フランスでDELF B1に挑戦!独学で合格なるか?

http://nemurerumorifrancego.com/examination-delf-b1-france/

眠れる森のフランス語 フランスでDELF B1を受けてきました

胡桃
Bonjour! 胡桃です

 

フランスでDELF B1に初挑戦してきました。

フランスに来て3年。

語学学校もない小さなリゾート地に住んでいる私、DELF B1の試験はそのためのコースを受けないと受験は無理だろうな、とずっと思っておりました。

このサイトを始めた1年前は、ご紹介している勉強法でフランス語に取り組んでいましたが、本国フランスでの試験は厳しいと聞いていたり、B1 受験はまだ他人事でした。

 

身辺色々あり、誰しもそうですね、落ち着いて試験勉強に取り組める状態ではなかったですが、できない理由を上げていても、いつまでも前進しませんから、試し受験のつもりで出願しました。

しかも時は、討ち入りの日 12月14日 (● ̄m ̄●) ムフッ♪

 

試験内容は覚えていないものもあり、多分合格には至らないと思いますが、フランスでのDELF体験ということで、日本では考えられないような試験の風景などもお話ししたいと思います。

 

試験準備中は滞在許可証の心配もあり、実に散々なことだらけだったのと、練習問題に苦戦してカタツムリの歩み、予想の7割くらいの勉強で望むことになりました。

忙しい大人の試験勉強には邪魔も妨害ももれなく付いてくる。

よりによって夫のひどい風邪もしっかり移って。

私もいよいよ風邪爆発寸前の感じ。。。頭痛とともに目覚めて、試験に出かけるのをためらった嵐の朝でした。

(´・ω・`)

 

試験会場の大学、建物に入るも暖房は入っていないようで、外よりマシという程度の寒さ。

ホカロンを仙骨と頚椎の上に貼って出かけましたが、2個も貼ってる気が全然しない(;  ̄ェ ̄)くらいの寒さでした{(;>ω< )}

試験への緊張のせいですね、フランスは建物の中も寒いのが当たり前という現実を忘れていて、コートを脱いでも十分に暖かい服装をしてこなかったことが悔やまれます。

気候の厳しいノルマンディの秋冬に勉強、受験することにしたことも悔やまれた一日でした。

何せ出願したのはまだ気候のいい9月末でしたからね。

 

午前中の筆記試験ではダウンジャケットを椅子に敷くようにしてお腹から膝までを包むようにしていたのに、お腹が痛くなってくるほどの寒さとの戦いでした。

 

 

今日が終われば数日は勉強せずに過ごしていいのだ。

とにかく頑張ろう。

フランス語DELF B1 試験開始前 

部屋に入ると、まずは受付で滞在許可証の提示を求められました。

私はパスポートと、この間県庁から届いた、10年カードが下りた連絡のSMSを見せて、入室OKとなりました。

聞き取りのために前の方の席に座らなきゃ、と勇んでいましたが、部屋に入ると指定席となっていました。

私の席は端の列の前の方、広い教室で、それぞれの席は一列おき、一席おきとなっていて、真冬のヨーロッパ行きのビジネスクラスのような人口密度でした。

日本で受けた時には狭い部屋に人がぎっしりという感じだったので、集中できそうな感じがしました。

 

それにしても寒い!

試験の係員の女性の中にはコートを着たまま問題を配っている人もいる。

私も一度はバッグにしまったマフラーを取り出して肩にかけました。

 

問題が配られて、名前と受験番号を書きます。

すると、係の女性たちがセロテープを手に各机を回り、それぞれの回答用紙の、名前と受験番号の部分を折りたたんでセロテープでしっかりと貼り付けていきます。

 

会場が大学だから、試験官が知っている生徒もいるでしょうし、公平な採点のためなのかしらね・・・。

これで試験開始は10分遅れました。

フランス語DELF B1 聞き取り

聞き取りの試験問題は3つのテキストがあり、2問目、3問目と、だんだん長く難しくなります。

音声は2回ずつ流れます。

1問目は、女性が男性の友人を買い物に誘う会話

2問目と3問目はごめんなさい、記憶から飛んでいます。

 

そして、半分も得点できた感じがしませんでした。

 

胡桃
この時点で、今回は無理だろう、と諦めモードに入ってしまいました

 

フランス語DELF B1 読解 

“表”の問題

4つのテキストを読んで、設問の希望にかなっているか否かを回答しながら最適な選択を答える問題です。

 

試験は最適なアクテビティを読み取る問題でした。

場所、時間、費用、感動があるかどうか!を満たしているかどうかを回答します。

練習問題をやっていた時には、全部できたと思っても、私は大抵、1つか2つ、不正解になります。あ!しまった!もあるけれど、なんでなのさ?とわからないことも時々あって。

 

胡桃
次に受けるまでには完璧にしておかねば(~_~;)と早くも思いました

 

この後に続く長文読解は時間の面からも点数を稼げる望みは薄いので、そこそこ出来たつもりでも、ここでのおっちょこちょいは気をつけないと。

 

長文読解

内容は旅行者のアクテビティについてのもので、テキストの練習問題よりいくらか易しい感じがしました。

それでも、もし単語を調べてまともに日本語の意味を考えようとするなら試験時間いっぱいかかりかねない長文です( ̄^ ̄ 😉

それに、聞き取りが終わるあたりからすごい悪寒が押し寄せてきて頭がガンガンしてる。風邪が爆発するのに違いない。

(*´Д`*) 

 

長文、読んでも読んでも内容が頭に残らない。

胡桃
長文は捨てて文章作成に取り掛かかろう・・・と決意しました

 

どうしたら読解の試験問題を攻略できるか、直前まで時間がかかってしまうばかりでしたので、いずれにせよ次回への大きな課題です。

 

 

この時間、係の女性3人が前でヒソヒソ声でガンガン話していて、うるさいのなんのって。

筆談でお願いしたいものです(*´Д`*)  

フランス語DELF B1 文章作成

 

課題は、〔友人に、結婚の intérêt と difficulté をあなたの経験から書きなさい〕というものでした。

これから結婚する友人を想定して手紙を書く問題です。

 

バレエを習っているリラ子さん
すごく身近な話題だけど、いざフランス語で書くとなったら大変そう!

 

胡桃
長文を捨てたのに、文章作成もボツだとガックリきたわ

 

読解の練習問題に、結婚生活と男女の不平等に関するテキストがあって、家事、子育ての両立とかの単語が出てきたのに、思い出せませんでした。

まあ、こんな身近な課題では、練習問題のことなど忘れて、普段の自分のままモリモリ妄想した方がいい結果になりますね。

勉強して知恵を入れて、それにとらわれてしまったら本末転倒というものです(*´∀`;)

 

ですが、ひどく緊張していた私。

胡桃
友人のリラ子さんを想定して書くことすら頭から飛んでしまって

 

友人への手紙なのに、

Comment va-tu? と書き出すことさえ忘れていた私。笑笑

 

隣の男子学生と思しき若者は、この課題はお手上げのようでした。

席が離れていても、何もしていない様子がわかります。

何を書けばいいのか?問われていることがわからなければ書けませんし、わかっても、私も想定外の課題に手が止まってしまいました。

 

文章作成は何パターンも練習したけれど、本番は本番ですね。

 

胡桃
自分が学生のつもりになって書くテーマは随分練習したけど、すっかり慌ててしまって失敗しました

 

バレエを習っているリラ子さん
胡桃さんは再婚なんだから結婚の話なんていくらでも書けたでしょうに♬ 悔やまれるわね

 

こうして振り返っていると、姑がイジワルだったら不幸だ、その対策は・・・などと書けばよかったと思うが、その場ではとうとう浮かんでこなかった(´・ω・`)

 

胡桃
日本で散々悲しい思いをしたのに、経験が生かせなくてショック!

 

 

まとまらない文章で、規定の文字数160語に達していないと思う。

普段は大抵、200語近くになるから、書いていて用紙がスカスカなのがわかる( ̄^ ̄ 😉

 

点数が欲しい文章作成なのに、半分もつかないだろうな。

3つの試験は全滅だろう。。。

 

 

係員から、あと5分です、と声がかかりました。

 

すると、私の隣の男子学生が明らかにフテたように立ち上がり、私の後ろをガサガサと通って荷物を取りに。

試験終了までは席を立たないっていう習慣はないのかも? あと5分、皆必死でしょうに。

 

そして試験終了となりました。

 

ところが!

問題と回答を回収し始めているのに、椅子からお尻を浮かせた状態で回答を書き続けてる女性が。

(* ゚ω゚ *)

係員が注意しても、まだ立ったまま書いています。

係員が彼女の両肩に手を当てて再度注意して、やっと終わらせた感じです。

 

0.5点が合否を分けるのに。

信じられませんね。

 

 

 

1時間45分の試験が終わると 

(´・ω・`)? 

寒くて熱い。

よく持ちこたえたと思いました。

でも、平熱&元気でも、どんなテーマでも、視点と構成を思いつかない限りは書けません。

 

聞き取りも読解も、勉強不足。

文章作成は妄想不足(笑)

妄想力が大事よ(*бωб*)♪と人に言っておきながら↓

 

私は妄想できなかった。

皆さん、ごめんね。(ノ_・、) そして、自戒を込めて

胡桃
深呼吸して、落ち着いて妄想するのよ

 

午後の口頭試験まで約2時間あります。

今回は望みなしと思い、口頭試験を待つ部屋もなく、帰った方がいいんじゃないか・・・と風邪に負けそうです。

でも、再チャレンジのためにも、口頭試験こそ様子を知っておかねばと気を取り直しました。

それに外は大雨。帰る気も失せます。

 

朝食は7時に軽く食べただけですが、熱で胃腸が動かないからお腹は全然空きません。

ただただ寒くて、自動販売機でショコラショーのボタンを押したら、ぬるま湯のようなショコラが出てきました。

1ユーロコインを入れたけど、20セントのお釣りなんかやっぱり出てこないことになっている。

 

家からステンレスボトルに熱いお湯とチョコレートを持って来ていて助かりました。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt!

・DELFB1問題集 わずかに在庫あります

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA