フランス語の曜日の表現もクラス(階級)で変わる?

眠れる森のフランス語 フランス語の曜日の表現もクラス(階級)で変わる?

胡桃
Bonjour! 胡桃です

1日1行!フランス語の日付の前置詞と書き方 で、
フランス語の曜日のいくつかの表現を上げました。

日本の学習本などではあまり見かけない表現も書きましたので
おや?と思われたかもしれませんので

今日は補足として、なぜ曜日の表現も幾つかあるのか?
その使い分けについて
私個人がフランスで感じていることを元にお話ししたいと思います。

?マークをつけただけの疑問形は、美しくないよ 
の記事でも触れていますが

フランス社会では人の階級が割合にはっきりしているといわれています。

暮らしや言葉に対する価値観が人それぞれ違うのは日本人も同じですが、
「フランス語」についても、その層によって使われる言葉に違いがあります。

同じことを言い表すのにも

très  jolie, très  élégante

と教わることもしばしばあります。

日本同様にフランス語にも若者言葉が存在します。

 

〈曜日〉の表現についても
日常よく使われる表現と、上流階級の人が好んで使う表現があります。

 

“Quel  jour  sommes-nous ?”
「今日は何曜日ですか?」に対して


答え方は3通り可能です。

Nous  sommes  dimanche.
(文法上ジャストで正しいのはこの答え方です)


C’est dimanche.
(文法上はQuell jour est-ce aujourd’hui?に対しての答え方ですが)


On est dimanche.

フランスの日常で使われる表現ってどんなことだろう?

日常の=courant という形容詞を
個人的にスポーツに例えてみます。
(決してスポーツの差別ではありません)

皆んなが知っていてポピュラーという意味合いで、フランスだったら
サッカーでしょうか (*^-^)

一方で

上流の人が好むのは
ゴルフ 

と言うとわかりやすいでしょうか。

(もちろん、両方大好き!な人も大勢います)

 

私たちが日本で習う
“Nous  sommes  dimanche” は


サッカー風かゴルフ風か?と問われたらどちらだと思いますか?

答えは


ゴルフ風 です.:゚+(● ̄m ̄●) ムフッ♪

フランス人なら知らない人はいない表現ですが
皆が皆、使っているのでもないシックな表現なんだそうです。

以外ですよね。

 

“C’est  dimanche”

“On  est  dimanche”
は、どちらかといえば、サッカー風、

街で、人々の会話で、多くの人がよく使う表現です。


日本の学習本などであまり見かけない表現ですが

上記のような理由でフランスのテキストや問題集には
ちゃんと記載されています。

私たちが覚えておきたいフランス語の表現は

紳士淑女の私たち (*^-^) はもちろん


習ったゴルフの方

“Nous  sommes  dimanche.”

で覚えて使うのがベストですが


フランスの日常で使われる言葉を知っておかないと


せっかく覚えたフレーズも役に立たなかったりします。

 

パリに行って突然 
“On  est  dimanche”


と耳に入ったら、知らない単語はないのに
「えっ?日曜日にどうかしたって??」
となりかねないかな〜😅と思い
ここに記しておきたいと思った次第です。

 

このような表現もあることをちょっと知っておけば

バレエを習っているリラ子さん
ああ、nous sommes dimancheのことだと分かるわね

学ぶ上はエレガントなフランス語を目指したいね

1日1行!フランス語の日付の前置詞と書き方

「今日は何日ですか?」を尋ねるフレーズ


・エレガント:
Quel  jour  du  mois  est-ce  aujourd’hui ?

を上げましたが
これはもう、ゴルフよりさらに上流の 乗馬クラス!です

(つ゚o゚⊂)

 

私がこちらで習っているとき、先生から

「街では皆使ってるけど、きれいなフランス語ではないので
使わない方がいい」

「間違いではないけど若者言葉ですから使わない方がいいですよ」


などと言われることがよくあります。

こういったことを外国人生徒がまとめて学ぶことは難しいですが・・・

胡桃
積極的にアウトプットして一つ一つ学んでいきたいと思います

 

 

 

私が住んでいるフランス北西部の街にはフランス最大のゴルフ場があり
最高級のゴルフリゾートホテル⇧がそびえ

年配のフランス人女性たちが軽やかなゴルフファッション、
華やかでスポーティな装いで滞在している姿には目を見張ります (゜o゜)

フランス上流社会の風景のひとつですww

 

今回の記事は私が
「あれっ(・_・?)日本で教わることと
フランスで使われていることがこんなに違う?」

と思ったことで

大した問題ではありませんが
土地柄、フランスの上流社会の様子を垣間見る機会もあり

私のささやかな発見として綴ってみました。

またフランス語で何かの発見があったときには
あなたとシェアしたいと思っております(^_^)

 

お読みいただき、ありがとうございました。
フランス語を学ぶあなたのお役に立つことがありましたら
大変嬉しく思います。

Merci  et  à  bientôt !

 

旅で役立つ会話とグッズ&フランス語学習本など

スポンサーリンク

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA