フランスの港で船便を待ちわびる冬支度

フランス船便

 

胡桃
Bonjour! 胡桃です。日本からフランスに船便を出しました。中身はホカロンなど冬支度です。3か月くらいでフランスの港、ル・アーヴル港に着くのですが、国際郵便を待つ様子をフランス語日記に書きました。

この夏・・・日本の猛暑は言うに及ばず、フランスも太陽がいっぱいの夏でした。9月に入った今も、もう着ないだろうと思った夏服を着る日があり、嬉しいよりちょっとコワイとさえ思う陽気です。

それでも、モミの木を風が渡る音に、忍び寄るフランスの冬をハタと感じ、

胡桃
あ!ホカロンなしでは過ごせない季節がやって来る。。。

と気がつきました。

私も早いものでフランスで5回目の冬を迎えるわけですが、毎年日本からホカロンを少しずつ送ってもらっては、あと何個あるかな〜、と数えながら使うのが常でした。

今年のような稀な夏に紛れてマッチ売りのおばさんの気分も飛んでしまい、慌ててホカロンその他の越冬グッズを注文、先週船便として川崎を出ました。

30個パックのホカロンを船便で

ホカロンは寒さ対策だけでなく、体調のよくないとき、季節の変わり目の不調などにも欠かせません。風邪気味のときもホカロンでしのげることはままありますよね。

似たようなものはフランスにもあり、貼るホカロンはフランス語でpatch他にも貼らないタイではサーモパッド、Chauffe pieds、Chauffe main、などの名称で製品はいくつかあります。私も手元にホカロンがあるうちに、フランスの製品を試そうと思いますが・・・。

30個入りBOXホカロン、amazonプライム会員価格でとてもお得でした。

 

これを自分用に3箱と、知り合いの高齢のマダムに毎年好評なので1箱、合計4箱注文、重さは計5.6kgに。船便が届く目安は早くて1か月、通常は2〜3か月です。急がなければ=早めに準備をしておけば、船便の料金はありがたいです。

ホカロンなら、夏になってすぐに船便を出せば、本格的に冷え込む前に届くのに、秋の気配で慌てて出したのでフランスに届くのは12月に入りそうです(ー_ー;)。

現時点でランスに国際郵便を送れるのは、航空便と船便だけ

3か月かかるのを見込んでの船便での発送ですが、2キロを超える荷物に船便しか選べないわけがあります。

国際郵便の発送方法

  • EMS
  • 2キロまで送れる小型小包SAL便扱い
  • 2キロまで送れる小型小包航空便
  • 2キロ以上30キロまでSAL便
  • 船便

フランス向けSAL便が休止

SAL便は大体2週間前後で届き、料金も割安でありがたい発送方法でしたが、2017年12月7日にエールフランスカーゴ・KLMカーゴから日本郵便に、12月18日(月)から同郵便物の引受を休止するという通達がありました。

それで、日本からフランスへ荷物を送るとなると、2キロまでの航空便で小分けに送るか、船便かの選択になるわけです。

船便の料金は安いけど

船便の料金はより割安ですが、長旅ですので送るのをためらうものもあります。

成田の免税店で、SKIIの売り場の中国人販売員が「ネットショッピングの化粧品はすごく安いけど、船便で温度調整もない状況で送られてくるからなんですよ」と言っていました。

だから、安くて安心な免税店がいちばんお得ですよ、買いなさいよ、ということでした。

 

船便といえども、荷物は抜き打ちで開封されることがあります。

私が日本を離れるとき、やはり船便で持ち物を送りましたが、抜き打ち開封にあったのが、よりによって大事なバレエの本を入れた箱。

傷ひとつなかった、買ったときと変わらない本が、2冊を互いに噛み合わせたようになったり破れて届いたときには絶句しました。

よほど本に親しみのない人か、ヒマな人か、私に恨みでもある人?でなければしないだろうと思う状態でしたが、震災に遭って手元に残った、という感じです。

 

日本から冬支度の船便を出したフランス語日記

では、先にお話しした状況をフランス語でまとめましょう。このような文はフランス語での表し方に慣れていくのがいちばんです。

バレエを習っているリラ子さん
それにね、フランス語を難しいと思うより、こんな風な日本語をフランス人に教えるとしたら?って想像すると勉強になって面白いわよ。

Je  préparais  à  petit  à  petit  des  choses  dont  j’ai   besoin  pour  l’hiver.

  私は少しずつ冬支度を始めました。

  • 冬支度を進行形なので時制は半過去です。
  • 関係代名詞 dont は、このように自分の頭の中で考えていることを表すときに用います。
  • 冬支度って美しい日本語、このようなフレーズで表せます。

 

J’ai  commandé  4  boîtes  de  patchs  au  Japon.

 日本でホカロンを4箱注文しました。

 

J’ai  trouvé  le  meilleur  prix  sur  amazon  Japon.

 日本のamazonで最安値(町中の方が安いかな)でした。

 

Je  vais  les  attendre  pendant  3  mois  car  j’ai  les  fait  envoyer  par  bateau.

 荷物を船便で送ったからしょーがない、3か月待つか。

  • こんなとき、falloir などを使うとちょっと大げさ、時制は発送が済んだので近未来の aller がぴったりです。
  • faire envoyer は、自分で直接発送したのではないためです。envoyer だけだと自分で日本の郵便局から出した意味になります。

 

Il  avait  fallu  commender  plus  tôt, mais  ce  n’est   pas  facile  de  penser  (à)   la  vie  en  hiver  quand   c’est  l’été.

 もっと早く注文すればよかったけど、今年のようなすごい夏にそんなことは考えられやしないわ。

  • 〜すればよかった。。(直訳は、もっと早く注文する必要があった)発送する前のことなので 時制は avait fallu、大過去です。
  • (à)は、あってもなくても可。

もうひとつ、私の冬支度がありまして・・・

寒くて過ごしにくいフランスの冬を束の間の脱出です(´゚д゚`)…

J’ai  trouvé  le  meilleur  billet  possible  pour  Vienne.

  ウイーン行きの航空券を最安値で買えました。

 

le meilleur というと、値段だけではなく座席のクラスのことにも使える表現です。パリ⇄ヨーロッパの都市間の、2時間程度の移動では特に必要ない選択という感じですが、このフレーズのミソは、billet possible 、数ある選択肢の中から、というような意味合いです。

ユニクロで初めての買い物。ウルトラライトダウン

船便の到着が3か月後は心もとないと思いながら、以前から気になっていたロングの薄いダウンも詰めました。

ユニクロのオンラインで求めましたが、ユニクロでの買い物自体が初めてです。

海外在住の方のレビューで、冬の雨の日に重宝しているというのが決定打になりました。私もレインコートの下にダウンがあったら嬉しいな。

それと、日本から持って来た冬のコートのサイズが合わなくなって全滅状態で。。。大きくなったのは私ではなくコートの方、サイズ調整に出すか買い替えかという状況でした。

コートの下に1枚着て暖かさも増してフィットしたら・・・と楽しみです。

フランスにもユニクロはありますが、私がチェックした日の在庫状況はひどいものでしたので、品切れになる前に掴んでおかねば!と思いました(*^-^)!

来年の手帳の7月1日には、忘れないうちに、ホカロン注文!と書きました。

フランスを代表する港、ル・アーヴル港

フランスの港

画像の、遠くに半島のように見える、コンテナや煙突が立ち並んでいるのが、フランスの海の玄関、ル・アーヴル港です。スモッグでピンクに霞んでいることもあります。

フランスの港というと、フランス第2の都市マルセイユが有名ですが、フランス最大の港はル・アーヴル港。私の船便も川崎からここに運ばれます。

ヨーロッパの大きな港ランキング

1位:ロッテルダム港(オランダ)

2位:アントワープ港(ベルギー)

3位:ハンブルク港(ドイツ)

 

 

この他にも、海がある各国には小さな港が点在しています。港の機能としてで大事なのは鉄道による輸送網ですので、表面的な町の賑わいだけでは測れない部分がありますね。

それではまた!

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 眠れる森のフランス語チャンネル

パリ・ギャラリーラファイエットの今年のオブジェはラグジュアリー時計ブランド、ピアジェとのコラボ。プランタンに続く通りのディスプレイの様子とともにお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA