フランス語がラクに読めるようになってきたよ。読解に役立つアナログコツコツ勉強法

http://nemurerumorifrancego.com/progress-reading-french-study/

眠れる森のフランス語 フランス語がラクに読めるようになってきたよ。私のアナログコツコツ勉強法

胡桃
Bonjour! 胡桃です。フランス語を話せたら・・・と同じくらい、読めたら楽しいと思いませんか?

 

私がフランスに来た当初は、フランス語の本を読むにすごく時間がかかったし、新聞
を読むなんて、いったいいつのことやら、と思っていました。

 

先ごろ受けたDELF B1の試験勉強でも、長文読解は試験時間以内ではこなせませんでした。

 

ですが、気がつけば試験から、もう2ヶ月半経過していて、”読むこと” そのものに
すごく慣れた感じで、最近はスイスイ読めるのが楽しくて仕方ありません。

 

今日は私のコツコツ読解の一コマをご紹介しますね。

フランスに来てすぐの頃は、新聞は辞書を引きながらなら何とか読める記事もあるも
のの、フランスの新聞は日本の新聞に比べて活字がすごく小さくて、興味のある記事
は色々あっても読む気力が失せてしまう感じでした。

 

それでも、フランスは愛するバレエ芸術が花開いた地、パリ・オペラ座バレエの
記事だけでも頻繁に目にします。

 

そこで、読みたい記事を選りすぐって少しずつ読むようになりました。

全文読めなくても、見出しや記事の太字だけ、でも、単語一つでも収穫があればすご
く嬉しいものでした。

 

昨年受験したDELF 試験勉強中は新聞は読みたくても時間がなくて・・・。

 

フランス語なのに!!(´゚д゚`)

 

今だにその頃の新聞は積まれたままです(笑)

 

それで、試験勉強から解放されて、今、フランス語の新聞を読み解く!のが楽しくて
楽しくて仕方ないのです。

 

私は決して勉強が得意だったわけではないのに、新聞記事を元にフランス語の花火が
上がる感じがたまらない(爆)

 

バレエを習っているリラ子さん
どうしてそんなに楽しいの?

 

フランス語の新聞を読むメリット

・自分の好きな記事を読める←与えらた課題ではない!

 

・類語を覚えられるのもたまらない←好きなテーマのことなら何も苦にならない

 

・生きたフランス語に触れている実感←フランス語と共に生きてる感じ♪

 

・日常生活のフランス語に慣れる←随分いろんなことを知ったような気になる

 

・自分の力で情報を掴んでいるという大満足感

 

と、あげたらキリがないくらい、楽しく学べるんです。

 

学習本に出てくる単語や表現と、新聞で語られるそれは違うから、フランス語の何も
かもがすごく新鮮です。

新聞でフランス語を勉強する私のアナログな方法

それでは、21世紀の人とは思えない?私のアナログな勉強法をご紹介しますね。

 

必要なものは、紙の新聞とハサミとノリとノートとペン。

あ、アナログで進めるために、PCとプリンターでスキャンだのテキストの拡大だの、
文明の力もちゃんと使ってるわ(〃э_э)

 

こんなに長大な記事は↓、3日くらいかかりそうだけど(^_^;

毎朝の習慣になった一連の作業

 

1、朝食前の、紅茶の茶葉をティーポットで蒸らしている3分半の間にダイニング
テーブルに新聞を広げ、これは!(`・ω・´)!と思える記事をどんどん切り抜いて行
きます。

 

 記事を選ぶ基準

・マクロン大統領の顔があるもの

・それ以外に興味のあるもの

 

一通り切り抜くと、日によっては何枚もになるので、その中から文字量などを加味し
て今日の1本を選びます。

 

今日読めないと、明日には明日の新聞があるので、もう読めないかも知れませんが、
時間には限りがありますから、毎日コツコツ読むことを最優先します。

 

2、朝食後に今日の1本をスキャン。

 

3、スキャンした記事を拡大して印刷する。

 

4、活字が拡大されて満足.(● ̄m ̄●) ムフッ♪

   いよいよ読解開始!

 

読みたい記事で勉強だから、単語も文法も自由に

 

この記事は、ちょうど先日投稿したスケートリンクのもので、こんな偶然はとっても
嬉しいです。

 

 

分からない単語を調べながら自由に勉強します。

 

私の単語帳はオリジナルの「出会った単語」で作っています。

 

でも、新聞記事の勉強は、時には分からない単語がどっさり。。。になってしまうこ
ともあります。

 

ですので、いつもの単語帳に加えるか、新聞の切り抜きと一緒に書いてそのままにす
るかは、その時の状況次第で柔軟に考えています。

 

もっとも、ニュースや新聞で出てくる単語は、割合に繰り返し登場するものなので、
分からない単語、忘れた単語も、

出てきたら辞書を見て

わかって

単語帳やノートに書かずにどんどん次へ進む

 

文章の数をこなす上では、一つのよい方法です。

 

私はあとで見渡して復習したいので、調べた単語と分の意味は書き留めています。

 

そして、全部を読みきれなくても、時間がきたら、または体力が尽きたら?

 そこでおしまい。

 

分からないことには?マークでもつけて、今日は打ち切りです。

明日は続きをやってもやらなくてもいい。大事なことは明日もちょこっと読むこと。

 

私の新聞記事ノート

日本のようにノートの種類が多くないフランスですが、色々と探して、こんなノートに決めました。

 

 

サイズはA4より一回り大きくて,  ノートの名称も TRAVAUX PRATIQUE というこ
とで、表紙はプラスチック加工で水濡れ防止(と表紙の真ん中のシールでアピールし
ています)、中は、片方のページは画用紙、もう片方はお決まりのフランスノートです。

 

 

このノートを横に使っています。

 

全部白紙のノートがあれば嬉しいのですが、これだけでもかなり満足。

罫線がある方に切り抜きを貼って、画用紙の方に好きなように書いています。

 

そして、切り取った新聞を貼っていたら、日本のテープのりが終わってしまって

(´゚д゚`)

 

仕方ない、また日本から送ってもらおうと思っていたところ、

もしや?と思ったフランスのスーパー、Carrefour/キャルフールでフランス製のテープのりを発見(=^▽^=)

 

テープのりをフランス語で

adhésif  double-face

 

adhésif は 粘着テープ(紙)の意味がありますが、日本語の「粘着」から辞書を引くな
んて、私は考えも及ばず。。。

私が必要なもの(この場合はテープのり)がフランスに存在するのか?

人に聞くにしても、和仏から調べにくい単語だと、お手上げ。。。

 

 

6ユーロちょいの値段も本体もビッグ、しかもドットライナーより4mも少ない。。

(;  ̄ェ ̄)

ですが、本体の真ん中に指を置くように出来ていて、フランスなりの痒い
ところをカバーしているんだと感心しました。

 

 

詰め替えはさすがにありませんが、このスーパーは欧州向けの日本食も充実している
ので、このような文具も日本から取り入れたのかもしれません。

 

バレエを習っているリラ子さん
紫色なんて、いかにもフランスっぽいわ

 

きれいなバラ色のもありました。

 

おかげで勉強がすごく捗っています(*^-^)

多くを課さずに出来ることを楽しく続けたい

楽しい勉強といっても、毎日のフランス語学習に無理なく取り入れるには、返す返す
も一度にこなす量を無理しないことです。

 

全部読みきれなくても、全部分からなくても、見出しだけでも「よし!」とします。

 

 

私はこの通り、すごくアナログな勉強の仕方です。

一時期は、Evernoteを使ったりして、紙を増やさない方法も考えましたが、

 

胡桃
オリジナルノートを酒の肴にするのが好きで

 

私は勉強も夢も、ぜ〜んぶ書き出しておかないとダメなんです。

 

というか、見えるようにしておくことのメリットを経験からわかっているのでね。

 

フランスで新聞配達はあるの?

バレエを習っているリラ子さん
胡桃さんちは新聞を配達してもらってるの?

 

フランスで新聞を購読、配達してもらうシステムはありますが、利用している人は
ごくごくわずかだそう。

 

また、新聞は キオスクなど、いわゆるタバコ屋さんで買うのがポピュラーなので、
フランスの2007年4月からの ‘公共の場での全面禁煙’ の影響でタバコ屋さんに来る人自体が多少?減少、ネットとフリーペーパーの普及もあり、有料の新聞の需要は確実に減りました。

 

私の街ではタバコ屋さん自体が少ないので、新聞を置いている本屋さんもあります
が、昨今は何処の国でも、ニュースはWEBで手軽に読めるので、”紙” で読む人は減っていくかも知れませんね。

 

 

フランス語の新聞

 

アナログが電子に取って代わられる時代ですが、私の場合はありがたいことに、夫の
仕事の関係で、職場にフランスの有料各紙とアメリカの新聞が常備されていて、各紙を家に持ち帰って来るのです。

(* ゚ω゚ *)

 

ニュースとしては1日遅れになりますけどね。

 

読んだ後は、暖炉に火をつけるときに使ったりしますが(〃э_э)

私がフランスの新聞に自然に馴染めたのも、こんな環境からなんです。

 

 


お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

 

Merci  et  à  bientôt !

 

Noël au Japon ☆ 日本のクリスマス

日本のクリスマスから元旦までをフランス語で。 初級フランス語のオリジナル読解テキスト 発売中!
旅で役立つ会話とグッズ&フランス語学習本など

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA