フランス語の単語の発音、独学でこんなにやれる

 

笑っている表情

 

 

前記事 フランス語の数字、聞き取りに自信がつくよ

胡桃
Bonjour! 胡桃です
 
今日はフランスの無料サイトで楽しく発音の練習をしてみましょう!

アルファベは単に読み方を知ればいいと思いがちですが、フランス語の26個の
発音の独特の音、強さたるや真剣に向き合うと、ちょっとたじろぐ!ほど(*゜ω゜ノ)。

 

フランス語を始めたばかりのあなたもフランスのこのサイトを覗いてみましょう、

毎日の独学が楽しくなるアニメーション付きですよww

 

このサイトでは動詞と、二語か三語で動作を表す表現が200個。

アニメーションと共に英語のスクリプト付きで発音されます。 

視聴回数 なんと、187,800回以上 。。。この内、私の再生が何十回?、

世界中のフランス語学習者に愛されてるサイトを少し覗いてみましょう。

 

見ていると日本とフランスの笑いのツボが違うのがわかりますねww

注目すべきことは、単語の出だしのアルファベの発音です。

それに着目して、もう一度最初から聞いてみましょう。

単語の意味は気になりますが、この段階では、後でゆっくり調べることにして

   目と耳 だけ 使います。

アニメーション+発音を一致させることに全力を注ぎましょう。


もう一つ、こちら↓のサイトも18万回近い視聴数を誇ります。

動詞と表現が1000個。こちらは英語なし、3時間のボリュームです。

 

いかがでしたか? 

単語というと、即座に意味、次にスペルを自己流で?覚えようとしがちですね。

私は美しい発音には程遠いですが、発音が出来てこそ=綴りと発音が一致してこそ、

単語もかつて習った英語のように書けるようになります。

では、このサイトでどのように勉強を始めるか。

ワクワクしてきませんか?

フランス語のアルファベと単語の発音を五感でマスター

さあ、ここからは目と耳プラス、口も思いっきり使います。

バレエを習ってるリラ子さん
フランス語の発音って、バレエみたいに激しいわ

 

1. まず最初に出だしの発音に注意しながら単語1つの発音を真似する。

   これだけで動画の最後まで行きます。

   動画が約15分で一区切りつきます。

  (PCのキーボードを叩いたりグループレッスンの画面になります)

もし時間があれば、音の練習だけですからどんどん進んでくださいww

 

 2. 1で発音の調子が出てきたら、

今度は綴りに注目しながら発音を真似する

 

 3. 2で余裕が出てきたらリエゾンも真似する 

 

 4. 気になっていた単語の意味を調べてみる(後でも大丈夫👌)

 

 * 単語の意味を調べる時に、カタカナの存在は忘れるべし

カタカナは時にありがたいですが、せっかくここで、あなたにフランス語の音がインプット

されたので、辞書でカタカナ読みを探して発音するのはよしましょうね

 

 1〜3までを一コマ15分で繰り返すだけなら3周、45分ですね。

忙しい私たちの発音集中レッスンには、1日45分くらいを3週間から1か月続ければ、フランス語の生の発音の感じが掴めてきますよ^^

単語の意味を調べたとしても、毎日1時間くらいでしょう。

これを1ヶ月毎日続けたら

フランス語の語感&五感、すごいインプットですよ。

フランス語の発音のイバラの道はパスしたいから

どうしてもカタカナを書くときは、カタカナの中に、発音の仕方をあなたがわかるように
記号なりを工夫すると良いですよww

例えば “robe” をカタカナで書くとすると、私は rオ-ブ と書いてました。

”ブ”も、発音記号によっては “ぶ☆” と書いたりして、

”発音の使い分け” を自分にわかるようにしておきます。

語末が “re” の時は 〇〇r とかにするわけです。

こんな工夫で無料サイトで磨きをかけるのが、フランス語マスターに近づいていく

ルビーな道(´゜д゜`)と私は名付けて励んでおりまする。

ファイw(゜o゜)w おおo(・д´・。)○オ━━ッ!!

次の記事 日本語の嗜みを忘れないと、フランス語は通じにくいかも? へ続きます。

Merci  et  à  bientôt !

スポンサーリンク

 

フォローして最新情報を受け取る

YouTube 胡桃ノルマンディチャンネル

薪木を燃やす暖炉、フランス語でla cheminée シュミネ。火の爆ぜる音もお楽しみください(^^)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA