レセピセの延長を経て、フランスの10年滞在許可証が下りたよ

http://nemurerumorifrancego.com/obtain-visa-10year-france/

眠れる森のフランス語 レセピセの延長を経て、フランスの10年滞在許可証が下りたよ

胡桃
Bonjour! 胡桃です

フランスに来て早3年、先日、10年の滞在許可証が発給された連絡を受けました。まあ、ハラハラドキドキの数ヶ月でしたが、このようにご報告できますことをとても嬉しく思います。

申請から受け取りまでを時系列にまとめておきたいと思います。

10年カードの申請、モチベーションレターなどの記事はこちら

フランスでの10年滞在許可証、申請から面談まで

申請後のレセピセの期限が迫り(・・;)慌ててレセピセの延長をした記事はこちら

あわや不法滞在?フランスでの滞在許可、レセピセの延長はなるか?

・7月25日

県庁に必要書類を揃えて申請に行き、仮許可証 récépissé(期限は10月末) をもらい、市役所で面接があることを告げられる。

・8月7日

市役所から面接日について連絡あり、モチベーションレターが必要なことがわかった。

・8月14日

モチベーションレターを市役所に提出。

・8月18日

市役所で市長さんと面接、合格!をいただく。

10月に入り、お隣のポストに郵便物が紛れていないか聞きに行ったり。

・10月24日

県庁に電話で問い合わせると、発給の仕事が遅れているだけで、滞在許可については問題ないとわかる。

・10月25日

レセピセの期限まで5日となり、延長のために県庁へ、毎日先着10名しか延長手続きができないことがわかり、朝一で並ぶために県庁の近くのホテルに泊まる。

・10月26日

朝5時前に県庁前に。レセピセの延長が済んだ。

 この日に、発給の連絡はSMSで送ると言われたので電話番号に間違いがないか確認して帰った

SMSで県庁からメッセージが

そして

・12月7日

朝9時過ぎに、iPhoneにSMSで滞在許可証が下りたと連絡が入った。

胡桃
メッセージを見たとき、あら本当にSMSで来た、へぇ(´・∀・`)。と思っただけでした。

バレエを習っているリラ子さん
4ヶ月半かかったのね。大事な連絡がSMSで来るなんてちょっと面白いわ

胡桃
郵便だって、ちゃんと届くかどうかわからないから、SMSの方が確実な感じもするけれど、不安は不安でした

 

メッセージには、10年とは明記されていませんが、金額は10年カード相当の269ユーロと書いてあります。

*10年カードの受け取りには収入印紙 timbre fiscal で所定の費用を支払います。

 

嬉しい、バンザ〜イ、というより、今持っているレセピセの有効期限が来年1月25日までで、再度レセピセの延長手続きが必要になる可能性におののいていたので、その恐怖から解放された安心感の方が大きかったです。

外は雹が降り、凄まじい風が吹き荒れています。

もしかしたら、1月の極寒の早朝に並ばなきゃならないかも。
さすがにもう身がもたないかも。
フランスに住むのはもう身がもたないかも。

と、長い間に負った古傷が疼く身でありとあらゆることを想定していました。

そんなとき、

たまたま日本の友人とスカイプしていたら、ふと防寒+嵐対策にヒラメキが💡

そうだ、スキーウエアを着たらどうかな〜( ̄^ ̄ 😉

オンフルールにオープンした、〈ノルマンディ オンフルール アウトレット〉

それからしばらくして、家の近くにアウトレットがオープンしたので、
そうだ、フランスのアウトレットだったら、スキーウエアも揃っているに違いない💡

ナイキの隣りに、スキーブランド、オニールがちゃんとありましたね(^o^)v

淡いパープルのXSサイズのパンツもあり、買わなかったけれど、1月半ばを過ぎても連絡がなかったらまた買いに来よう、と、調達できる場所とブツを見て、この日はちょっと安心した。

 

 

胡桃
フランスであと10回、クリスマスを過ごせるんだな

近いうちに、原本を受け取りにいきます。

県庁で、もしまた何かあったらお知らせしたいと思います。

⇨1月8日、おかげさまで無事に受領しました。

 

ヘンな日本人にはならないわよっ!

滞在許可証を巡って、終わってみれば順調に行った方かもしれません。

渦中にあるときは、日本を離れたら、「住む」ことすら自由がなく、フランスに住み続けることは無理なんじゃないか、と思考が千々に乱れました。

 

そんな折、フランスに長〜く暮らしているというベテランの邦人さんと話す機会がありました。

私「今住んでいる街は大好きな旅先で、何度も来ていたんです」と言ったら

先住さん「じゃあ、その街に住みたくて結婚したの?」

・・・(* ゚ω゚ *) 私は何を言われているのか??

こういうのを二次災害というんでしょうか。

人をこんな風に疑うなんて、絶句しました。

バレエを習っているリラ子さん
バレエを愛する胡桃さんがパリ・オペラ座から200キロも離れた街に偽装結婚だなんて、笑笑

以前、他の国のベテラン邦人さんに、私がパリに滞在するときはアパルトマンを借りていると話したら「男を囲うのか?」と疑われたことがあります。

私、これから長くフランスで暮らすだろうけれど、現地にかぶれただけのへんな日本人には絶対になりたくない、と心に誓ったのでありました。

 

お読みいただき、ありがとうございました。
お役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt!

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

レセピセの延長を経て、フランスの10年滞在許可証が下りたよ” に対して1件のコメントがあります。

  1. きゆき より:

    胡桃さん、10年滞在許可証が無事おりてよかったですね!おめでとうございます!
    寒い早朝から並んだ甲斐がありましたね~。

    これからも色々なお話、楽しみにしています♪

    1. kurumi より:

      Bonjour きゆきさん
      いつもお読みいただいて、お祝いのメッセージをいただいてとてもとても嬉しいです!おかげさまでひと段落しましたので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。きゆきさんも素敵なNoëlをお過ごしくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA