フランス語の上達に必ず役立つディクテノートの作り方

http://nemurerumorifrancego.com/french-progress-dictation-notes/

眠れる森のフランス語 フランス語の上達に必ず役立つディクテノートの作り方

胡桃
Bonjour! 胡桃です

 

前記事 

に続きます。

 

フランス語のディクテ、けっこう大変ですよね。

 

発音されない音をキャッチ、リエゾン、エリジオンをキャッチ、動詞の活用、性数一致・・・テキストをひとつこなすのは決して簡単ではありませんね。

 

バレエを習っているリラ子さん
答え合わせするとノートが真っ赤になって落ち込むわ

 

それだけやるべきことが沢山あるわけですが、ディクテは修正しておしまい、はとても勿体無いです。

 

今日は後々もフランス語のレベルアップに役に立つ、私のディクテのノートの作り方をご紹介したいと思います。

 

ディクテをすると、自分のフランス語の力も自分の性格も(* ゚ω゚ *) 鏡のように映し出されるような気がします。

 

動詞の活用のあやふやさ、活用は覚えているのに聞いて書けない情けなさ、早とちりに注意の足りなさなどなど、落ち込む材料が揃っていると思うのです(´・ω・`)=з

 

その分、合ってた!ときはすごく嬉しいですけどね(*^-^)

 

そんな思いをしてこなしたテキストですので、

  • なぜわからなかったのか?
  • どこがわかっていなかったのか?

 

を、明確にしておくことで、自分のあやふや加減や注意の足らないことなどの ‘弱いところ’  が浮き彫りになります。

 

その記録を続けることで、成長過程がはっきりわかりますし、同じテキストを繰り返したときや、「あ、あのお話の中に出てきた単語だ💡」と気がついたりで、目に耳にした単語とディクテのストーリーと、そのときに頑張った記憶が瞬時に蘇ります。

 

フランス語学習の成長記録であるとともに、自分だけの密かな辞典となりますので、先(といってもそんなに遠からず)の楽しみのためにも、振り返ることのできるノート作りをおすすめします。

フランス語の上達に役に立つ、ディクテのノートの作り方

 

それでは、ノート作りを具体的に見ていきましょう。

 

書き損じや間違いはきれいに消そう

 

ディクテの目的は、速さではないので、何十回でも聞いて、書いては消して、を繰り返すことになります。

 

書き取りは、フリクションペンが便利です。

ディクテには、きれいに消すことが出来て、一字一句はっきり見えるようにしておくと勉強の効率もアップしますし、ノートがスッキリきれいだとそれだけでモチベが上がります。

 

万年筆等を使う場合は、きれいに消せて、上からきれいに書ける修正テープなどを選びましょう。

 

書き損じや間違いに気が付いて、そのときはささっと修正しても、時間が経つと、自分で書いたことがわからなくなったりするのを防ぐために、きれいに消す準備は大切です。

書き取りはスペースと行間隔をとって

ノートは余白を多めにとります。

  • 単語と単語の間はスペース広めに
  • 行間隔は2行分くらい開ける

 

答え合わせ

 

答え合わせは、赤いペンなどを使って、違っていたら横線を引いて、その下に正解を書く、聞き取れていなかったら付け加えて行きます。

 

自分で書いたフレーズの下に、正解のフレーズを書いて行ってもいいのですが、フランス語が2行ビシッと重なると、テキストとして後で読みにくくなりますよね。

 

ですので、

わからなかったところ、間違えたところだけを、色を変えて訂正して書いておきます。

 

弱いところを見つけて復習に役立つ清書の方法

添削で真っ赤になってしまったノート、うなだれてそのままにしておいては今までの苦労が勿体無いですし、見にくくて復習も捗らなくなってしまいます。

 

そこで、

 

バレエを習っているリラ子さん
きれいに清書してこれからも役に立つノートにしておきたいわ

 

 

苦労したディクテを清書をするときのポイント

 

  • わからなかった単語は何か
  • 聞き取れていなかった単語は何か
  • わかっていなかった文法は何か
  • 間違えた単語のスペルは何か?
  • 早とちりや注意が足りなかったところ
  • 特に、リエゾン、エリジオンに印をしっかり

 

これらを後で見たときにわかるようにしておくのですが、

具体的には↓このような感じに(テキストは眠れる森の美女より)

 

間違えたところ、聞けなかった単語、知らなかった単語などだけを、色を変えて書きます。

 

特に、リエゾン、エリジオンや関係代名詞がわからなかったら、デカデカと印をつけます。

 

単語の意味を書く場合は、単語の下に書きます。

 

これで、ガックリきた記憶ともども、記憶に刷り込まれ(´゚д゚`)

同じテキストを、2度3度、と繰り返したときに、この清書で答え合わせすることができますね。

 

プリンターがあればテキストはプリントしてノートに貼っておくといいですし、プリンターがなくても、このように書いておくと最強のテキストになりますww

 

2度目でも同じことが聞けないこともありますし、同じおっちょこちょいもやっちゃいます。そこがなっちゃないんだな〜と落ち込みますが、

 

胡桃
そのための勉強ですもの、ノートを見晴らしよく、めげずに張り切って行きましょう

 

新しい単語をどうするか?

フランスのディクテのテキストは、前回の記事でもお話しましたように、日本人の大人にはあまり関係がない単語や、意味のわからない表現が少なからずあるのと、固有名詞も多く出てくるので、全部の単語に付き合うのはちょっと大変です。

 

ですので、動詞や、これはと思った単語はこのノートに意味を書いて、単語帳にも書いて、となると思いますが、動物の体の名称とか(* ゚ω゚ *) 物語の登場人物などは、私はノートにちょこっと書いておく程度、と決めています。

 

蹄、ツノ、体毛・・・と調べることが続くと、さすがに疲れてきますので、興味が湧かないことは、適当に流すことも挫折しないためには必要ですね。

 

フランス語を学んでいくうちには、いずれ、パスした単語と再会の機会がやってきます。

日本語訳をどうするか?

主語と動詞、単語と文法がわかると、書かれている内容が見えてくると思います。そうすると、日本語はどうにでも書ける状態でもありますので、時間の制約もありますし、敢えて日本語を書いておくことにこだわらなくてもと思います。

 

しつこく聞きながら書き取ったテキストは、メモ程度の日本語でも、きっとすぐに思い出せますよ。

 

単語はわかるのに、意味がわからない文章もよくあります。

そのような場合は、日を置いてみるといいですし、どうしてもわからなければ、意味はパス!とひとまず見切りをつけてもいいと思います。

 

前の記事でも書きましたが、疑問はすぐに解決できなくても、勉強を続けていれば、答えが降りてくることがよくあります。

おわりに、ディクテは手強いけれど

 

ノート作りのポイントは、

ディクテをひとつ終えると、熱気とともにノートはかなりごちゃごちゃしてしまいがちです。

後で見返したときのために、努力のあとを麗しく(*^-^)! まとめておきたいですね。

 

フランスのディクテのストーリーも文法も、まあ、手強いです(^◇^;)

 

先ほど上げた私のノートの画像では、先生がテキストを読み上げ始めるとすぐに、あ!眠れる森の美女だ! と分かり、おーし! それは張り切りました。

興味があることで学べるのは心弾み、実際に身につき方が違いますよね。

 

一方で、全然お呼びでないテキストでも、全ての道はローマに続く、という感じで学びは尽きません。

 

テキストはフランス語の力をつけていくために考えられて作られているので、うなだれたり感心したり悲喜こもごも(゚_゚)

 

胡桃
またやっちゃった〜ダメな現実を自分に見せしめて、フランス語力はパワーアップして行きます

 

ローマは1日にして成らず、ですけれど、

時間には限りがありますし、アスリートのごとく、楽しくかつ効率よく、私たちのフランス語宮殿の構築を目指したいですね。

 

 

Merci  et  à  bientôt!

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA