フランス語で飲み物をエレガントに注文、お会計をする カフェ編

フランス語でエレガントに注文、お会計をする カフェ編

胡桃
Bonjour! 胡桃です


このサイトは、私がフランスの然るべき環境で学んだことをご紹介させていただいております。ご参考になることがございましたら幸いです。

学習本や会話本により、飲み物や料理を注文するときの動詞は
vouloir , prendre, aimer が使われますね。

 

フランスで最もよく使われているのは prendre ですが、3つの動詞のどれが丁寧とか、美しい表現とか、ということは全くないので、
あなたが言いやすい動詞を条件法で行ってみましょう!

 

・Je  prendrais〜, 

  ジュ プレンドレ

 

・Je  voudrais〜, 

      ジュ ヴゥドレ

 

・J’aimerais〜,

     ジェメレ

 


今日はここで、prendre を例に使いますね。

 

フランスでコーヒーの注文といえば主に

“Un  café,  s’ il  vous  plaît.”

アン キャフェ スィル ヴ プレ

 

か、丁寧に言うなら

 

“Je  prendrais  un  café,  s’ il  vous  plaît.”

ジュ プレンドレ アン キャフェ スィル ヴ プレ

 

の二つのフレーズをよく聞くことと思います。

 

 

いつも丁寧な方の表現を使っていれば間違いはなさそうですが、
お店のシチュエーションにもよると思うし、使い分けを疑問に思ったところ、

 

私の先生のアドバイスは

C先生
お店の回転の速さを一つの目安にするといいですよ 

 

とのことでした。

 

 

例えば、年代を問わず、多くの人が食事に来て、食べ終わったらすぐ帰るようなカジュアルなお店や、コーヒー一杯でちょこっと休憩するカフェだったら

 

“Un  café,  s’ il  vous  plaît.”

アン キャフェ スィル ヴ プレ

 

 

くつろいでゆっくり過ごすカフェ、サロン・ド・テ や伝統的なカフェなど だったら

 

“Je  prendrais  un  café,  s’ il  vous  plaît.”

ジュ プレンドレ アン キャフェ スィル ヴ プレ 

 


なるほどww

フランスで最もポピュラーな注文の表現とは

それは

“Je  prendrai  un  café, s’il  vous  plaît.”

ジュ プレンドレ アン キャフェ スィル ヴ プレ

 

    prendre単純未来になっていますね。

 


飲み物や料理を注文するときは、先に挙げた3つの動詞
prendre,  vouloir,  aimer を 
条件法で言っても、単純未来で言っても全く問題はありません。

 

「丁寧さ」に関して言えば、条件法の方が、単純未来より丁寧になるものの、prendrais(条件法)、prendrai(単純未来)ともに発音が同じ。

 

そして、単純未来のニュアンスは ・‥…━━━☆ neutre  ヌートル なので
丁寧もなければ失礼もない。

 

正しい表現があるのなら知りたい!と先生に詰め寄ったところ (>ε<〃)

 

C先生
発音が同じで注文するときに紙に書くわけでもないので、 “Je  prendrai  un  café,  s’il  vous  plaît.
 

 

筆談なら?

“Je  prendrais  un  café,  s’il  vous  plaît.

 

これで着地〜です(*^-^)

 

*単純未来は neutre だから


 s’il  vous  plaît  を言う必要がなくなってくるそうですが、
prendrais  prendrai の発音が同じなので、フランスの日常の言い回しとして使われているフレーズということです。

 

また、このフレーズでは条件法と単純未来とで、丁寧さなどの違いがない
ということで、あなたが条件法で覚えているなら、
または、まだ単純未来を習っていなければ、
条件法を使って間違いも失礼も全然ありませんので
ご心配なく(^ ^) フランスでどんどん話してくださいねww

フランス語のお会計の時も、使い分けは注文する時と同じだよ

プルーストの4時

 

私たちが簡単だわ!と覚えている


“l’addition,  s’il  vous  plaît.” 

ラディスィオン スィル ヴ プレ

も、使い方は同じく

比較的カジュアルなお店で

 

“Un  café,  s’il  vous  plaît”

アン キャフェ スィル ヴ プレ

 

を使うタイプのお店で「お勘定をお願いします」というなら

“l’addition, s’il  vous  plaît.”

ラディスィオン スィル ヴ プレ

で OK 。

ゆったりとくつろぐお店や伝統的なカフェで

 

“Je  prendrai  un  café,  s’il  vous  plaît” 

ジュ プレンドレ アン キャフェ スィル ヴ プレ

 

または

 

“Je  voudrais  un  café,  s’il  vous  plaît.”

ジュ ヴゥドレ アン キャフェ スィル ヴ プレ

 

などでお茶をいただいたお店で「お勘定をお願いします」と言うなら

 

“Pourriez-vous  m’ ( nous ) apporter  l’addition,  s’il  vous  plaît.”

プリエヴ マポルテ ラディスィオン スィル ヴ プレ

 「計算書を持ってきていただけますか?」

 

 依頼表現の参考記事 フランス語でエレガントにお願いする依頼表現

動詞 Vouloir のこと

一般的に、条件法になると丁寧な表現になる、と言われています。

 

vouloir も、もちろん 
Je  voudrais と使うことで丁寧さが上がるわけです。

 

ここでちょっと知っておきたいことがあります。

 

フランスで、もし、Je veux 〜 と切り出すと、
相手にどんな感じを与えるか?と言いますと、
「丁寧さが足らない」「美しくない」「粗暴な言葉遣い」


とも、少々違う


agressif  攻撃的な、

というニュアンスにもなるそうで  (゚Д゚;)
用いるのにとても難しい動詞だと教わりました。

 

日本語では捉えにくい形容詞ですが ( ̄^ ̄ 😉
 私の先生が口を酸っぱくしてのたまうので 

 

自分が「こうしたい」ということを、 vouloir で使うときは、
Je  voudrais 〜 と切り出しましょう。

 

自分が 「こうしたい」「こうしようと思う」は、
別の表現の仕方もありますが、


あなたが  vouloir  を使うときは  いつも Je  voudrais🎵.

 

例えば

Je  voudrais  vous  rendre  le  livre  après  demain.

 

ジュ ヴゥドレ ヴ レンドル ル リーヴル アプレ ドゥマン

「お借りしてる本を 明後日 お返ししますね」

 

こんなニュアンスで日常よく使われる ❤️ 申し分なく丁寧な表現です。

 

このフレーズ、日本語でイメージすると様々な表現が考えられますね?

例えば

・「お返しするのは明後日でもいいかしら?」


・「明後日にはお返ししたいと思うの」


・「明後日までお借りしていてもご迷惑じゃないかしら?」
(明後日お返しするのはご迷惑じゃないかしら?は、日本語として自然でないため、動詞を反義語にしました)

 

このような気持ちを、それぞれ別の言い回しにしなければと、
日本語に対応させて難しく考える必要はなさそうです。

 

使うことに慣れて、徐々に覚えていけば大丈夫。

 

「人に許可を求める表現」については、
 許可を求める美しいフランス語表現はどこへ? に続きます。


 

 

それではまた!

 

Merci  et  à  bientôt !

 

旅で役立つ会話とグッズ。

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA