フランス語の形容詞を覚えるのに日本語は不要?

眠れる森のフランス語 フランス語の形容詞を覚えるのに日本語は不要?

胡桃
Bonjour! 胡桃です

海を散歩していたら 空にうろこ雲が広がっていて とてもきれいでした。



西に傾こうとする太陽に向かってiPhoneで撮ったので、ちょっと暗い写りですが(ー_ー;)


雲は白く日差しがきらきらの美しい午後でした。

雲があったのは太陽の周りだけ、空の半分以上は青空でした。



そこで、雲が出ていることを表現するフランス語についてお話ししたいと思います。

フランス語では雲が出ていることを覆われているって言うの?

海に散歩に行ったら うろこ雲がきれいだった

もうちょっと詩的(でもないか)に言いたいなら



海を散歩していたら 空にうろこ雲が広がっていて 
きれいだった


日本語では最初の文で、2番目の内容を伝えることができますよね?


と言いますか、聞き手は2番目の内容までを想像するでしょう。



私は雲の美しさに感動して、フランス語を教わっている友にそれを言ってみよう
と思い、

雲が「広がる」と言う動詞を探しました。




私はこの時点で、日本の情緒にどっぷり浸って辞書を引いていることに気がつきません。




それで、「あ、この動詞はどうだろう?」と、「広がると言う動詞の一つ、
「répandre」を使ってみたところ、




ー「間違いではないが、雲には使わないよ」という添削をもらいました。



雲が出ている、空が曇る、に使われる一般的なフランス語の単語は
  couvert クヴェール



cocos動詞の代表格、couvrirの形容詞です。



形容詞で表せばいいものを、ついつい日本語式の表現で動詞を探してしまう
ワルイ癖が出てしまいました。




参考記事
さらっと覚えるフランス語ir型規則動詞とCOCOS動詞


(゜o゜) couvrert の意味は、覆われている、ではないか!
覆うといったら日本語ではこんな状態↓ を言うのではないかね?

dsc08341

今までも雲の話をする度に、これほどの重たい空でなくても、あ、そうだった、


 雲が出ている状態はフランス語では 形容詞で 

étre  couvert

だったっけ、と何度思い直したことだろう。


フランスで暮らしていたって長年育んで来た日本の情緒には
太刀打ちできやしない( ̄‥ ̄)




毎日空模様の話をしてるのでなければ、やっぱり忘れちゃうんです(; ̄◇ ̄)

 
胡桃
空に付箋でも貼り付けさせていただきたいわ
 

フランス語で雲がきれい!と表現するなら? 

Il  y  a  des  cirro-cumulus  dans  le  ciel,  c’est  très  joli.


ー空にはうろこ雲があって、とてもきれいだわ。



le  ciel  est  couvert  de  cirro-cumulus,  c’est  très  joli.


ー空にはうろこ雲が出ていて、とてもきれいだわ。


ー空にはうろこ雲が広がっていて、とてもきれいだわ。




* étre+形容詞で、雲が出ている状態であると、簡単に表現することができます。



動詞 couvrir の意味も見てみましょう

couvrir の意味を調べると


「覆う」「かぶせる」



用例には


「枯葉が地面を覆う」


「両手で顔を覆う」


「真実を隠す」


「欠点を覆い隠す」・・・

これらの用例だと、日本語の「覆う」はぴったりきますね。

大辞泉で「覆う」を調べてみると
 
 ーあるものが一面に広がりかぶさってその下のものを隠す

やっぱり、形容詞 couvert では重たく曇った空のことを
言いたくなってしまいます。

代名動詞 se  couvrir の用例で


 Le  temp  se  couvre


 ー空が曇ってくる

couvert 覆われた(形容詞) で調べると、

 ー天気、空が曇っている 

でも、青空にきれいな白雲が浮かんでいても

étre  couvert と簡単に言えるんですね。



便利といえば、便利です。


動詞 couvrirの単語の意味は、他動詞だけで12、自動詞に3、代名動詞に5あります。 

形容詞 couvert の意味、用例も、あるわ、あるわ。




多くの意味を持つ単語の一つだということを覚えておくといいです。




日本語の意味にとらわれない方が便利に使える単語の一つかもしれません。




でも‼️ ここで、辞書で調べた用例を書き出してノートやカードにするのは
ちょっと待って。




全部書いても覚えきれないので、電子辞書ならマークしておく、

紙の辞書なら
付箋を貼っておく程度で十分でしょう。




私はキラキラ光る、うろこ雲の表現に関しては、せっかくフランス語を勉強して
いるのだから、教わったこの表現を使いたいと思います。

シェアしますねww

形容詞:parsemé (点々として、散りばめて)を使って



・Le  ciel  était  parsemé  de  cirro-cumulus,  c’était  très  joli.


 ー空には うろこ雲が点々としていて、とてもきれいだったわ。



うろこ雲ではない、普通の雲だったら


・Le  ciel  était  parsemé  de  nuages,  c’était  très  joli.

あなたも美しい雲に心が動いた時、呟いてみませんか? 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA