フランス語の上達に欠かせない「好き」という気持ち

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です。好きこそものの上手なれということわざがありますが、フランス語、語学の上達にも「好き」という情熱は当てはまるのではないでしょうか。

この記事では、好きという気持ちをうまく燃やして!フランス語学習を進めていくコツについてお話しします

 

俳句が好きなフランス人は多い。

俳句は日本だけの文芸ではなくなったとも言えるくらい、フランスでポピュラーになりつつある。

もはや、haîku japonais と、わざわざ「日本の俳句」と表現するくらい。

 

バレエを習っているリラ子さん
盆栽、いけばなに続いて俳句も! 嬉しいような許せないようなフクザツな気持ちね。でも私たちもフランスの真似事は沢山してるしね

 

私が日本語を教えているフランス人、日本語への興味の、最も大きな入り口は俳句でした。もっとも、翻訳された俳句ですけどね。

俳句は五七五という言葉の制約がありますね。

 

日本人にはそれが美しい限りであるものの、言葉が省略され、書かれていない意味を瞬時に感じ取り・・・というような俳句の当たり前は置いておいて、

古い漢字、古い読み方、いかにも俳句の世界の詩的な表現の数々。

 

外国人が理解しようとするのも、私が「ちょっと待って〜」と言いたくなるくらい難しいです。

 

日本語の勉強にはどうかなあ・・・と見守りつつ質問に応えていました。

 

私とて俳句に興味がないわけではないが、何たってフランスにいる身ですから日本の文化を思い出してる場合じゃなかった。

 

胡桃
私だって読めない漢字や知らなかったことに出くわすのよ

 

バレエを習っているリラ子さん
要するに胡桃さんはフランス人が俳句を勉強しようとすることのデメリットばかり考えていたってことね

 

投げ出さずに続くほど、好き。難しいほど、燃えてくる?

俳句好きのPさん、ひらがなはバッチリ読めますが、漢字は小学校2年生くらいまでの勉強です。

文法は、初級を大方やりました。

 

漢字が読めるか読めないか?という問題の前に、小学校2年生くらいまでだと、文法などを含めて日本語の経験というのがやっぱり少ないんですね。

 

字数に制限のある俳句をそのまま読んでも意味はほとんどわからないわけです。日本人なら俳句の言葉の並びを見ただけでほぼ内容を理解できることでも、社会背景や暮らしの習慣が違うこともあって、捉え方そのものも、フランス色の日本幻想(* ゚ω゚ *)に捉われてしまったり。

 

日本の俳句を愛するといえども、私と勉強するようになってから俳句に季語が存在することを知ったり。

 

俳句の切れ字「たり、けり、なり」などの意味をひとつひとつ覚えていく日々でした。

 

私は聞かれたことに答え、知らないことを調べて答え、Pさんの質問に答える日々が続きました。時にはPさんがどうにも納得できず、私も「俳句の趣旨は自分で感じたままに理解すればいいのだから」と言って(実際そうなのですが)宥めたり。

 

どんなにわからないことだらけでも、絶対に投げ出さず理解しようとするPさん。

 

胡桃
ある時から、俳句を日本語で読むことにずいぶん慣れてきたんだな、と感じられるようになってきました。

 

最初は五七五の区切りにも戸惑っていたのに、日本語の音やリズムに自然に慣れてしまったようです。

来る日も来る日もPさんの心がぶるんと震える一句と格闘して、五七五の『音』ばかり読んでいるうちに、リズムが身についてしまった。

 

俳句は文章ではないから、外国人にとっては読解という視点からは読み解く手がかりがないでしょう。

それにも関わらず、フランス語の辞書を引き、英語の辞書を引き(英語は日本語と意味が近いことが多い)一見意味不明な俳句の文字列を理解しょうと一生懸命でした。

 

文法も同様で、形容詞だの条件や仮定だのが俳句の中で「生きて」いるわけです。文法ので知ったことが愛しの俳句で「ああ、そういうことなのか!」とモリモリ腑に落ちていくわけです。

 

教えるって、大変なときもあったけど、待つことって凄く大事だし、余計なことを言わないことも大事。でもときどきは、日本の心の窓を大きく開けてみたり。

 

感動の連続です。

 

バレエを習っているリラ子さん
結局は大好きな俳句を通して能動的に勉強する日本語、メリットばっかりだったわけね

 

胡桃
それに、俳句は17文字のストーリー、季節感や情景に気持ちがのせられていて記憶に残りやすいですね

 

 

やっぱりアナログ。手作りノートは最強の自分辞典

ある日、Pさんの机の上に、バイブルサイズくらいの分厚い真っ赤なカバーのノートを見つけました。

手作りのオリジナル俳句辞典。

 

無地のノートに、Pさんが勉強してフランス語やら英語で調べた意味やご自分のフランス語訳をPCでまとめてプリントして、さらにそこに色々と書き込んであります。

ノートの大きさに合わせてその紙を切って、ノリで貼り付けてあります。

 

ノートの1枚の紙の表と裏に紙を貼り付けていますので、ノート自体はゴムバンドがやっとかかるくらいに膨らんでいますが、Pさんが知ったことをまとめた用紙にスケールを当てて、几帳面に切り貼りする様子の楽しそうなことといったらありません。

 

そのうちに、PCで一句ずつまとめるための「フォーム」も作り、勉強がどんどん加速していくのが伝わってきます。

 

そのノートは厚さ5cmはあろうかというボリューム、今では3冊になりました。

 

漢字を勉強せずに読める方法はないかって?

俳句を日本語で読むことに慣れてきて、五七五の区切りに慣れてきて、最後の壁はやっぱり

バレエを習っているリラ子さん
漢字でしょ?

 

胡桃
そうなの。何か読める手掛かりはないかって聞くのよ

 

バレエを習っているリラ子さん
漢字の勉強するしかないわね。でも、フランス語に苦戦している私からすれば、大好きな俳句で覚えたら楽しいし忘れないと思うな

 

胡桃
Pさんもだんだん欲が出てきてるのよね。自力で読めたらどんなにいいだろうって

 

漢字を一字一句勉強して、「雨」は「あま」とも読みますと聞いたところですぐさま身につくものではありませんが、俳句に「雨だれ」と出てきて、晴れて学びとなるものですね。

 

 

「好き」は試験だっていい

Pさんは俳句が大好きだから日本語への興味が尽きない。

他には例えば、

フランス文学が好きだからフランス語を勉強する。

シャンソンが好きだからフランス語が楽しく続いてる。

 

強烈な「好き」はやっぱり「ものの上手」になりますね。難しいこと、わからないことを厭わないから。

 

フランス語の文芸だの芸術だのにさほど興味がないという場合は?

試験大好き!もすごい原動力になりますね。

年に1度の試験を目標に「受験料を払って」とにかく「受けに行く」っていう行動を起こせば勉強しないわけにいかなくなりますね。

 

私の友人に、文化に特に興味があるわけではないけど英語もフランス語も独学で使えるようになった人がいます。

彼女は勉強熱心だけど、映画が好きとか文学作品が好きとか、全然聞いたことがなくて、どうやって勉強したのか尋ねてみたところ

 

胡桃の友達
中学で英語が始まった時、「あ、私、語学面白いな、得意かも」って思ったの

 

彼女は私と日本語で話すとき、かなり日本語を考えている感じがします。彼女と語学の勉強について話していると、凄くやる気が湧いてきます。

 

フランス語、語学を上達させる「好き」をまとめると

  1. 熱烈に好きな分野がある
  2. 試験が大好き
  3. 一緒に学ぶ友達や仲間がいる

 

そして、独学はやっぱりアナログ。

オリジナル手作りに尽きると思いますね。

俳句だって、大抵のことはネット上で調べがつきます。

調査は文明の利器で時短、自分の勉強は心行くまでアナログで愉しむのが最強かな♫と思うのです。

 

▽関連記事

それではまた!


Merci  et  à  bientôt !

 

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

フランス語の上達に欠かせない「好き」という気持ち” に対して1件のコメントがあります。

  1. キミコ より:

    71歳!仏検準一級挑戦て、普通にといか、合理的に考える人なら絶対やらない!これから就職に使えるわけでも
    ないし、そう旅行に行けるわけじゃない!旅行も別に級は要らないし、会話できれば(って出来ないけど)いい
    のだから!ほんとに単語が覚えられない!色々な方法を試してみた!某記憶法とか、マインドマップとか!
    時々、やめれば?って悪魔の囁き!いろんなことやってはやめ、やってはやめてきたけど、唯一残ったのがこれ!
    やっぱり勉強が好き!試験が好きだったんだ!励まして頂いてありがとう!

    1. 胡桃 より:

      Bonjour キミコさん

      勉強が好き!試験が好き!・・・涙が出てきました。勉強しているそのことが、私も大好きなんです。
      試験前の必死、前日の出願するんじゃなかった・・後悔、当日の緊張(笑)
      勉強や試験とは自分と向き合うそのもの、これからもお互いに頑張りましょう!
      いつもコメントを、こちらこそ励まして下さって本当にありがとうございます! o(*⌒─⌒*)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA