パリ、フランスの快適ホテル滞在、クレームとバスタブ予約フレーズ

http://nemurerumorifrancego.com/hotel-phrase-complaint-french/

眠れる森のフランス語 フランスのホテルに泊まるなら、覚えておきたいクレームフレーズ

胡桃
Bonjour! 胡桃です

 

前記事:フランスのホテルで、初めてのフランス語電話経験 に続いて

パリ、フランスでの快適ホテル滞在のために覚えておきたい


フランス語のクレームフレーズをご紹介します。

 

バレエを習っているリラ子さん
パリのホテル、部屋に着いたら私は先ずシャワーのお湯が出るかを確認するわ

 

胡桃
何もなければ幸いですが、日本では考えられないようなトラブルがありますから言葉の準備もしておくと安心ですね

 

スポンサーリンク

ドライヤーが壊れてる?

テレビが映らない!

というような、いわゆる家電製品が故障しているような場合、

日本語では「動かない」といいますが、フランス語では

ne  marche  pas 

ヌ マルシュ パ

と表現します。

 

車やエレベーターなどは「故障してます!」

en  panne

オン パンヌ

「エレベーターが故障しました」

L’ascenseur  est  tombé  en  panne.

ラソンセール エ トンベ オン パンヌ

このフレーズは私たちが言うより、ホテル側から言われることがあります。

フランスのホテルトラブル13選!対応フレーズ

ホテルといえども、パリ、フランスの建物はなんと言っても

水回りの心配があります。

何事もなければメデタシですが、クレームフレーズを理解することで
実践的なフランス語の使い方がとても勉強になるので、
旅行しなくても確認しておくといいです(*^-^)

トラブルがあったら、電話でもレセプションで直訴でも、

まずあなたの部屋番号を伝えます。

 

詳しくは: フランスのホテルで、初めてのフランス語電話経験 の目次5

 

大至急ならこれでもいけます。

⇩⇩

Je  m’appelle XXX. Chambre XX.

 

そして、トラブルの状況を言います。

 

✔︎「お湯が出ません。」

Il  n’ y  a  pas  d’eau  chaude.

イル ニ ヤ パ ド ショードゥ

 

✔︎「シャワーが出ません」

La  douche  ne  marche  pas.

ラ ドゥシュ ヌ マルシュ パ

 

✔︎「蛇口の水が止まらない(蛇口から水が漏れている」

Le  robinet  fuit.

ル ロビネ フュイ

 

✔︎「洗面台のボールが流れない(詰まっている)」

Le  lavabo  est  bouché.

ル ラヴァボ エ ブーシェ

 

✔︎「トイレットペーパーがありません」

Il  n’y  a  pas  de  papier  toilette.

イル ニ ヤ パ ドゥ パピエ トワレットゥ

 

✔︎「部屋の掃除がされていません」

La  chambre  n’est  pas  encore  faite.

ラ シャンブル ネ パ オンコール フェットゥ

 

✔︎「バスタオルがありません」

Il  n’y  a  pas  de  serviettes  dans  la  salle  de  bains.

イル ニ ヤ パ ドゥ セルヴィエットゥ ダン サル ドゥ バン

 

✔︎「バスタブの栓がありません」

Il  n’y  a  pas  de  bonde  dans  la  baignoire.

イル ニ ヤ パ ドゥ ボンドゥ ダン ラ ベニョワール

 

✔︎「テレビが映りません」

La  télévision  ne  marche  pas.

ラ テレヴィズィオン ヌ マルシュ パ

 

✔︎「電球が切れています」

L’ampoule  est  grillée.

ランプール エ グリエ

 

✔︎「窓が開きません」

La  fenêtre  est  coincée.

ラ フネートル エ コワンセ

 

✔︎「部屋の鍵を失くしてしまいました」

J’ai  perdu  la  clef  de  ma  chambre.

ジェ ペルドュ ラ クレ ドゥ マ シャンブル

 

✔︎「鍵を部屋に置いたままドアをロックしてしまいました」

Je  suis  sorti(e)  en  laissant  la  clef  à  l’intérieur.

ジュ スイ ソルティ オン レサン ア ランテリウール

 

スポンサーリンク

バスタブ付きの部屋を予約するフランス語フレーズ

ホテルを予約するときに、オンライン予約でもバスタブ付きのお部屋を
リクエストすることができます。

もし、オンラインのフォームにリクエスト欄がなかったり、

リクエストするのを忘れてしまった場合には、

予約した後に、直接ホテルにメールするといいでしょう。

 

Je  voudrais  réserver  une  chambre  avec  baignoire,
 s’il  vous  plaît.

ジュ ヴドレ レゼルベ ユヌ シャンブル アヴェック ベニョワール、スィルヴプレ

 

 

胡桃
誰しも旅の間にはいろいろな状況に遭遇すると思います

 

私もブリュッセルのホテルから日本に電話をかけようとした時のこと。

バスルームの壁に取り付けられている電話機で、日本の国番号を押しました。

0081

何度か試しても一向に繋がる気配がなく、そのまま

レセプションに電話をすると

「日本の国番号0081を回せ!」の一点張り。

なんとか「電話がかからない」ということが伝わったようで、

電話機を修理に男性がやってきました。

男性は部屋を見渡すなり

「OH! 電話機がないじゃん!」

バスルームに付いていた電話機は、館内専用だったことがわかりました。

 

今の時代だったら wifi がつながれば日本との通話なんていくらでもできますが

当時はスマホは日本を離れたら電源を入れられない時代でした。

 

「言葉」って、通じる、通じない、の前に、

私の電話機の件のように

各部屋に設置してあるもの

という思い込み、前提で話しているのですから、

通じるも通じないもあったものではありませんね。

 

まあ、特にパリのホテルでは、部屋に入ったらすぐに

水、お湯と設備の一通りのチェックをしておくと安心ですね。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

 

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA