない人

宿泊施設、ホテルは、開いているところと閉まっているところがあります。部屋数が数十くらいの規模のホテルは営業していて、数百あるような5つ星ホテルは休業、といった具合です。

パリから最も近い海のリゾートの一つである私の街、ホテルに勤務する人からの話をご紹介しましょう。

夜、カジノに行きたいんだけど

電話で宿泊予約を受けながら、お客さんからカジノのことをあれこれ尋ねられるのだそう。

ーレセプションのLさん「・・・カジノは閉鎖ですけど?」

ー電話予約のBさん「はぁ? なんで??」

ーLさん「・・・コロナだから閉鎖なんですけど」

ーBさん「なんでコロナで閉鎖なのよっ??」

街にはカジノやスパがあり、それを楽しみに来る人も多いのだけど、「スパの予約を取っておいて欲しい」など、Bさんのように

  • フランスで日常生活の必需ではない施設が閉鎖されていること
  • なぜ閉鎖されているのか?

がわからない人が本当に多数存在する、という、フランス人がフランス人に驚愕する現実が。

(´゜д゜`)?

夜間外出禁止令もわかってない

夜カジノに行きたいということは、フランス全土の夜間外出禁止令もわかっていないということ。バカンスに来て初めて夜間外出令が何なのかわかったらしい人も少なくないそう。

結論。コロナを理解しない+遊ぶこと最重要=感染拡大

2020年12月29日現在の感染状況 (公式発表ですからもちろん◯ソ。フランスは正確には6位かな。
出典 ジョンホプキンス大学

フランスコロナ拡大

米大統領選を追ってる私の余計な話で申し訳ないけれど、私は一時、フランスでの異常ともいえる感染増は合衆国同様にC共に狙われたのでは?と思ったりしました。

しかし周囲の観光関連の人々は、「いやいや、全然そんなんじゃない。フランス人はコロナを理解していないし、とにかく遊ぶことしか考えてないから」と。

2020年12月23日から2020年1月4日の間で10万人増。

胡桃

だから制限令を出す政府に文句を言い続けるわけですね

リラ子

平和ボケならぬ健康ボケかも〜と笑ってる場合じゃない💢

2020年の春、政府から初めて外出制限令が出たとき、マクロン大統領は「これは戦争だ」と言っていましたが、まるで仮想敵とのゲームか、お伽話のようでした。次のような基本的な理解に至る、誰にでも理解できるような説明が欠落しているためです。

  • ウイルス感染とは何なのか?
  • どうやって予防するのか?
  • なぜ国を、世界を上げて外出自粛する必要があるのか?

日本の感染拡大の原因の一つは、感染していると思しき外国人の流入が考えられるでしょう。C国では最初の感染拡大と同じような、住居を外から開かないようにする!ようなことが行われています。

日本の多くの人は相当に予防しているでしょうに、ウイルスが突然変異して消えてくれることを願っています。

フランスではコロナのおかげでインフルエンザが減っている

2020年年末の情報では、マスクや衛生的な暮らしが始まった?おかげで、インフルエンザが格段に減っているそうです。

今までは風邪を引いていようがインフルだろうが、ビズや握手は当たり前の日々でしたからね。コロナが終わっても、衛生観念が絶えないことも切に祈ります。

2021年3月追記

小サイトでフランスの流行り病についてお伝えしてまいりましたが、いわゆる大手メディアが報道している内容は、感染者数もフェイクであったのでは?と考える必要がありそうです。

フランス政府が感染状況や措置を発表するときの言葉や数字が非常に訝しく、私自身も以前から「何かおかしい」と感じていたことが、様々な情報と結びついて、「やはりフェイクだったのだ」と答えを出せるようになったと思われます。

ここでは詳しい経緯は省きますが、この1年間、世界で何が起きていたのか?を個人が調べることが大事です。フランスでも、「スペイン風邪同様にメディアが作り上げた流行り病」という情報もあります。人類が1年かけて学んだことは、これまで信頼してきたもの、ことが、そうではなかったという事実でしょうか。

眠れる森のフランス語胡桃
お読みいただき、ありがとうございました。

Merci et à bientôt !
スポンサードリンク

記事が気に入ったら
"いいね!"
Facebookで更新情報をお届けします。


無料でフランス語オンライン体験レッスン&受講相談受付中。


ベルリッツ

関連記事

  1. フランス国際小包SAL便復活

    朗報!フランス行き国際小包SAL便復活

  2. 立体マスクを手縫いできれいに作るコツ

    手縫いで立体マスクを簡単&きれいに作るコツ。型紙付き

  3. アムールの国のバカンスは喧嘩別れ続出だって?

    アムールの国のバカンスは喧嘩別れ続出だって?

  4. 恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフランス語

    恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフラ…

  5. マルシェで100万円の品物も売られている

  6. コロナウイルス自粛

    コロナウイルスの自粛って、何のこと?何をすればいいの?

  7. フランス行きEMS、2020年年末から止まるかも

    フランス行きEMS、2020年年末から注意

  8. フランス行きSAL便、国際小包 2020年5月の状況

    フランス行きSAL便休止、国際小包 2020年6月の状況

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


トピック

  1. わかる!基礎

    許可を求める美しいフランス語表現はどこへ?

新着記事

  1. アムールの国

    テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人!
    テレビ頼りのコロナ脳だなんて。目覚めよフランス人…
  2. 勉強の仕方

    2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習
    2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習…
  3. アムールの国

    パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること
    パリ、フランスにもヘリコプター。外出制限は何のた…
  4. アムールの国

    黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
    黄色いベスト運動の真実とフランスの深〜い闇
  5. アムールの国

    恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフランス語
    恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシス…
  6. DELF

    DELF受験はムダじゃない。 B1を受けてよかった
    DELF受験はムダじゃない。 B1を受けてよかっ…
  7. わかる!基礎

    プレゼント、どうしよう・・悩む悩むフランス語
    プレゼント、どうしよう・・悩む悩むフランス語
  8. わかる!基礎

    私の大好きを強調するならmaisと強勢形でフランス語っぽく
    私の大好きを強調するならmaisと強勢形でフラン…
人気記事 注目記事
  1. 黄色いベスト運動とフランスのどん深闇
  2. DELF受験はムダじゃない。 B1を受けてよかった
  3. プレゼント、どうしよう・・悩む悩むフランス語
  4. 私の大好きを強調するならmaisと強勢形でフランス語っぽく
  5. 連絡しなくてごめんね。
  6. 目的語がないフランス語に危険が潜んでる
  7. フランス語の数字を覚えるならレシピ動画を見なさい。
  1. 2万6千年に一度のスピリチュアルなフランス語学習
  2. パリ、フランスの厳しい外出制限中に密かに行われていること
  3. 恋人に水仙のブーケをプレゼントする男性。ナルシスだけではない水仙のフランス語
  4. フランスの小麦粉、美味しく使い分け
  5. 届けばラッキー。泣ける!フランスのAmazon
  6. DELFのディプロムはフランスでどれほどモノをいう?
  7. フランスの手強い蚊よけ。線香?アロマ?夜の蚊対策にランプベルジュはおすすめ!
スポンサードリンク

最新記事をメールでお届けします

ニュースレターで記事をお届けします。メールアドレスは公開されません。

アーカイブページ