フランス語の数字、聞き取りに自信がつくよ

フランス語の数字とユーロの読み方を勉強する

眠れる森のフランス語 フランス語の数字、聞き取りに自信がつくよ

 

 前記事 フランス語の発音と発音記号、苦手意識は勉強の邪魔だと思う

胡桃
Bonjour! 胡桃です
 

フランス語の数字は独特のミョーなシステム、私はフランス語を始めた当初、

いやでしたね。 覚えるのが面倒(笑)で、ついつい後回しに。

 

度々フランスを旅しても、数字は見れば済むことだし(; ̄◇ ̄)

 

お買い物をする時だって旅行者に対してはすごく親切だから、数字の勉強は、

後でもいいか、とサボっていました。

 

だが!!

 

数字抜きで暮らしは語れない。

 

勉強には何気に登場するから、いつかはちゃんと覚えなければ。。。

 

車の運転中に流している学習本のCDに合わせて発音して「練習したつもり」

になるものの、書けない、聞き取れない日が続いていました。

 

 

数字を覚えられたのはパリのブロカントのおかげ

 

それが、パリを旅していたある日のこと、セーヌ川沿いのブロカントの、

吹けば飛ぶような店先に

バレエのレッスン風景が描かれた絵が風になびいていました。

 

私の目は釘付けです。

 

有名な画家による作品でないものの、

画家が表現したかったことが手に取るようにわかる絵。

 

他の絵に混じって吊るされているのはあまりに忍びない、

品が良くて穏やかな雰囲気の絵。

 

欲しい。絶対、欲しい

 

値段を尋ねると、80ユーロ とのこと。

 

おー、私が勉強を避けてきた 20が4つ ではないか。

 

私に80以上のフランス語の数字がインプットされた瞬間でした(〃 ̄▽ ̄〃)

 

滞在していたアパルトマンに大急ぎで戻って80ユーロのキャッシュを掴み、
場違いな場所で風に吹かれていた絵を買いました。

 

ウイーンの住まいに持ち帰り、近所の店で額装してもらって(お店のご主人に、素敵な絵だね、とすごく褒められました)、今再びフランスへ戻ってきたわけです。


嫌なこととは積極的に立ち向かった方がおトク、フランス語の数字をマスターする勉強法をご紹介したいと思います。

69までは二桁の数字を左から素直に読めばいいですが、

 

  • 70は、60+10 
  • 71は、60+10+1 
  • 80は、20が4つ
  • 81は 20が4つ+1 

  と、この全部の発音をいちいち書く&言う。 

 

最初に100まで3週間くらい集中して仕込んで駆け抜けてしまうと苦手意識はなくなります

 

あなたが普段好きなものをイメージしながらやれば楽しくなるし、記憶も定着しやすくなるでしょう。

 

フランスに行ったら買いたい憧れのブランドの品物の値段を想像してもいいですし、


マカロンが70個、とか、あなたが数字をフランス語でイメージする手がかりが、
きっとあると思いますww

 

 

家事に仕事に忙しい大人は毎日の勉強量を多くしないことも毎日続くコツです

 

バレエを習ってるリラ子さん
えっ、3週間フランス語の数字ばっかりですか?

 

胡桃
そうです。1日に10までくらいにしておいて、まず聞いて、発音記号を見て、繰り返し聞いて発音してて、最後にスペルを覚えるのがいいですよ

 

バレエを習ってるリラ子さん
20からは繰り返しですしね。でも、70からが難しそうだなあ

 

胡桃
日本とは違う暮らしのシステムですからね。70からはしつこいくらい繰り返すんです。でもバレエを習っていれば6までは体に入っていますから、楽勝かもしれませんよ
 
 
バレエを習ってるリラ子さん
ああ、そうですね。日本のバレエは数字もカタカナフランス語ですね、気をつけなければ
 
 
胡桃
白鳥のトロワ、とか(笑)私は未だに、パ・ド・カトルや白鳥の湖の6人の花嫁候補のイメージなしではフランス語の数字のイメージがわかないです
 
 
バレエを習ってるリラ子さん
数字といえども自分が大切 にしている世界からイメージをつなげると覚えやすいですね。
 

*数字の発音に関しては、発音記号でなくアルファベットで表記されている辞書が多いです。

フランス語の数字、時間、金額の聞き取り、不安を解消!

フランスに住むようになって、自分の生年月日を言う機会も多々あります。

 

早口(フランスの普通だけど(^_^;)で聞かれると、いつも緊張して、スラスラとは出てきませんでした(´・ω・`)

 

数字、いつまでもこのままではいけない、と攻略法に悩んでいた時、

見つけた無料サイトが すごく役立ち、あなたにもオススメする次第です。

 

http://www.podcastfrancaisfacile.com/  の、Thèmes を選びます。

 

フランスの数字コーナーです。


1から勉強する場合は 
activité 1 (0-20)  から始めます。途中、足し算も出て来ます、初歩では必要ありませんが、やってみたい場合は是非。
足し算を過ぎると、

  • an = 年齢
  • heure = 時間 
  • euro = 通貨 

 

が一覧表になっていて、音声とともに繰り返せるようになっています。

 

実用的で私はとても助かりました。

 

あやふやになってきたら、その都度「フランス語の数字の日」を設けて補強しするといいです。

 

数字の不安をスッキリ解消して、楽しく独学を続けましょう。

覚えにくい数字は目につくところに貼っておく

 

覚えにくい数字があったら、⇧このように

大きめの付箋に苦手な数字を大きく濃く←重要 書いて壁や冷蔵庫に貼り、目に入ったら
その数字を読み上げるようにすると、小さな手間で大きな効果がありますよ。



数字のスペル、フランス語のは長いですね。



でも、発音とつづりの関係がそっくり当てはまるので、これが結構面白い!ww



音声を聞きながら、発音しながらゲーム感覚で書いてみましょう。

 

フランス語数字の聞き取りに自信がつくレッスン

先ほどご紹介したサイト 

http://www.podcastfrancaisfacile.com/ の中の、

その1、電話番号を聞き取る

その2、図書館の本の数を聞き取る

 

私はこれを、3週間毎日やりました。

 

私は数字を単体で覚えるより、日常生活に即した練習問題の方が燃えます♪ (*ゝω・*)

 

ボリュームもあるので集中力を切らさないように頑張りました。

 

毎日テストのように繰り返し、やってもやっても、間違えます。

 

聞き取れないのもあったし、ついていけなかったり、書き間違いもある。

 

何れにしても、間違いは間違いΣ(; ̄◇ ̄)

で、ここで聞き取れるようになると、数字をスラスラと言えるようになるわけです。

 

問題の順序を入れ替えたりしながら3週間集中して繰り返してみて、

だいぶ自信がつきました(`・ω・´+o)

 

数字は数字として個別に集中すると、想像するよりも大きな効果が上がります。

 

参考記事:フランス語独学の、挫折しない学習レシピ。

 

この3週間は、数字と単語以外のことは気にしないようにするのが成功のコツ。

 

1日に量をこなしたところで、復習しきれないと勉強は水の泡と消えてしまいますからね。

 

さあ、今日も眠る前に復習の仕上げをします!

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

 

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA