国、地域、街を表す覚えやすいフランス語の前置詞使い分け

http://nemurerumorifrancego.com/preposition-french-contry-town/

眠れる森のフランス語 覚えやすい国、地方、街のフランス語の前置詞使い分け

胡桃
Bonjour! 胡桃です

「私はフランスが大大大好きです」

 だから、

「私はフランスに行きま〜す」

 それで、

「パリに住んでま〜す」

 

フランス語でこのような国名や地域、都市(町)を表す前置詞、

覚えたものの、いざ使おうとすると、いつもなんとなく
あやふやなまま、ってことはないでしょうか?

バレエを習っているリラ子さん
わかったようなわからないような、言おうとするといつも間違えちゃうわ

 

日本の学習本などでは en や à の使い方を覚える一環のように勉強するのと、その中で「位置」「方向性」を意味する「〜に」

のように解説されていることが多いので、頭ではわかるけれど
使い分けにかすみがかかったままになりがちです(´・∀・`) 

国名、フランスの地方名、都市の表し方は、前置詞の勉強から切り離して、日本語の意味から離れて独立して覚えてしまった方がカンタンで覚えやすいです。

では、落ち着いてよく見渡してみましょう。

きっと拍子抜けするほどシンプルですよ(*^-^)

・国は「一つしかない」ということで、国名には定冠詞がつきます。

・女性名詞の国、フランスなら 

  la  France

・男性名詞の国、日本なら 

  le  Japon

 

・フランスの地域名、例えば、シャンパーニュ、ロレーヌ・・・などにも定冠詞がつきます。

 女性名詞の地域、シャンパーニュなら 
 la  Champagne

    男性名詞の地域 リムーザンなら 
 le  Limousin 

 

バレエを習っているリラ子さん
やっぱり女性名詞か男性名詞か覚えなきゃならないの?ユーウツだわ

 

胡桃
大丈夫!男性名詞か女性名詞かを見分ける手がかりがあります

 

語尾が【e 】 で終わっている国名、地域名は、女性名詞です。

国名の多くと、フランスの地域名のほとんどが女性名詞です。

France,  Alsace,  Bourgogne  など

 

*都市名には、Hで始まる名前をのぞいて、定冠詞はつきません。

 Paris,  Le Havre (ル アーブル)

男性名詞の主な国

女性名詞の国の方が多いので、
少ない方の男性名詞の国をチェックしておくとラクですね。

 

・ヨーロッパの男性名詞の国

Portugal      ポルトガル

Luxembourg  ルクセンブルク

Danemark     デンマーク

Kosovo      コソヴォ  など

 

・その他の主な男性名詞の国

Japon      ジャポン

Viêt-Nam     ベトナム

États-Unis   アメリカ

Canada   カナダ

Brésil      ブラジル

Moroc       モロッコ

Mexiqueeだけど例外あり  メキシコ など

フランス大好き!よく知ってる!を表すときは

定冠詞をつけた名詞として用います。

・「私はフランスが好きです」

 J’aime  la  France.

 ジェム ラ フランス

 

・「私はカナダのことを知っています」

 Je  connais  le  Canada.

 ジュ コネ ル キャナダ

フランスに行く、いる、住んでいる を表す前置詞 

そして本題の前置詞です。

日本語の「に」に相当しますが、日本語では「で」になる動詞もありますね。
例えば「・・・で働いている」などです。

何れにしてもフランス語のことは、フランス語で「そうなんだね」と覚えてしまった方がシンプルです。

「フランスに行く」「フランスにいる」「フランスに住んでいる」

などの場合に、

国や地域名を表す前置詞は 

en  と au   です。

 

✅ 文法の決まりは色分けしたように、

女性名詞の国、地域(綴りの最後がe) だったら  en

男性名詞の国、地域だったら au 

男性名詞+複数形だったら aux  

*母音で始まる国名の前では、男性名詞であっても en  

 

・「私はベルギーに行きます」

   Je  vais  en  Belgique.

  ジュ ヴェ オン ベルジック

 

・「私はフランスにいます」 

   Je  suis  en  France.

  ジュ スイ オン フランス

 

・「私はアメリカにいます」

   Je  suis  aux  États-Unis.

   ジュ スイ オゼタジュニ

 *複数形で使われるアメリカ合衆国、発音するときにリエゾンをお忘れなく  

 

私はパリ、東京、都市や町を表す前置詞

都市に、町に、を表す場合は、前置詞  à  を用います。

・「私はロンドンに行きます」

   Je  vais  à  Londres.

   ジュ ヴェ ア ロンドル

 

・「私は東京に住んでいます」

   J’habite  à  Tokyo.

    ジャビトゥ ア トウキョウ

 

  ・「私はパリにいます」

    Je  suis  à  Paris.

     ジュ スイ ア パリ

私は日本からやって来ました と言いたい時は

「〜から来た」を表す前置詞は de を使います。

この場合もやはり、前置詞 de の用法の一環としてではなく、
「日本から来ました!」という表現として独立して覚える方がわかりやすいです。

✅ 文法の決まりは男性名詞だけ定冠詞がつくこと

あなたが「女性名詞の国から来た」のなら

 Je  viens  de  France.

バレエを習っているリラ子さん
定冠詞 la はつかないのね

 

あなたが「男性名詞の国から来た」のなら

 Je  viens  du  Japon.

胡桃
de+男性名詞の定冠詞 le →du になります

 

動詞 venir の活用はこちらの記事⇩で詳しく

 

出身地や住んでいる場所から「来た」と言いたい時は

 Je viens du Japon. は、旅してきた場合などに使われ、

出身地やずっと住んでいる場所から「来た」
という場合は、de を使った別の表現を用います。

 

✅ 文法の決まりは、男性名詞の東京でも、女性名詞のジュネーブでも
de です。変化はありません。

*母音で始まる町の場合は  d’Istanbul となります。

 

・「東京から来ました=東京出身です」

   Je  suis  de  Tokyo.

・「ジュネーブから来ました=ジュネーブ出身です」

   Je  suis  de  Genève.

場所を表す前置詞のまとめ

・〈en〉+ 女性名詞の国や地域名

・〈au〉+ 男性名詞の国や地域名

・〈aux〉+男性名詞の複数形の国 アメリカ合衆国

・〈à〉+都市、町の名前

日本語では「〜に」と、動詞によっては「〜で」という意味合にもなります。

しつこいようですが、日本語と照らし合わせることなく、
動詞 habiter を例に、文の形を思い出すようにするといいと思います。

━━━☆━━━☆

・〈venir+de, du〉〜からやって来た(旅行など)

・〈de+町の名前〉出身地から来た

 

国や地域、都市名を表すことがあやふやでなくなると、
冠詞の理解も深まり、フランス語学習もラクになってきます。

 

バレエを習っているリラ子さん
あやふやを解消すればストレスがなくなるからだわ

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt!

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA