フランス語の勉強の仕方がわからない。を解決する方法

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です。

フランス語の勉強の仕方は人それぞれと言ってしまえばそれまでですが、あやふやだらけ、やらなきゃいけないと思うことが山積みでどこから手をつけたらいいかわからない・・・

課題が多すぎてモチベも萎えてしまいそうな人のために、勉強の仕方について書きました。

特に、初級をだいたい終えた人、やり直しの人の参考になったらいいなと思います。

 

 

フランス語学習の軸をなすものは大きく分けてもざっとこんな感じでしょう。

  1. 名詞に性がある
  2. 冠詞がある
  3. 形容詞が性数変化すること
  4. 動詞が6つの人称で活用する
  5. 数字のシステムが独特
  6. 大きく8つの時制があること
  7. 目的語の表現が多彩
  8. 普通の発音とリエゾンの発音

勉強が進むと覚えなきゃいけないことが次々と増えていき、覚えられないうちに新しいことが入ってきますね。

そうすると、気がつけばあやふやだらけ!となって、勉強がストレスフルになってしまうのではないでしょうか?

 

勉強の仕方の極意は、効率のいい急がば回れ

しかも、語学学習には

  • 聞き取り
  • 読解
  • 書く
  • 話す

という柱があるため、先の8つの項目から目をそらすように(?)実践面を充実させようと焦ってしまいます。

 

バレエを習っているリラ子さん
そして焦るばかりでもれなく計画倒れよ。あやふやストレスは増えるばかりでね。

モチベーションにパワーがあるときは、放っておいても勝手に勉強しますが、モチベパワーは往往にして一時的なものだったりします。

 

『目標』はあってもモチベーションという『気分』の上がり下がりが勉強の邪魔するんですね。

『気分』の落ち込みに妨害されると、さあ聞き取り、さあ読解、というような大きな勉強は途端にしぼんでしまうものです。

 

気分の上下や日常のゴタゴタにも消されることのない勉強をコツコツ続けることが、最強&最短の勉強の仕方です。

 

 

最強最短の勉強の仕方は地味な勉強をしつこく繰り返す

このサイトでは、サイト開設当初から繰り返し、フランス語学習の『集中トレーニング』をおすすめしております。

 

動詞の活用なら、ある期間それだけをとことん続ける。他の学習項目やあやふや事項の心配を気にしないで、来る日も来る日も動詞の活用ばかりを続けるのです。

 

単語も同じです。ある期間、単語学習だけをとことん続ける。その間は動詞の活用の心配などをしないで単語学習だけに取り組むのです。

 

バレエを習っているリラ子さん
でも、他のことが疎かになりそうで不安だし、そんなんでフランス語上達するのかしら?

胡桃
全ての学習項目を、国語、算数、理科、社会だと思って別々に勉強するのよ。一つのことに集中して取り組むとね、不思議とフランス語全体がバージョンアップするのよ

 

あなたもきっと、信じられないことと思います。

フランス語の勉強の仕方は、単語力は当然、動詞の活用、数字、聞き取り、読解、文章、そして会話の全てを満遍なく、いえ、全部こなさないといけないと思い込みがあることと思います。

 

集中トレーニングは、やってみないとわからないと思いますが、例えば数字だけ、例えば動詞の活用だけでも『自信』がつくくらい取り組むと、他のあやふやだったことも見晴らしが良くなり、理解が進むものなんです。

 

胡桃
フランス語の勉強の仕方はこれに尽きると言っていいと思います。だから、やってみて!やった者勝ちですよ

 

▽読解だけに集中するには

 

▽コツコツを習慣にするには

 

▽参考記事

それではまた!


Merci  et  à  bientôt !

 

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

フランス語の勉強の仕方がわからない。を解決する方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. キミコ より:

    今はもうやめてしまいました、フランス人の先生のスカイプの講座を受けていた時、私があまり進歩がない!というものだからと思うのですが、ザルで水を掬っていると、当然なかなかたまらないよね?だけど、ゼロじゃない、ほんの少しずつでも溜まっていくでしょう?って言われたんです!
    でもその例え、嬉しいような、そうでもないような・・・

    1. 胡桃 より:

      外国語を漏らさず掬えるバケツがあるくらいなら、敢えてネイティブとの勉強の仕方も変わってくるかと思いますが、
      フランス語でいう、mieux que rien でしょうかね・・・。外国人にとって失ないたくないのは「好奇心と情熱」だと思いますが、私の個人的な経験から、フランス人は教えるの、あまり上手くないと感じます。社会背景が違うから。教育に対する考え方も違うのでしょうけれど、そもそも「教育(学)」という大事な勉強に関心が無さすぎるように感じますね。
      全部じゃないけど教える方も教わる方も本当に自分本位、ある意味でザルですかね笑

  2. キミコ より:

    そうなんですよね!フランス語に限り勉強は一向に苦にならないのですが、四角い所を丸くやっているので、
    一時が万事ですが、試験のとき、動詞の活用これであってる?これ、男性名詞だった?この複数の語尾は?
    様々な疑問が湧いてきて、あやふやはもうやめようと、そこで決心するのですが、人生すべて徹底的にが
    無理でまあいっか!で基本回してきたので何回も受けても結果がついてこない!十分わかっているのですが、
    なかなかここまできてしまうと変更が難しいんです!でも!やってみます!今日から単語のみ!
    Petit Nicorat のDVDもDuolingoも!過去問も、ルミエールもシャドウイングもって、進まない
    のはこのせいですね!きっと!ありがとうございました!

    1. 胡桃 より:

      キミコさん、こちらこそいつもありがとうございます。
      四角いところを丸く・・いい表現ですね! 丸く掃除をするっていいましたっけね(^o^)
      限りある時間のやりくりは容易ではないですが、集中の成果の味をしめると 『これしかない』とわかり、他のことは丸くてもいいや、という具合になってくるんです。
      いつか一途のつぼみでも持てたら、くらいの気持ちでおります。キミコさんにあやかって頑張りますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA