フランス語学習を難しいと決めるのはちょっと待って!

http://nemurerumorifrancego.com/difficult/

胡桃
Bonjour! 胡桃です。フランス語学習を難しいと思うのはなぜでしょうね。

 

フランス語、最初は美しい、と思っていたのに、勉強が進むうちに急に難しくなっちゃう。

 

確かに覚えることが山ほどあるし、発音という大きな憧れもあります。

 

フランスで日本語を教えて3年半になり、日々、日仏語と言葉の世界に浸っています。

 

フランス人が日本語を学ぶ姿を見て、語学学習とは?を考えさせられる毎日、今日はあらためて、フランス語の学習項目と、その対処法を見晴らして行きたいと思います。

難しい、というのは、複雑でわかりにくいこと、難解である、という意味ですが(大辞泉より)フランス語学習者が学ばなければならない項目を見てみましょう。

 

フランス語が難しいと感じるところ

  • 名詞に性があり冠詞で表すこと
  • 形容詞が性数変化すること
  • 動詞が6つの人称で活用する
  • 数字のシステムが独特
  • 大きく8つの時制があること
  • 目的語の表現が多彩、発音も
  • 発音
  • 文法

 

バレエを習っているリラ子さん
こんなに難しいことだらけ?フランス語はどんな言葉なのかしらね?

 

胡桃
まずは次の数字をみてください。だいぶ気が楽になると思います

 

フラン語の語彙数って、実はけっこう少ない?

日常生活をほぼ理解するために必要と言われている語彙数とは?

  • 日本語   5000語
  • ドイツ語  3000語
  • 英語    2000語
  • フランス語 1000語

 

この数字はどういうことかというと、フランス語なら、よく使われる1000語で日常生活はなんとか理解できるレベルだけれど、日本語ではよく使われる5000語動員しないと同じレベルにならないということ(運用はまた別です)。

 

日本語を1000語覚えても日本語の日常生活の6割くらいしか理解できないんだそうです。

オーストリアで独語を勉強する人に聞いたことなので、参考程度に。)

 

バレエを習っているリラ子さん
きゃー、自信が湧いてきちゃった

 

もちろん、日本語との比較はできません。フランス語は単純に語彙が少ないのではなく、普段の勉強で気がついているかもしれませんが、一つの単語が意味することがどっさりある単語が多いですよね。

 

辞書を引いていても、一つの単語でこんなに意味が違うなんて、別の単語にしてほしいがな

 

(* ゚ω゚ *)

 

成句は用例が延々と続き、ちっとも終わらない。どれもこれも似ているし、成句は全部重要そうだし、それ全部書き出さなきゃ、どうやって覚えよう・・・ボーゼンとなるのも無理はないと思いますよね。

 

日本語はどんな言語なんだろう?なんて普段は考えることもないと思うので、フランス語の難しさばかりが重荷になりがちです。でも、言語の特徴が日本語と違うんだ、と思えば、勉強法のスイッチもオンする部分が見えてきます。

 

たまには日本語のことをちょっと知っておくといいよ

まさかフランスで、イマイチのフランス語でフランス人に日本語を教える日が来るなんて夢にも思いませんでしたが、まあ、日本語がどんな言語なのかを知って、

 

胡桃
逆に、フランス語のことが透視のごとく見えたりもしました。感動的ですよ

 

では、先に上げた、フランス語の難しいと感じる学習項目を、日本語(私が仏語と同時進行していたドイツ語も登場します、ごめんね)からの視点で見て行きましょう。

 

 

名詞に性があり冠詞で表すこと

→ドイツ語には中性名詞もあります。上がいますね。名詞の性を冠詞で区別しつつ物事を表現することは最初は難しく感じますが、フランス語の面白さでもあります(*^-^)!

 

 

形容詞に性数があること

→日本語には性数変化はないが、2つ3つの形容詞を文脈により華麗に並べるなんて、フランス人には至難の技。

 

 

動詞が6つの人称で活用する

→フランス人だって、全ての活用を覚えて正しく言える人は僅かだそう。動詞の活用辞典なしでは済まないのですから、私たちが覚えられなくても落ち込む必要なし。動詞の活用本については

 

 

数字のシステムが独特

→日本語の数字の数え方だって、独特ですよね。昨今は間違いなく聞き分けるために4を「し」と言わずに「よん」と言うシチュエーションもあるし。110番をひゃくじゅう番と言う人はいないしね。ドイツ語は一桁から、21は1から読みます。

 

 

大きく8つの時制があること

→日本語の文法上の時制を知ってる?過去と、非過去の2つだけ。これだけでフランス語と同じような時制の感覚をカバーしているんです。フラ語が難しいと感じるのは時間取り扱いも大きいですね。

バレエを習っているリラ子さん
私もフランス語の時制はよくわからないけど、フランス人が日本語勉強したら、わけわかんないだろうな(〃э_э)

 

 

目的語の表現が多彩、発音も

→人称、もの、場所などを指す目的語の使い分けと語順の文法、加えて、発音のエリジオンが起きることも。ここは落ち着いて、フランス語の頑張りどころでもあります。

 

 

発音

→ネイティブっぽくなりたいね。せめて、平べったいカタカナを卒業する意識を忘れなければ、フランス語の音の世界もだいぶ変わって見えるよ。

 

 

文法

→ドイツ語より易しいと思う。何れにしても文法の形態がはっきりしているから、逆に言えば、わかりやすい。覚えることはもちろん多いけれど、日本語なんて、シチュエーションの数だけ表現があると思わない?気楽に行こうぜ✌️

日本語にしがみつくほどに、フランス語は難しく感じるかも?

フランス語を勉強し始めれば、日本語のこのキモチ、この思いを、フランス語で何て言うんだろう?と誰しもが思うこととでしょう。

勉強していても、常にフランス語と日本語を結びつけることを考えていると、フランス語はますます難しく感じ、習得から遠ざかってしまうと思います。

逆も然りで、

胡桃
あなたが日本語教師になったら?と想像してみて

 

あなたが自然な日本語を、フランス語にはならない日本語を一生懸命教えようとしているのに、フランス人の生徒がもし、日本語とフランス語または、フランス語でダメなら英語で調べて、何が何でもフランス語か英語で結びつけよう、結びつくことが、理解したと言うことなのだ、と必死になっていたら、どんな気持ちになるでしょうか?

バレエを習っているリラ子さん
ざけんじゃないわよ、じゃなかった、日本語をフランス語と一致させようなんて、悲しすぎるわ

(゚Д゚;)

フランス語を難しいと思わないようにするのが、上達の秘訣かも?

 

私がフランス語の門を叩いたときは、フランス語にすごく興味があったわけでもなく、バレエに興味があっただけ。英語は必要だと思ったけれど、勉強する興味も湧かなかったし、一つくらい外国語をマスターしたいと思い、それならバレエの国のフランス語にしようと。

 

ネイティヴ教師のレッスンを受けることは、そのままフランスの風に吹かれることだな、と実感、フランス語を覚えることが日本とフランスが違うことを知ることでもあり、フランス語を五感で感じる喜びに浸りました。この感触は、今でも変わりません。

 

日仏は違うんだから、言葉が違い、直ぐに理解できるものとは思いませんでした。なので、最初から「難しいと思う気持ち」を微塵も持たなかったのです。初心者は大らかで自由ですね。

 

 

フランスに来てからは尚の事、フランスではこうなんだ、フランス語ではこう言うんだ、を満喫しています。それで、勉強を趣味のごとく楽しみに変えたいと思って、語学学習法を研究しました。

 

自分で実践した勉強法で自信がついてくると、ますます調子に乗って、わからないながらもフランス語をフランス語で考えようとします。

 

フランス語と日本語を結びつけようとするのは、生活習慣の違い、社会背景の違い、人の性質の違いをねじ伏せようとするようなもの、と言っては大げさですが、adapter させようとするほどに、ムズカシ沼にハマりそうに思えるのです。

 

おわりに フランス語は難しい、は解決できるか?

 

フランス語を勉強していて、日本語と似ていることがあれば、へえ〜、近いね〜、なんて面白く感じるし、違うことを知ることで、日本語の発見にもなり、語学は本当に愉快な趣味だと思います。

フランス語に限りませんが、語学は勉強法がわかって身につけば続けられるし、続けば前進します。

このサイトで繰り返しオススメしている集中トレーニングは、私個人は実践してみて、フランス語の難しいを攻略すると実感があります。

フランス語が難しい=複雑すぎて理解できないのは、各学習項目を集中的に勉強したり補強したりすることで、消えてしまう感覚です。

もちろん、勉強すればするほど、知れば知るほど難しく感じますけど、それは難しさと言うより、奥が深いというだけ。気楽に行こうと思います。

先生から「これは難しいよ」と言われるほどに、静かな炎が燃えてきます。母国語でないし、失うものは何もありませんからね。

難しいと思えば難しくなり、簡単だと思えば楽しくなり。語学もそんな感じがスイスイ進むと思う。

 

幸せだと思えば、幸せ、と、同じ。成功は自分の手の中に(*^-^)!

 

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA