着替えるときにも前置詞 pour, 使い方2つ

胡桃
Bonjour! 胡桃です

緑の季節、気温も上がってきましたね。
私が住むフランス北西部は日の入りがパリより10分遅く、
海沿いということもあり、午前中はどんよりでも終わりよければ〜
のごとく夕日の頃が美しいです。

さて、気温が上がってくるようになると、
朝はセーターだったけど、午後はTシャツ、なんていう日もありますね。

「Tシャツに替えよう〜っと」

こんなとき、フランス語でどのように表現するでしょうか?
今日は多くの用法がある前置詞pour の中の2つの使い方に注目してみたいと思います。

「セーター    Tシャツに替えよう〜っと」
の、 の部分を pour で使います。
“Je  vais  changer  mon  pullover  pour  un  tee / T  shirt.”

バレエを習っているリラ子さん
あら、拍子抜けするくらい簡単ね

因みに、違う色のセーターに着替えるときなどは
“Je  vais  changer  de  pullover.”

自分の日常の動作をフランス語でブツブツ言ってみるのは
いちばんの練習になりますので
洋服の名詞が定かでなくても、フランス語の表現を思い出していただけたら、と思います。

着替える se  changer は、

例えば夜のお出かけなどのために、すっかりお召し替えする時などに
使われることが多いです。

フランス語のことはフランス語に習おう

pourを仏和辞書で引くと、見開きページに渡って用法が載っていますね。

着替える場合の用法はどれに当てはまるのかな?と探すと・・・

どうやらコレに当てはまるのらしい、
と思ったのが

《等価、対応関係》の、〈交換、代価〉の部分です。
 ー小学館プログレッシブ仏和辞典より

でも、解説してある日本語って、難しい??

日本語ではしっくりこないので仏仏辞典
(電子辞書に入っているpetit Rovert)で引いてみたら

すぐに échange という単語が目に飛び込んできました!

échanger の意味は取り替える なので
なるほどTシャツの着替えも分かりやすいですね。

日本語と対応させようとするのではなく、
フランス語の「感じ」が腑に落ちたらOKですねww

仏仏辞典は、初心者だってコワくないよ

各仏和辞典、各仏仏辞典によりますが、仏和を引いて
あれ〜??と思ったら
仏仏を引いてみるのも面白いですよ。

仏仏辞典は別に、上級者のために存在するのではないですし、
電子辞書なら手軽に引けますし
今わからなくてもがっかりすることはないし

胡桃
一語でもわかったら私は大喜びしてしまいます

↑ 単純 (● ̄m ̄●) 

仏仏辞典、時々覗いているうちにフランス語そのものにも
慣れてくるので
ぜひ、簡単な名詞などを引いてみることをオススメします!

フランス語で説明するときの pour の使い方

pour の用法で、
《主題、観点》の用法として
「・・・について」
という使い方があります。
この用法はちょっと注意が必要です。

例えば、あなたが「パリ」について説明するとき、

Pour Pari, ・・・と表現し始めるのはちょっと待って!

あるテーマについて話したい、説明したいときの表現は

Concernant か、au sujet de  

がよく使われます。


話の展開は、まず
Concernant  Paris ,または au  sujet  de  Paris

のように話題を言い、

例えば、

・観光客にとってどんな街か?

・ルーブル美術館については?

などと続けるときに、

・pour  des  touristes, 

・pour  le Louvre, 

のように使います。

 

話の展開については、フランス語はロジックに展開するので
他に様々な表現がありますが、
友達同士のメールなどでも、互いに知っていることで
話したいことについて書くときは
Concernant 〜 と使いますので
機会がありましたら使ってみていただければと思います。

グンとフランス語っぽくなりますよ❣️


お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、
大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA