悔しさ、情けなさがフランス語学習のモチベーションをMAXに?

http://nemurerumorifrancego.com/chagrin-motivation-french/

眠れる森のフランス語 悔しさ、情けなさがフランス語学習のモチベーションをMAXに?

胡桃
Bonjour! 胡桃です。悔しい思い、たまにはなかなかいいものです

 

前の記事でモチベーションについて書きましたが、それと前後して、フランス語のレッスンですごく情けない思いをしました。

 

日本語の「情けない」って、「恥ずかしい」を恥ずかしいと言えずに「情けない」と自嘲するニュアンスがありますよね。そのときの私も、周りに対してより、自分に対してなんですけど、とにかく恥ずかしかった。

 

バレエを習っているリラ子さん
わ〜興味津々、何があったの?

 

胡桃
ディクテで超簡単な単語が4つ並んでいるだけの本のタイトルのうちの、単語の一つが聞き取れなかった

 

まだショックから立ち直れなくて、その単語をここに書く勇気がなくてゴメンね。

 

どんな内容かというと、発音される音がはっきり聞き取れなくても、リエゾンと文脈で推察するのがフランス語の特徴の一つでもあるんだけれど、それが出来なかったんです。音の聞き取りに固執するあまり、答えを見出せずに、へんな文を勝手に作ってしまった。

 

バレエを習っているリラ子さん
・・・フランス語の経験が足りないのね

 

胡桃
言ってくれるわね〜その通り。だから勉強するんだし、気にすることもないと思うけど、立ち直るのに全治10日くらいかかりそう

 

私はこれまでにも、フランス語関連だけでも「悔しい思い」は何度もしてきましたが、やり場のない気持ちと裏腹に、すごく冷静になって、文字通りお尻に火がつきます。

 

今日はことが起きてから6日目、「悔しさ」「モチベーション」「悔しい気持ちとの付き合い方」などを、私個人の経験ですけれど、お話したいと思います。

 

思うように話せないもどかしさというのは、悔しさというより、歯がゆさだけれど、その国の言葉のことで、その国の人から何かコケにされたり見下されたりすることで、自分の語学のダメさが浮き彫りになった瞬間の衝撃と、言いようのない恥ずかしさ、情けなさ。

 

胡桃
劣等感といえば劣等感だけど、精一杯やっていてもフランス語の経験が十分でないんだから、仕方のない部分もあって当たり前だけど・・・

 

バレエを習っているリラ子さん
つまり、劣等感+甘え=悔しい、のね

 

私もフランスに暮らして4年になろうとしています。

いつまでも、フランスに住み始めたばかりの “フランス初心者” と、周りは扱わなくなっているんだな、とも感じています。

 

このような時期に、あり得ないようなフランス語のちょっとしたエラーが重なってショックもひとしおなのだろうと思います。

 

日本語の「悔しい」を辞書で引くと「口惜しい」という言葉も同時にあり、

物事が思うとおりにならなかったり、はずかしめをを受けたりして、あきらめがつかず、腹立たしい気持ちだ。残念でたまらない。 デジタル大辞泉より

 

という意味の中の、「腹立たしい」気持ちが恥ずかしさと交錯するから情けなくなるんですね。

(´゚д゚`)…

フランス語、語学の悔しさを乗り越えるには

胡桃
勉強するしかない。勉強して経験を増やすしかない

 

バレエを習っているリラ子さん
悔しい思いをするのも、勉強してなきゃ出来ないわけだし、たまにはいい薬ね

 

情けない、腹立たしい、劣等感・・・。悔しさってネガティヴなイメージのオンパレードのようですが、ときには、これくらいの思いをすることで、自分に必要なことがわかって来ます。

 

また、自分が何をしたいのか?引いては、何のためにフランス語を勉強しているのか?自分はフランスに暮らし続けたいのか?

 

バレエを習っているリラ子さん
単語が一つ聞けなかっただけで人生考えちゃうくらい悩むの?

 

胡桃
そう。母国語のないところに住んでいるからかもしれないけど

 

いずれにせよ、悔しさから抜け出すには、自分を鍛えるしかないのです。

そこから抜け出すには、先へ進むには本を読んで言葉の力をつけるしかない。日本語でこなして来たことを、フランス語でもやらなきゃいけない。

 

出来るわけないじゃん。というのは簡単。

 

でも、継続していれば、そのうちいいこともあるかもしれない。

 

今やるべきことは、私の場合は、いえ、私の場合も?やっぱり、時間の確保と日々の時間の割り振り。どの程度時間を無駄にしないかにかかっていると思います。

 

バレエを習っているリラ子さん
悔しさって、ありがたいわね。人生が変わるほどのバネになるわね

 

語学学習の最大のモチベーションは、悔しさに尽きるかもしれない。

 

自分のフランス語への興味を元に、楽しい気持ちで毎日少しずつでも続けることで、継続こそ力になると信じています。

 

それで、そんな風に一生懸命取り組んでいるからこそ、コトが起きたときのショックも大きいのだと思います。

 

 

フランス語でバネを un ressort といい、意味を調べてみたところ、

物質のスプリングの他に、

  • 気力、粘り、根性
  • (ものを突き動かす)隠れた力、原動力、動機

という意味が出て来ました(ロワイヤル仏和辞典より)

 

日本語の辞書にはスプリング以外の意味は載っていませんでした。

 

(* ゚ω゚ *)

 

バレエを習っているリラ子さん
悔しさをバネにするって、フランス語の表現なのかしらっ?!!

 

胡桃
フランス人にはアグレッシブで宣戦モードでいる人が多いことと関係ありそうね

 

 

悔しさを忘れる、私のただ一つの方法

 

 

フランス語学習とは話題が飛ぶけれど、私は昔から

 

悔しい

→ 見返してやりたい

→ 頑張る

→ リベンジ(* ゚ω゚ *)

→ 晴れ晴れと卒業していく

 

こんな流れを幾度となく過ごして来ています。

 

バレエを習っているリラ子さん
悔しいを通り越して、執念だわ〜

 

 

胡桃
リベンジを目標に生きるなんて多分アホくさいです。見返したいために、冷静な判断ができなくなることだってあります

 

それでも、自分を頼れるように頼もしく育てて悔しさを超える。これはすごい快感です。

 

 

胡桃
だから悔しい思い、結構好きです。これがないと、頑張りもなんかホワホワしていて

 

情けなさに引きずり込まれた瞬間は本当に遣る瀬無いけど、前向きに生きるためにも時々は必要な刺激ですね。

 

 

悔しさは語学を確実に成長させる

フランス語独学を通じて、私は語学は、やればやるほど筋肉がつくように上達するものだと実感しています。

 

もちろん、成長過程には、モチベーションが上がらないとき、成長が感じららない停滞期、何も頭に入らない、耳に止まらない成長痛期などがありますが、勉強しただけちゃんと返ってくる手応えがあります。

 

だから、やり場のない情けなさで煮え繰り返っているうちに、勉強を仕切り直し、フランス語に猛然と取り掛からないとね。

 

バレエを習っているリラ子さん
些細な失敗にこだわる方がよほどマイナスかも知れないけれど、自分が感じたことは、大抵正しいものよ

 

胡桃
いつか、フランス語がそこそこになってフランスを去りたいと思ったりする

 

笑笑笑

おわりに  外国語を学ぶ者の悲喜こもごも

日本でフランス語のレッスンを受けていたとき、ネイティヴ教師たちから日本語での苦戦、笑い話を色々と聞かされました。

 

例えば、

M先生
日本語を勉強して初めて日本に降り立って、旅館の部屋に通されたとき、「何か冷たい飲み物をいただけますか?」って言いたかったのに「何かつまらない飲み物をいただけますか?」と言ってしまったんです

 

 

E先生
「待つ」と「持つ」が、いつまでたっても混乱する

 

 

N先生
生徒さんの家族に不幸があったと聞いて、ご愁傷様というべきだったのにフランス語のdésoleを訳したまま「すみません」と言ってしまった

 

 

異国では誰しも似たような思いをするものなんですね。

 

 

また、このような例も

U先生
地震はあらかじめ予告があるものとばかり思い込んでいたんです。日本に来て、次の地震はいつ来るの?なんて聞いたことがある

 

 

こんな風に、理解していることが違うと、何語だろうが、文法が完璧だろうが、言葉が通じようもなく、話をする以前のすれ違いがあることにやっと気がつきます。

 

転んでもただは起きない(*゚ο゚)!

 

やり場のない悔しさを感じたら、その場を一旦遮断して勉強の作戦を練ったり、再出発のチャンス。

 

胡桃
落ち込むだけ落ち込みましょう。リベンジ浮上する楽しみがあります!

 

 

Merci  et  à  bientôt!

 

フランス語書籍&参考書など

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

悔しさ、情けなさがフランス語学習のモチベーションをMAXに?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 公子さん  より:

    いつもありがとうございます!配信が楽しみです!中年からいきなり始めたフランス語は大変でした!英会話もろくに出来ないのに!それで、仏検を受けようと思いたち、4級から、やっと先日2級を取得!11回目です!ネイテイブ月二回、10人くらいでならっているのですが、その中のひとりが試験の前になると必ず今度いつ?って聞くんです!なので、頑張ってきました!必要悪だったかもと今では思っていますが、自分はペラペラでずっと前にとってあって、余裕の追求で、ほんとに悔しかった!70歳なので、これから何という野望?はもっていないのですが、
    旅行に行った時、Can you speak English?って言われないよう(これも結構凹みます!)これからも頑張りたいと思っています!なので、今後とも、よろしくお願いします!   

    1. 胡桃 より:

      Bonjour 公子さん、お久しぶりです。こちらこそいつもありがとうございます。2級合格、本当に本当におめでとうございます!私は落ち込んで歯ぎしりしていたのも忘れて自分のことのように嬉しくなりました。また、私まで悔しくなってきます、あんまりですね(`へ´) フランス人は外国人と見れば英語が手っとり早いと思って使いたがる人が増えましたが(時代も本当に変わりましたね)発音は決して上手くないとネイティブ教師も言っていますので、凹まずに野心✌️で行きましょう! 私も公子さんにあやかって頑張りますね。今後ともよろしくお願いしますo(*⌒─⌒*)o

      1. 公子さん  より:

        返信してくださったの知らなくて、今頃気づきました!ありがとうございました!ちょっと感動しています!今後共宜しくおねがいします!老骨に鞭打ってがんばりますので!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA