サガンの文章でフランス語の音節の区切り方を練習してみよう

http://nemurerumorifrancego.com/divide-syllable-french

眠れる森のフランス語 サガンの文章でフランス語の音節の区切り方を練習してみよう

胡桃
Bonjour! 胡桃です

 

フランス語の滑らかな発音の鍵を握る、音節 
フランス語の滑らかな発音のために
単語の音節を意識する大切さについて書きました。

 

これからフランス語の新しい単語に出会うたびに

その単語の音節を意識するといいですし、

今まで何も考えずに発音してきた単語にも
しっかりと音節があり❣️ (゜o゜)

それを意識するだけでもフランス語の発音がアップすると思います。

一度にフランス語の長いフレーズを歌うように発音することは
簡単ではありませんが

音節を意識することで

メリハリがつき、フランス語の発音に表情が出てきます。

 

そこで今日は、サガンの小説「熱い恋」の冒頭のフレーズで
音節を区切る練習をしてみたいと思います。

普段の文法勉強フレーズと違って、あなたの勉強の気分転換になるといいな。

グリーンのマーカーは、発音するときのリエゾンです

フランス語の音節の区切り方と発音のポイントについては
こちら⇩の記事をご参照くださいませ。

 

それでは、サガンの「熱い恋=La chamade」の冒頭の文章を
音節で区切ってみましょう!

答え(私の先生に確認済み)と日本語訳を後に記します。

あ、それから

音節で区切る前と、区切った後で

あなたの音読を録音して比べてみるといいですよww

La  chamade

ラ シャマードゥ

 

Elle  ouvrit  les  yeux.

エル ウーヴィリ レュー

 

Un  vent  brusque,  décidé,

アン ヴォン ブリュスク、デシデ

 

s’était  introduit  dans  la  chambre.

セテ タントロデュイ ダン ラ シャンブル

 

Il  transformait  le  rideau  en  voile, 

イル トランスフォルメ ル リド オン ヴォワル

 

faisait  se  pencher  les  fleurs  dans  leur

 grand  vase,  à  terre, 

フェセ ス パンシェ レ フルール ダン ルール グラン ヴァズ、ア テール

 

et  s’attaquait  à  présent  à  son  sommeil.

エ サタッケ ア プレゾン ソン ソメイユ

 

C’était  un  vent  de  printemps, 

ン ヴォン ドゥ プランタン

 

le  premier:  il  sentait  les  bois,  

ル プレミエール イル ソンテ レ ボア

 

les  forêts,  la  terre,・・・

レ フォレ、ラ テール

 

*改行の区切りは、表示の見やすさを優先しております。

答え合わせと日本語訳

La  cha/ma/de

ラ シャマードゥ

 

El/le  ou/vrit  les  yeux.

エル ウーヴィリ レュー

 

Un  vent  brus/que,  dé/ci/dé,

アン ヴォン ブリュスク、デシデ

 

s’é/tait  in/tro/duit  dans  la  cham/bre.

セテ タントロデュイ ダン ラ シャンブル

 

Il  trans/for/mait  le  ri/deau  en  voi/le, 

イル トランスフォルメ ル リド オン ヴォワル

 

fai/sait  se  pen/cher  les  fleurs  dans  leur

 grand  va/se,  à  terre, 

フェセ ス パンシェ レ フルール ダン ルール グラン ヴァズ、ア テール

 

et  s’a/tta/quait  à  pré/sent  à  son  som/meil.

エ サタッケ ア プレゾン ソン ソメイユ

 

C’é/tait  un  vent  de  prin/temps, 

ン ヴォン ドゥ プランタン

 

le  pre/mier:  il  sen/tait  les  bois,  

ル プレミエール イル ソンテ レ ボア

 

les  fo/rêts,  la  terre,・・・

レ フォレ、ラ テール

 

彼女は眼をあけた。

風が突然、決意したように、寝室に入ってきたのだった。

風はカーテンを帆に変え、大きな花瓶の花を床の方へかしげさせ、

今彼女の眠りに襲いかかっていた。

それは、春の最初の風であった。

林や、森や、土のにおいがした・・・

朝吹登水子訳

フランス語の発音と文の抑揚は音読から

いかがでしたでしょうか?

出だしの Elle, 音節で区切ると、
カタカナで平たく「エル」と発音するのと違って
E の発音にも力が入ったと思いますww

 

今の先生に習うようになってから、よく本の音読をさせられます。

知らない単語はゾロゾロ出てくるし(・ω・ ;)(; ・ω・)

フランス語学習のテキストではない、
短くない一文を読むことは
日本語と言葉の仕組みも習慣も違うので、簡単には行きません。

さらに、フランス語らしい抑揚をつけるなんて、至難の技 (*´Д`*) 

そもそも、フランス語の抑揚がどんなものかもわかっているのかどうか・・・

。。(´・ω・`)

 

突然小説を与えられて最初は戸惑うばかりでしたが

音節という手がかりがあるのとないのとでは

暗がりに懐中電灯を持っているかどうかのように違いが感じられます (*^-^)

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら、大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA