聞けるフランス語耳が先か、読めるフランス語脳が先か

http://nemurerumorifrancego.com/first-hearing-reading-french/

眠れる森のフランス語 聞けるフランス語耳が先か、読めるフランス語脳が先か

胡桃
Bonjour! 胡桃です

前記事 フランス語脳を育てる、効率のいいコツコツ読解とは? に続いて、聞くことと読むこと、どちらを優先して学習したらよいか、本格的な英語学習経験はなし、フランス語、焦らず急いでちょっと前に進みたい私の日々の経験からお話したいと思います。

語学で最重要なのは、人とのコミュニケーションのためにも、聞き取りだろうと思います。


極端な話ですが、フランス語を話す機会がないからあまり話せなくても、返事ができる程度にわかれば、簡単な受け答えができるわけです。


互いに会話らしい会話に至らなくても、そこそこのコミュニケーションは成立し、話している方も言っていることが通じていることで、わりと安心するわけです。


安心された感じ、私の本当に初級の段階のことで、誤解を恐れずにいえば、(私が一方的にそう思っているだけの可能性もありますが( ̄^ ̄ ;))、初歩のドイツ語、初歩のフランス語時代に感じました。

 

それで、相手から「よく聞き取れるようになったね」なんて言われるわけです。

そうするとおだてられてモチベ全開、やっぱり耳よ!耳だわ!鍛えなきゃ。ということで、フランス語のディクテに励んだわけです。

意味がわからなくてもフランス語をバッチリ書けちゃうフシギ

勉強法のことを考えていなかった頃ですが、来る日も来る日もディクテに取り組んだことがあります。



そうしたら、フランス語は聞き取れて書けるように成長を感じられたのに、意味がよくわからない(・ ・?) という事態になりました

それぞれの学習の進度や先天的に得意な方面によって、私と決して同じではないと思いますが、私の場合は先に読んで内容を理解しないと、聞き取りの練習になりません。

意味がわからないフランス語はBGMのごとし

前の記事のように、読むときに右へ右へと読み進んで行けるのがフランス語脳で考えている手応えかも? とすると、


聞いているときにも、次へ次へ、とフランス語の並びを聞いて理解できるのがフランス語脳の耳といえそうですよね。

 

この、次へ次へと聞いて行ける状態を目指したいわけですが、私の場合は読んで理解して、さらには自分で発音して、やっと聞き取りに移れる状態です。

 

意味がわからないフレーズは、読解するまで、さらには自分で発音することで、やっと全貌が見えてくるものです。


もちろん、身近なことを表す短いフレーズであれば、回数を聞くうちに「ああ、あのこと!」とアンテナに引っかかることもあるでしょう。


ですので、自分のレベルをはるかに超えたテキストは、単に流していても集中し続けることは難しいと言えるでしょう。

 

映画などは、映像があることで語られていることの想像がつきやすく、絵本のごとく理解の助けになることもありますけどね。

フランス語の聞き取りの前に、丸ごとワンフレーズを読んでみる

ワンフレーズの中を、日本語の並びに当てはめようと、行ったり来たりせずにフランス語の並びで意味を捉えられるような意識を持って読解することが大切なのではないか、と前の記事でお話ししましたが、

この ‘ワンフレーズ’ というのがポイントで、最初は単語単体を調べて理解するけれど、最終的にはワンフレーズを掴む感覚です。

 

ワンフレーズを読めて発音できて、聞き取る積み重ねで、フランス語脳に近づけるかな、と実感しています。


ディクテという練習は、フランス語の音声を正しく聞き取る事には違いないけれど、目的は


正しいスペルが書けるか

  は元より、

文法上の理解ができているか 

 が大切なポイントです。

 

なので、聞いたことのない単語や表現ばかりのテキストでディクテしてもあまり勉強にならないですし、私にとっては読んで理解できたことの仕上げトレーニング。

 

単語単体や、リエゾンを聞き取れてバッチリ書けても、ワンフレーズを聞き取って行くことは容易ではありません。

 

一度に頭に留められる単語数を一つずつ増やす意識で聞きとりたいですね(*^-^)

 

そして、読解もディクテも、トレーニングはいつ何時も、ブツブツ発音することを忘れずに。

 

まとめ 

そんなコツコツがフランス語脳&耳を育てられるかな、そうしたら、あとは話すばかりじゃないか、と考えます。

 

読んで声に出して理解したことって、結構、正しく口から出てくるものです(*^-^)

 

アンテナが立った時にはテロップが流れる感じで口から出します。

 

その次は、テロップを出そうと思えば出る!自信が感じられ、

その次は口が勝手に喋ります(つ゚o゚⊂) 

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

 

Merci  et  à  bientôt !

Noël au Japon ☆ 日本のクリスマス

日本のクリスマスから元旦までをフランス語で。 初級フランス語のオリジナル読解テキスト 発売中!
旅で役立つ会話とグッズ&フランス語学習本など

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA