動詞をつなぐ前置詞、de と à を使い分ける主な動詞一覧

胡桃
Bonjour! 胡桃です

 

フランス語の 動詞+不定法 で表す構文がいくつかありますが、

動詞が deà を伴って、不定法をしたがえる表現があります。

・de が蝶番となる 動詞+de +不定法 

・  à が蝶番となる 動詞+ à +不定法

の形があり、動詞ごとにどちらの蝶番を使うか?が決まっています。

 

何かを言い始めて、書き始めて、動詞を繋ぐ前置詞が

de だったか、à だったか、それとも、必要なかったっけ?

話すときに口ごもってしまい

書くときは手が止まってしまう蝶番ですね( ̄д ̄;)=3=3=3

 

動詞意味から使い分けの特徴などがあるのではなく、

辞書を引いて覚えていくわけですが、

今回の記事ではよく使われる動詞を、少しでも記憶に止まるように、

de を伴うのか、à を伴うのかを色分けしてみました。

それから、覚え方のコツもお話していきたいと思います。

それでは、どの動詞がdeを伴うのか、à を伴うのか見ていきましょう。

* deà も、特に意味することはありません。

・accepter de    を受け入れる

・arrêter de  を止める

・décider de   を決心する

・dire de      を言う

・essayer de を試す

・éviter de      を避ける

・finir de          を終える

・oublier de   を忘れる

・refuser de  を拒否する

・regretter de を後悔する

・rêver de       を夢見る

・s’arrêter  de 止まる

・se dépêcher de 〜するのを急ぐ

前置詞de+不定詞の用例

J’ai  envie  d’habiter  à  la  compagne.

      私は田舎に住むことを望んでいます。

 

Je  refuse  de  travailler  le  dimanche.

      私は日曜日に仕事するのは断った。

 

J’ai  oublié  payer  mes  impôts.

      税金を払うのを忘れた。

フランス語の前置詞 à が蝶番となる主な動詞

・apprendre à を学ぶ、習う

・aider à    を手伝う、助ける

・arriver à     うまく〜できる

・autoriser à を許可する

・chercher à  を探す

・commencer à を始める

・continuer à   を続ける

・hésiter à        に迷う

・inviter+ à を〜に招く

・réussir à       に成功する

・s’intéresser à に興味をもつ

前置詞 à +不定詞の用例

J’apprends  à  danser.

    私はダンスを習っています。

 

La  boulangère  commence  à  travailler  à  7  heures.

    パン屋さんは7時に仕事を開始します。

 

J’ai  renoncé  à  voyager  en  Allemagne.

    私はドイツ旅行を諦めました。

形容詞や名詞の後には、de がよく使われる

形容詞の例を見てみましょう。

Je  suis  content(e)  de 

   Je  suis  content(e)  de  ma  voiture.

         私は自分の車が気に入っている。

 

Je  suis  heureux(se)  de

   Je  suis  heureux  de  partir  en  vacance.

         ヴァカンスに入っているからハッピーだよ。

 

Je  suis  surpris(e)  de

  Je  suis  surprise(e)
  d’avoir  reçu  un  message de François.

        フランソワからメッセージを受け取ってビックリビックリ。

 

Je  suis  désole(e)  

  Je suis  désolé(e)  d’être  en  retard.

       遅くなって申し訳ありません。

 

Je  suis  ravi(e)  de

  Je  suis  ravi(e)  d’être  invité(e)  chez  Marie.

         マリーの家に呼ばれて嬉しいな。

 

*例外あり

 ・ Je  suis  prêt(e)  à  partir.

        出発の準備はOKだよ。など

名詞の例を見てみましょう。

J’ai  envie  de

  J’ai  envie  d’habiter  à  la  compagne.

         田舎で暮らしたいな。

 

J‘ai  peur  de

    J’ai  peur  des  chiens.

         私は犬が怖い。

 

J’ai  l’habitude  de

  J’ai  l’habitude  de  me  lever  tôt.

        私は早起きの習慣があります。

 

*例外あり

  J’ai  mal  à  la  gorge.

         喉が痛い。など。

好みや予定を言いたい時は前置詞はつかない

次のような動詞では、蝶番は必要ありません。

・J’adore  voyage  seul(e).

    一人旅が大好き。

 

・Je  déteste  la  cuisine  trop  grasse.

    脂っこい料理は嫌い。

 

・J’espère  trouver  un  bon  emploi.

    いい仕事につけるといいな。

 

・ Je  pense  bien  réussir  à  l’examen.

     試験にきっと合格すると思うな。

   penser に蝶番は必要なく、

        réussir+à の形ですね(*^-^)

de か、à か、どうやって覚える?

胡桃
主な用例を覚えてしまうとラクですよ

 

バレエを習っているリラ子さん
またしても覚えなきゃならないことばかり、どうやって覚えよう・・・

 

私は10歳になる小学生の甥っ子がいますが、フランスの子どもも、文型は一つずつ暗記をしていくと聞きました。

 

文法がシステマチックなフランス語は、逆に、暗記がモノを言う言語でもあります。

 

頻繁に使っていれば、いつかは覚えると思いがちですが、例えばメールなどで書くたびに辞書や自分のノートのメモを見返して写していても、さっぱり身につかないものです。

 

私も日々、実感していることなのですが、間違えないように書くことが目的だと、自分のノートから写し間違えないように、など、そちらの方に神経が行ってしまって、肝心の、フランス語を使えるようになる、っていう気持ちが目的の圏外に飛んでしまっています。

 

それで結局、いつまでたってもカンペを見ないことには書けない、言えないことばかりのままに。。。

 

胡桃
だから、覚えてしまいましょう。しかも、苦行にせずにね

 

私が提案している単語の反復暗記法を覚えていますか?

✔︎ フランス語単語帳を200%使い倒す暗記方法

 

私は日々の単語帳に、覚えたい構文、文型を取り混ぜています。

なので、単語の反復暗記の中に、否応無しに構文、文型を含めることで、いつのまにか「何も考えずに言えるようになっていた」のです。

 

最初は、全然覚えられません。言えません。

 

2度目、3度目でも同じページがくると、ああ、やだな、と思います。

 

でも、投げ出さない限り、口が勝手に言う瞬間が、必ず来ます。

 

思い出さない脳みそに、もう一声踏ん張らせることができる瞬間が、必ず来ます。

 

そして一度でも、なんだっけ〜!!の果てに思い出せたことは簡単には消え失せません。

 

私は、大人は、人生経験があるからこそ、それを生かして効率の良い勉強法も編み出せると確信していますので、大人ならではの工夫を凝らして、達成感も子どもの何倍もあるような、勉強が趣味になるような、学ぶ愉しさを感じられることが大事だと思うのです。

 

私も単語の反復暗記に加えて、構文暗記帳を作ろうかと思いましたが、やることを増やしたら苦しくなるだけ。

 

そして、単語のシステマチックな反復暗記の効果を実感しているので、単語帳に構文のページも挟んでいます。

 

形容詞や名詞の後には、de がよく使われる の用例などは、本当に覚えてしまった方がいいですし、de か、 à か、なども単語と一緒に覚えたり、壁に貼っておくといいです。

 

バレエを習っているリラ子さん
辞書や翻訳を写しているだけでは、何も身につかないと最近、ちょっと空しく感じていたわ

 

胡桃
今日明日に覚えられなくても不安になることなく、とにかく続けてみてくださいね

フランス語の de と à +動詞のまとめ

・それぞれの動詞でde を伴うか、à を伴うか決まっている。

・覚えやすい文で用例を暗記してしまうといい。

 

胡桃
使い分けの特徴もないので集中トレーニング=問題集を繰り返すといいですね

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt!

 

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

動詞をつなぐ前置詞、de と à を使い分ける主な動詞一覧” に対して1件のコメントがあります。

  1. みつき より:

    胡桃さん

    はじめまして、みつきと申します。
    フランス語世界の入門者です。
    いつも楽しく拝見させていただいております。
    HPのフランス語の書体がとっても好きです。
    何をご使用されているのでしょうか?
    お教えいただけますと嬉しいです。

    1. kurumi より:

      Bonjour みつきさん

      いつもお読みいただき、コメントをありがとうございます。
      フランス語の書体は、読みやすくて勉強が楽しくなるようにと思い、
      GoogleFontから選びました。
      気に入っていただけてとてもとても嬉しいです。
      今後ともどうぞよろしくお願い致します。(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA